アートと音楽に酔いしれて

f0086169_19465945.jpg

先日早川修さんの夏恒例の個展&おしゃべり会に行って来ました。
修さんは京都在住のアーティストですが、1年に1回上京されて
神保町のすずらん通り「檜画廊」で個展を開いています。
すっかりこの通りでは、お馴染みさんになられた様です。

素敵な版画とそこに擦り込まれた魂は、
駄洒落が酷い題名で、バランスを取ってあるようで、
そう言う所にもこの方の気のいい性格が出ていて、
何時もほのぼのとした気持ちに成る。
f0086169_1948283.jpg

随分長い間お持たせの兎饅頭を頬ばりながら、
おちゃらけから、国事に(?)関する話題迄、
しんみりしながら、あるいは爆笑混じりで東女と京男が
語り合いました。
会期は土曜日迄ですので、「ちょっと、さむさんと話してみたい!」と
思われる方は、ご来店下さい。
(ヒメアカタテハ)
f0086169_19491361.jpg

さむさんとお別れして、駅に向かう途中で行きがけに気に成っていた
ジャズ喫茶「ビック・ボウイ」に入ってみました。
扉を開けた途端「こんにちは!」と威勢の良いお出迎えを受けました。
ブラック・スーツに身を包んだ素敵なおじ様でした。
店内はレコードが所狭しと置かれ、音楽雑誌が並べられていました。

娘が興味を示して「本読んでも良いですか?」の問いに、
凄く嬉しそうに微笑んでくれました。
f0086169_1950189.jpg

取った本を見て、又又嬉しそうに
マイルス・デイビス好きなの?」の問いに
娘は吃驚しながら、「ちょっと興味が・・・」と小さい声で答えると、
おじさん水を得た魚の様に、「この人はね・・・・・」で始まり、
初期と中期と晩年のレコードを選んでかけてくれました。
f0086169_19504659.jpg

そんなに広い店ではないので、トランペットの音がクラブで吹かれている様に
臨場感があり、その都度出されたレーコードに対するその当時の
批評等も話してくれました。
彼は常に守りの音楽でなく、攻めの音楽で時代に応じて
試みたい音調を正直に出していた人らしい。
f0086169_19515656.jpg

こう言う所はさむさんにも似ているなぁと思いました。
と言うか私はそう言う人が好きなのですね、きっと!(笑
コーヒ1杯で、楽しい音楽講座と音楽その物を堪能しました。
又是非伺いたいです!

そして、私が久し振りに頼んでいたCDが届きました。
これも素敵なCDで、実は映画「サルサ」が好きで、たまらなく成って
サントラ版を中古ですが手に入れました。
こういう曲は実は真夏より、夏を惜しみながら今頃聞くのが
好きなのです。
「そろそろ頑張って動かなくっちゃ!」
そういう気持を後押ししてくれます。
f0086169_19531983.jpg

いよいよ「芸術の秋」到来です。


檜画廊

9/10迄   11:00〜6:30(但し最終日は5:00迄)
TEL 03-3291-9364
最寄り駅  JRお茶の水(水道橋口) 地下鉄三田線、新宿線、半蔵門線の神保町駅



この日カメラを持って行くのを忘れて、
神保町の古書街の写真が、撮れませんでした。
残念です!
又の機会に撮って来ます。


写真の花は百日草です。
近くの三鷹市「花と緑の広場」
今百日草が満開です。
[PR]
by magic-days | 2011-09-08 10:40
←menuへ