神田川のさくら

f0086169_20253644.jpg

「又も桜か!」と呆れられた方もいらっしゃいましょうが、
今日で終わりですので、お付き合い下さい。
今日は強い風をものともせず、マンションから三鷹台迄上水沿いを
歩き、右に折れて駅で一服して、神田川を下りました。
f0086169_20303933.jpg

今日は、桜をメインに考えて露出補正を+1としました。
この設定は、☆気まぐれさんのご忠告を私も納得した上で実施してみます。
何も考えないで(露出の事は)構図のみを考えて撮る事にしました。
1度に2つ事は出来ないぶきっちょなんです。
f0086169_20432648.jpg

「ダメもと」で兎に角気に入った、心に触れた風景を
カメラに収めて行こうと思いました。
又来年だってあるんだし・・・
f0086169_20461816.jpg

「河に浮いた桜の花びら」と言うシチュエーションは好きですね。
何か虚無的でありながら、命を考えさせます。
f0086169_20504310.jpg

岡本太郎じゃないけどこうなると、爆発!です。(笑
f0086169_20521753.jpg

1番無難な神田川の写真ですね。
らしくてすきです。
f0086169_20535677.jpg

20分程河を下って来ると宮下橋公園があります。
一寸した広場になっています。
ここ迄来れば目の前が久我山駅です。
ちょっと、ここで一服です。
河に沿って歩くのは好きです。
気持ちが清々します。
手応えは有ったんですけどね。
f0086169_2058052.jpg

あず「まま、もう少し勉強して撮ったら?
   昔から勉強嫌いだよね。
   ぶっつけ本番が好きだよね。」

三つ子の魂100迄もって言うでしょうが、
あずちゃんよー(笑

訂正(文中☆マーク)
私の解釈ミスです。
気まぐれさんの名誉の為と私が忘れない為の記録として
こちらにコピーさせて頂きました。


『桜をプラス補正するというのは桜が「画面の大きな面積をしめる」場合です。1枚めはそれほど補正する必要ないと思われます。少なくともプラス1は補正しすぎのようです。
通常の撮影では露出補正なしでいいと思います。露出補正は、天気の良い日の白い鳥さんを撮る場合(白飛び防止のためのマイナス補正)や、桜を画面一杯に撮る場合(暗めになるのを防止するためのプラス補正)などの場合だけでいいと思います。』

『1つ忘れていました。露出補正する場合として、逆光の場合もでした。』


神田川に行く前に近所の桜を画面目一杯で、露出補正−2と+1で
試し撮りしました。
わずかに+1の方が白トビ部分が少なかったと思いました。

考えていても私には解決の術は無く、兎に角前に進まないので
撮る事にしました。

念のため神田川で+1で撮った全面桜を載せておきます。
f0086169_8371288.jpg


結論として、こういう全面桜のみであとは、普段の風景写真と
同じ対応で良いと言う事です。
気まぐれさんは、何度と無くこういう事を仰っていたのかもしれません。
お手数&お時間を私の為に頂戴して申し訳なかったと思います。
それとそれ以上の感謝です。
[PR]
by magic-days | 2008-04-01 21:08
←menuへ