f0086169_19465945.jpg

先日早川修さんの夏恒例の個展&おしゃべり会に行って来ました。
修さんは京都在住のアーティストですが、1年に1回上京されて
神保町のすずらん通り「檜画廊」で個展を開いています。
すっかりこの通りでは、お馴染みさんになられた様です。

素敵な版画とそこに擦り込まれた魂は、
駄洒落が酷い題名で、バランスを取ってあるようで、
そう言う所にもこの方の気のいい性格が出ていて、
何時もほのぼのとした気持ちに成る。
f0086169_1948283.jpg

随分長い間お持たせの兎饅頭を頬ばりながら、
おちゃらけから、国事に(?)関する話題迄、
しんみりしながら、あるいは爆笑混じりで東女と京男が
語り合いました。
会期は土曜日迄ですので、「ちょっと、さむさんと話してみたい!」と
思われる方は、ご来店下さい。
(ヒメアカタテハ)
f0086169_19491361.jpg

さむさんとお別れして、駅に向かう途中で行きがけに気に成っていた
ジャズ喫茶「ビック・ボウイ」に入ってみました。
扉を開けた途端「こんにちは!」と威勢の良いお出迎えを受けました。
ブラック・スーツに身を包んだ素敵なおじ様でした。
店内はレコードが所狭しと置かれ、音楽雑誌が並べられていました。

娘が興味を示して「本読んでも良いですか?」の問いに、
凄く嬉しそうに微笑んでくれました。
f0086169_1950189.jpg

取った本を見て、又又嬉しそうに
マイルス・デイビス好きなの?」の問いに
娘は吃驚しながら、「ちょっと興味が・・・」と小さい声で答えると、
おじさん水を得た魚の様に、「この人はね・・・・・」で始まり、
初期と中期と晩年のレコードを選んでかけてくれました。
f0086169_19504659.jpg

そんなに広い店ではないので、トランペットの音がクラブで吹かれている様に
臨場感があり、その都度出されたレーコードに対するその当時の
批評等も話してくれました。
彼は常に守りの音楽でなく、攻めの音楽で時代に応じて
試みたい音調を正直に出していた人らしい。
f0086169_19515656.jpg

こう言う所はさむさんにも似ているなぁと思いました。
と言うか私はそう言う人が好きなのですね、きっと!(笑
コーヒ1杯で、楽しい音楽講座と音楽その物を堪能しました。
又是非伺いたいです!

そして、私が久し振りに頼んでいたCDが届きました。
これも素敵なCDで、実は映画「サルサ」が好きで、たまらなく成って
サントラ版を中古ですが手に入れました。
こういう曲は実は真夏より、夏を惜しみながら今頃聞くのが
好きなのです。
「そろそろ頑張って動かなくっちゃ!」
そういう気持を後押ししてくれます。
f0086169_19531983.jpg

いよいよ「芸術の秋」到来です。


檜画廊

9/10迄   11:00〜6:30(但し最終日は5:00迄)
TEL 03-3291-9364
最寄り駅  JRお茶の水(水道橋口) 地下鉄三田線、新宿線、半蔵門線の神保町駅



この日カメラを持って行くのを忘れて、
神保町の古書街の写真が、撮れませんでした。
残念です!
又の機会に撮って来ます。


写真の花は百日草です。
近くの三鷹市「花と緑の広場」
今百日草が満開です。
[PR]
by magic-days | 2011-09-08 10:40
f0086169_15283374.jpg

先日、月2回発行してる「定年時代」という新聞に、
懐かしい方の記事が出ていた。
日本のシンガーソング初期を代表する、りりィさんと言っても
若い方はご存じないでしょうが、36年前デビューされ
代表作に「私は泣いてます」がある。
f0086169_1536447.jpg

一寸かすれた様な声で、別れた人を思って歌うのだが、
男性におもねく事無い姿が、其の当時女性の共感を呼びました。

其の頃2分する様に出て来たのが、カルメンマキさん。
「時には母のない子のように」は、暗い歌でしたが
強い意志を感じさせる声とスタイルで好きでした。
f0086169_1543579.jpg

話が逸れましたが、りりィさんが主演された「パークアンドラブホテル」
ベルリン映画祭で最優秀新人作品賞を受賞したのです。

監督は熊坂 出さんで、他の作品に出ていたりりィさんに魅了されて、
彼女をイメージして書き映画にされたそうです。
f0086169_20502789.jpg

嬉しい事に歌の方も「りりィー洋士」を結成して、全国ライブハウスで
活動してあるそうです。
そして23日にCDアルバム「FROM・フロム〜ツインボーカル〜」を発売
されました。
嬉しいです!40代カラオケの18番は「私は泣いてます」と
「津軽海峡〜冬景色」でした。(笑

映画は26日より、ユーロスペース(03−3461−0211)で上演。
全国順次公開されます。


[PR]
by magic-days | 2008-04-24 15:57
f0086169_2136431.jpg

何年前に成るだろうか?
このを読んだ時のショックは覚えている。
しかし、細かい出来事は忘れてしまっていた。
そんな昔の本の話を今更なんで引っ張り出して来たか?
それは、この1枚のCDのせいですね。
f0086169_21414542.jpg

この本がアメリカで映画に成ったのだ。
残念な事に日本で上映される話は、今の時点では聞いていない。
この映画のサウンド・トラックがこれである。
「アメリカの良心」と言われる「パール・ジャム」のボーカル
EDDIE VEDDERが担当し歌っている。
f0086169_214771.jpg

「パール・ジャム」は余り日本で公演しない。
しかし数年前やっと来日してくれて、私が元気な内に来てくれた事を
感謝しながら武道館に行った。
凄い上の方の席であったが、1番前だった。
立つと下にまっ逆さまに落下しそうな場所で聞いた。(苦笑
そんな私が尊敬するVEDDERが「荒野へ」を歌う。
何とビックな組み合わせだろう。
f0086169_21551829.jpg

だが、今亦この本が取り上げられると言う事は、
アメリカは、病み続けていると言う事なのだろうか?
1人の優秀な青年が何もかにも捨てて徒歩でアラスカに渡り、
発見された時、無人の荒野で餓死していたのである。
彼にそうさせたのは、何だったのだろうか?
[PR]
by magic-days | 2008-02-12 22:00
f0086169_1136010.jpg

昨夜は、久しぶりに青戸知さんのコンサートに出掛けました。
彼はこの度3年間の研究テーマ「グスタフ・マーラー」を論文化し、
博士号を得られました。
その成果を演奏して公に披露し、マーラーの世界に一石を投じた事を
御自分自身も体験し、皆と共に歓喜の時を共有したいと言う言わばお披露目的
リサイタルですから、極内輪の方々のお集りでした。
f0086169_11473663.jpg

大きな功績は、
『マーラーが西欧の枠を超えて、東の文化への憧れを
「音」で模索した痕跡を楽譜上に追求し、ついにその秘鍵を捉える事が
できた事・・・』(聖徳大大学院研究科長・高橋大海)
だそうです。
彼は毎日図書館の開館時間から閉館時間まで、調べ物を重ね教授の部屋に
日参したそうです。
しかしそれだけで無く20年近い彼の沢山の実地でのコンサート、
オペラの公演での偉大な指揮者との出会い、沢山の共演者達とのせめぎ合い。
そう言った体験から完成されて行ったに違い無い。
f0086169_1225765.jpg

昨夜の彼の歌声は、強さに裏打ちされた極め付けの優しさで、
恋人や、娘に向けられて歌われている。
マーラー、1曲目の「さすらう若人の歌」は、指揮者小林研一朗氏のもと
多くのオーケストラに招かれ演奏し、他に比肩するものがないと
絶賛されている歌であった。
高校生の頃から知っている彼の成長を目の当たりにし、
本当に幸せであった。
f0086169_12114055.jpg

           曲目
『さすらう若人の歌』
  「恋人の婚礼の日に」
  「朝の野辺を歩けば」
  「燃えるような短剣ををもって」
  「2つの青いひとみ」
『大地の歌』
  第2楽章  「秋に独りいて寂しきもの」
『亡き子をしのぶ歌』
  「今太陽は輝き昇る」
  「今にして良くわかる、なぜそんなに暗いまなざしか」
  「お前のお母さんが」
  「よく思う、あの子たちは、ちょっと出かけているだけなのだと」
  「こんな嵐の日には」

           略歴
  東京芸術大学卒業。同大学院終了。文化庁オペラ研修所終了。
  イタリア留学。安宅賞、松田トシ賞受賞。
  皇居内桃華楽堂にて代表御前演奏。
  ・・・・演奏歴は書き切れないので略します。
  「ダスタフ・マーラーの音楽におけるやわらかいリズム」
  をテーマに論文作成し、博士号取得。
  只今
   日本声楽アカデミー会員。ニ期会会員。


   (写真は上の2枚は、井の頭公園。下はなおと林檎)
[PR]
by magic-days | 2007-11-02 12:38
f0086169_2254659.jpg

久しぶりにCDを買いました。
25年前寺尾聡さんが34歳の時に出されたアルバム「Reflections」
をセルフ・カバーした「Re-C00l」
実は私はこの中の1曲「ルビーの指輪」しか聞いた事がなかったのです。
当時この曲は売れに売れアルバムもその年の年間売り上げ高第1位
だったそうです。

今回改めて聞いてみると、今年60歳を迎える男が歌うに相応しい曲が
半数は占めているのに驚きました。
25年間の人生体験が、当時とは又違った膨らみを持たせて曲も
成長したのかも知れませんね。

俳優の方が歌を歌われるのを聞くと、そんなに上手く無いけど
味があり、ドラマを感じさせてくれ深みがある様に思います。
寺尾さんは、俳優であり歌手でもある訳ですから相乗効果が
高い訳ですね。
f0086169_2332126.jpg

今日はもよの2回目のワクチン接種と白血病、エイズの検査のため、
病院に出掛けました。
なおとあずは、どちらの検査もして頂いてから里親になりましたので、
今回初めて猫ちゃんの採血を見ました。
もよは怖がって私にしがみついていたので、嫌でも見る事になった訳です。
人間と同じでうでをゴムで強く止めて、注射器で取られたのですが、
毛で覆われた腕からどうやって血管を探し出されたのか?
今でも分かりません。あっという間でした。
結果はどちらも陰性でした。(ほっ
血を取られたり、お尻に体温計を突っ込まれたり、ワクチンを打たれたり
する度に「うー、うー」と唸っていました。
その間しっかり私の腕に捕まって離れませんでした。(苦笑
帰ってからも私を見る目が気のせいか変わって来ました。
「この人は頼りになる人」と目が☆に成っています。(あー、猫ばか!
[PR]
by magic-days | 2007-01-05 23:52
f0086169_1629486.jpg

こういう日が来るんですね。
本当にこの10何年の間に初めて3人でコンサートに行けました。
「ジョアン・ジルベルト」日本公演は最後かも知れないと
言われてる方です。75歳?でしたかしら、
遠いブラジルからいらっしてのコンサートは、やはり体力的に大変でしょう。

淡々と歌われるボサノバは、心地よく響いて来ます。
まるで餌も付けずに釣り糸を垂らしてる老人を暇に任せて
ただ春の岸辺で眺めてる様な呑気で優しい時の流れでした。

どなたに感謝すればいいのでしょう?
この穏やかな日々を与えて下さった事を・・・

3人が少しづつ健康になって、行動出来るのが嬉しくて仕方ないのです。
又辛い日が来るかも知れない。
今は無理しないでじっとして居ても、やはりそんな日が来るのであれば
動ける時に動いてうんと楽しんでおきたい。

この幸せを糧として、又頑張れば良いのですから・・・・
f0086169_16233194.jpg
f0086169_16235451.jpg

今日預けていたものを受け取りに動物病院に行きましたら、
保護された野良ちゃんがケージの中で遊んでいました。
あずちゃんにもここで出逢ったのよね。
この子達にも家族が出来ると良いね!
[PR]
by magic-days | 2006-11-10 16:39
f0086169_212234.jpg

あずが最近とても美しくなりました。(親バカです!ハイ
丁度一歳六か月と一日が過ぎました。
家に来た時はみすぼらしくて鼻くそも付けていて、
皆の笑われ者でした。
それでも一生懸命自分を売り込んで生き延びようとしていました。
今思うとそう言うあずが眩しかったのかも知れません。
ももを亡くして猫と暮らす事に自信を失っていた私と
最愛の同居人を失ったなおの前にあずは本当にタイミング良く
現れてくれたのです。
「もものお引き合わせだね?」と何時もももにお礼を言っています。
f0086169_21311092.jpg

棚の中のももちゃんのお人形は、あずも気になって時折
マッサージ・チェアーの背に掛け登ってももちゃんに話しかけています。
「あんた、だ〜れ?」って、ちょっと焼きもち混じりの目をして・・・(笑

話は変わりますが、この題は、御存じの方もいらっしゃるでしょうが、
阿木耀子さんの「港のヨーコ・横浜横須賀」でしたっけ?から捩りました。
今年の文化の日に紫綬褒章を受けられましたね。
この方の歌詞は大好きだし、生き方も表に出てある部分しか
存じ上げませんが見習いたいなぁと思っています。
同じ学年として誇りに思います。
おめでとうございました!
旦那様の宇崎竜童さん共々御活躍を楽しみにしております。
[PR]
by magic-days | 2006-11-04 21:48
この秋注目の学園祭&学園祭の思い出は?もう何年前になりますか?
大阪の芸術系の学園祭に遠藤遼一率いる「ends」が出演するというので、
夜行バスで出かけました。
ソフトバレエ解散して、「どうなるのだ!」と言う好奇心に掻き立てられ、
少しでも早く実態を見たいと言うFANならではの熱い思いでした。
大阪市内から結構郊外で、今から考えたらどこにそんな元気が
あったのだろうと不思議だし、我ながら呆れます。
入場は無料でも東京からの交通費と食費そして時間!

それでも実物をすぐ目の前に新曲をいち早く聞けたと言う満足感で、
他の生徒さんの展示は見る時間もなく帰ってきました。
なんだったのでしょうね?あれは・・・・

長い人生の通り道で、ふとがむしゃらに夢中で動き回り
大声を張り上げて生きてることを実感したいときがあるんですよね。

そう言う時間を持てたことは、過去の私の人生を豊かにしてくれたと
思います。
時々思い出して、「にやっ」と怪しく笑って居ります。
最近はライヴにも億劫で行かれず、新しいアルバムが出ると
買って来て家で楽しむのみになりました。

近くに学校が幾つかありますので、今年は覗いてみようかな?
f0086169_19263112.jpg

[PR]
by magic-days | 2006-10-22 16:55
f0086169_11294331.jpg

去年は咲かなかった月下美人が咲きました。
嬉しいです!
f0086169_11305828.jpg

横顔もお見せします。綺麗でしょう。
やっと開いたのに朝見たらふにゃふにゃになっていました。
勿体無いにゃ。

今日は凄い良い日です。あずを抱いてルーフバルコニーに
座って綺麗な色の空や雲を見ていました。
「普通で良いんだよ。」声が聞こえて来ます。
でもその普通さえも難しい時があります。
そんな時はどうすれば良いのかしら?

そんな時は何にも考えないで、毎日の家事をこなします。
黙って1つ1つ済まして行きます。
f0086169_11374028.jpg

身体を動かしている内に、めんどくさい事は忘れています。
何かしなくてはいけない事がある事は有り難い事です。
そして、そんな事で何とか成る悩みは大した事じゃ無いと
「甘えんなヨ−」と自分を叱ります。
まだまだ、元気でいなくちゃなぁ〜
あっ!SION聞こうォ−。
久しぶり遠藤さんに喝いれてもらうかな?(にやっ
[PR]
by magic-days | 2006-09-24 11:48
f0086169_7513934.jpg
f0086169_20495337.jpg












朝の散歩の時に何時も気に成っていた畑の苗が日に日に大きくなり、
「何の野菜かな?」とどきどきわくわく(人の家の野菜畑なのに)させて
そこの前に来ると立ち止まってニコニコしていた。
今日、花が付いていた。「見覚えがあるぞ!」
北海道にいた時ざぁーと見渡す限り咲いていた
あのじゃがいもではないかしら?(にやっ
何作ろうかしら?頭の中は料理のレピシを捜してる私です。
ここらのじゃがいもは北海道産とは違うので、いつもの料理法では
ダメなんですよね。しっかり味付けしなくてばね?
f0086169_842966.jpg

申し込んでいたENDSのCD"WHITE HEAT"が送って来ました。
娘が気に入って流してくれるので、何もしなくても私の耳に
心に流れ込んで来ます。
今回品川教会でのLIVEということで、以前メンバーだった三柴さん
(ピアノ)オバヲさん(パーカッション)が加わり、
バイオリン、セロがゲストで入っているので、透明感の高い1枚に
仕上がっている。遠藤氏の歌もぐっと前に出ていて聞きやすい。
何時もは声も楽器と同じと言う考えなのか、混じりあって1つの味
であり、ENDSというブレンドと言う考えなのかな?
f0086169_8172153.jpg

先日tamaさんがなおにお土産に持って来て下さった猫草、
大分芽が出て来ましたよ!
なおちゃん、待っててね。(笑
[PR]
by magic-days | 2006-05-11 08:21
←menuへ