f0086169_15112321.jpg

中国にいらっした方から戴きました。
蓋を開けると、
f0086169_15144247.jpg

吃驚しました。
小さな巻貝がいっぱい入ってるみたいだったので、
ジャスミンティーって、こんなだったんですね!
本当に無知でございました。

名前がドラゴンボールっていうのが、
あまりにぴったりで、可笑しくなりました。
誰が付けたのでしょう。
f0086169_15193799.jpg

葉を(葉で良いのですよね?)急須に入れて、
熱湯をかけて、直ぐにお湯を流しだし、つまり洗う感じです。
そして新にお湯を入れて、3分待ちます。
f0086169_15231878.jpg

缶の蓋を取った時点で、部屋はジャスミンの香りが漂っていましたが、
この辺では、酔いが回って来そうです。
f0086169_15253889.jpg

堅く巻いていた糸玉見たいのが、緩やかに開いています。
f0086169_15265265.jpg

クッキーと共に戴きました。
初めて入れてみました。外ではアイスを戴きますが・・・

何だか身体の中が綺麗になった様な気がします。
家人は濃すぎると悶着付けて居ります。(笑
f0086169_15294411.jpg

さて、こちらは珈琲のお話です。
珈琲が美味しい季節に成りましたね。

先日何時もお世話になっている焙煎工房「武藏野」さんが、
「珈琲の季節到来です!」と如何にも嬉しそうに申し込んでいた
お豆を持って来て、私の顔を見るなり仰ったので、
笑ってしまいました。

はいはい、私もそう思っていたところです。
f0086169_15342640.jpg

もう、お付き合いも2、3年に成りますから、
私のいい加減さもご存知で、今回は水温計を持って来て下さいました。
「珈琲は、お湯の温度が肝腎ですよ。これを使って下さい。
安物ですが、温度は間違いなく示します。色々言う者もいますが、
温度は90度です!」
f0086169_1538948.jpg

早速、何時もの手順で入れる準備をして、温度を測ったら
87度くらいしかなかったです。
そこで又加熱して、入れてみました。
まず、家人に飲ましてみます。
「へぇ、しっかり味が出てるよ。
 美味しい!」
やっぱり、温度だったか!
自分でもイマイチだったんだよなー(苦笑
f0086169_1542196.jpg

ちなみに私の朝食です。
パンは酵母パン。薄切り2枚。
バターもジャムも付けません。
最初は、淋しい感じでしたが、今はパン本来の美味しさが
分かる様になりました。
果物は、10時頃林檎四分の一。バナナだったら小さいの1本。
食べたくなかったら、食べなくていいですけど、
昼食前に我慢出来なくなって食べるのだったら、
10時に少し食べてた方が良いです。(私の場合)

☆お知らせ☆
高源院の鴨日記(リンク欄)は、本日で一応終了します。
[PR]
by magic-days | 2008-10-10 15:47
f0086169_2082447.jpg

昨日は何だか頭の回転が鈍く身体に力も入らなかった。
きっと空っぽに成ったのだと思い、河合隼雄先生の本を読む。
心の奥の方から力が漲って来るようだ。
身体を動かしたく成り、昼から井の頭公園に散歩に出る。

しまった!今日は土曜日だったか。
人込みに揉まれながら公園に向う。
f0086169_20163425.jpg

3時の陽射しが池の面を照らし、水鳥達が水面を翳めて行ったり、
縦隊で泳ぎ綺麗な水の線を何本も引いて泳いでいる。
水の煌きや輝きを見事に取り入れて気まぐれさんが
ユリカモメを撮っていた。
f0086169_20245220.jpg

その撮り方をブログに書いてあったが、思い出せない。
こんなに早く同じ状況下に立つと思わなかったからと
弁解しながら兎に角撮る。
帰ってみたら、総べてアウトだった!
陽射しに対しての角度が違ったようだ。(残念だ!
f0086169_20254752.jpg

陽も傾いて来たので何処かで珈琲を飲もうと思っても、
いつも行く猫喫茶もいっぱいで、少し引っ込んだ「立吉」へ。
案の定誰も居ない。愛想のないおじさんが新聞を読んでいる。
しかし、ここの珈琲は絶品なのだ。
余り場所を詳しく書きたくないのだ。(苦笑
f0086169_203937100.jpg

でも、もし道に迷ってここの前に来たら、迷わず入ってみて下さい。
小綺麗と言うには程遠いが、椅子も机もがっしりした作りで、
まるで船乗りの部屋の様な乱雑さで、私は落ち着くのだ。(笑
暫く、撮った写真を眺めながら時間を過ごす。
まるで釣り人がビクの中の魚を眺めるように。
1番楽しい時間だ。
[PR]
by magic-days | 2008-01-26 20:48
f0086169_143553.jpg

昨日は診察日でした。
診察室に入るなり医師が「どう?調子はどんな?」とせかせかと
訪ねるので、なんだろうと不審に思いながら、
「別に変わった事もありませんが・・・」と言うと、
「貴女、これ見てご覧なさい。ヘモグロビンの値が今迄で1番良いわよ!」と
興奮気味である。
f0086169_14492039.jpg

「そうなんですか?でもそんなに頑張ったつもりはないし・・・・
何ナンでしょうね?」と手応えのない私に医師はちょっとイライラ・・・
「でもね、そんなに頑張らなくてもこの値になったのは凄いわよ。」と
同意を求めてくる。
私もやっとこの辺で事の次第が分かって来て正直嬉しくなり
「有り難うございます。先生のお蔭です。」と素直にお礼を言う。
f0086169_14143223.jpg

その後雑談で朝日新聞に連載されていた仮屋崎省吾さん(漢字が不確かですが
華道家)の糖尿病闘病記の話になる。
担当医の広尾日赤のH医師は、ここに来る前私もお世話になっていた方だと
言うと驚いていらっした。
現在も同新聞の「患者を生きる」で糖尿病患者の闘病記が連載されています。
こう言う記事は参考になるので必ず読む様にしています。

帰宅すると嬉しい物が届いていました。
f0086169_1429090.jpgf0086169_14292816.jpg














元珈琲店店員の方が、久しぶりに元店長が培煎した豆を送ってくれたのです。
封を切ると芳ばしい良い香り、「マンデリン」です。
夕食後心を込めて煎れて皆で頂きました。
いつか自分の店を持ちたいと夢を追い続け勉強中の彼女と仲間達。
私が元気な間にお願いねと言うと、「5年・・・・10年待って下さい。」と
返って来た。
10年待とうかな?そんな気にさせますよね。


写真は上から
井の頭動物園の芍薬。あなぐま。広場で戯れる鹿。
[PR]
by magic-days | 2007-04-24 14:52
f0086169_16381126.jpg

こちらに越してきた時、本当に淋しい所だと思っていたら、
近くに「鄙にまれ見る。」とはこの事かと思える培煎珈琲店があり、
そこで働いていた三人のお嬢さん方が気持ちの良い方々で
通い詰めていました。

もうその三人の方々はお辞めになりましたが、珈琲店はやっていました。
しかし先日貼り紙が出ていて「4月いっぱいで閉店します。」
と書いてあり吃驚しました。
あの当時このお店にどんなに慰められた事か!
私達は早速オーナーに御挨拶方々本当に久しぶりに伺いました。
生憎オーナーはご用で出てらっしゃいましたが、昔のお馴染みさんにも
お会い出来て美味しい珈琲を頂いて来ました。
オーナーにはいずれお会い出来るだろうと思います。

2年ちょっとでしたが、あの人通りの無い場所で良く頑張られたと
思います。

お昼を済ませて、選挙に行きそのまま井の頭動物園に行きました。
日曜日でも人がうんと多い訳でなく、ゆったりと見れて和めるのは
もしかしたら、ライオンや虎や猛獣が居ないから、身も心も委縮
しないからだろうかとおもいました。
f0086169_1735635.jpg

「白やぎさんからお手紙着いた。
 黒やぎさんたら読まずに食べた。
 仕方がないのでお手紙かいた。
 さっきの手紙のご用事なぁに」

この歌大好きだけど、覚えられない。
どこか間違ってるけど意味は通じるかな?
f0086169_17131748.jpg

これは狐さんだけど、前に飼ってた犬のチビにそっくりです。
当時から狐に似ていると言っていたのです。
「似てるね。チビさんに・・・」としばし立ち止まる。

温室の中で珍しい鳥を見ました。
f0086169_1719447.jpg

これは、足が竹馬に乗ってるみたいに長くて細い「クロエリセイタカシギ」
f0086169_1723421.jpg

これは、名前が分からなかったのですが初めて見ました。
2つ共童話の世界に出てくる様な非現実的な鳥でした。

子供に返った様にはしゃいで楽しい1日でした。
動物園は来てる人も子供連れや恋人同士や私よりちょっと
先輩の御夫婦だったりで、ここに居ると平和だなぁと
幸せな気持ちになれます。
[PR]
by magic-days | 2007-04-23 17:40
f0086169_22585940.jpg

自分でドリップ式の珈琲を煎れる様になって、
半年ぐらい過ぎたでしょうか?
今になって思う事は、珈琲は先ずは豆次第と申しても過言で無いと
思います。
その点私が贔屓にしています「培煎工房 武蔵野」は願ったり適ったりの
豆やさんでした。
メールで申し込んで、1度に大体400g申し込みます。
その日か次の日には、持って来て下さいます。
そして珈琲に付いて何か1言ウンチクを述べて下さいます。
私も分からない事を尋ねて教えて頂いています。
f0086169_2314571.jpg

この方が何時もビニール製の入れ物に入れていらっしゃるのが
可愛くて、そう言うとちょっと照れてこれは軽くて
上にファースナーが付いていまして便利な物です。
梅屋敷で買って来るんですが・・・・と
前回話していたら、今回こんな可愛いのを私に持って来て下さいました。
幾ら何でもおじさんが赤は可愛過ぎますから、使って下さいと嬉しいお申し出。
喜んで遠慮なく頂きました。
私、オバチャンでもちょっと可愛過ぎますが、気に入って買い出しに
持ち歩いて居ります。
f0086169_23151725.jpg

次に大切な事はお湯の温度です。
私はこの方に教わって90℃をキープして煎れます。
最初の頃は水温度計を使っていましたが、最近は大体分かる様になりました。
苦めの珈琲が好みの方は絶対温度をこれ以上下げない様に!
最近は珈琲店に行きませんねぇ〜
そして疲れた時はこのカップで頂いて居ります。癒されます。(苦笑
ピーターちゃんの姿を見てはニヤーと笑いながら飲んで居ります
素敵な珈琲タイムです。
[PR]
by magic-days | 2007-03-26 23:30
f0086169_8202945.jpg

小鳥の入った箱をビニ−ル袋に入れて有喜堂さんを後に
高尾山参道をプラプラ歩いて、ケ−ブルカーに乗りました。
子供が小さい時は歩きでしたが、今日はお蕎麦が目的で出足が遅かったので
乗り物を利用しました。
ケーブルカーともう1つリフトもあり、春になれば風に吹かれながら
リフトで登るのも素敵です。
f0086169_8275188.jpg

これは「たこ杉」です。根がタコの足の様なのでその名が付きました。
樹齢480年、八王子市指定天然記念物だそうです。
f0086169_831396.jpg

これは腰痛に御利益が有ると言われています。
何だか効きそうですね!
f0086169_834884.jpg

薬王院です。高尾は修験の森で天狗が住んでたと言われています。
f0086169_8364764.jpg

こんな天狗様かな?恐いですね。
ここでは2/3に節分会が朝5時から3時まであります。
それから3/11は「火渡り祭り」があり、おき火の上を白装束の山伏が
念仏を唱えながら素足で渡ります。

帰りが遅く成ると高速も混むからと引き返す事に、
途中で猿園の方に事情を話して鳥さんが元気に成る迄
園の隅にでも置いて下さいとお願いしましたら、
園長さんが出てらして引き受けてくれました。
「良かった!」
連れて帰る事も考えましたが、怪我をしてる訳ではないので
環境を変えない方が野鳥のためには1番だと思いましたので・・・・
元気に成ってね!
f0086169_8482395.jpg

下りのケ−ブルカーから見た山の稜線です。
杉の木立が真直ぐ伸びて綺麗に隙間が見えます。
日本はまだまだ「美しい国」です。
これを守り育てて行く事こそ今の課題じゃないですか!
開発でなく!
f0086169_8525880.jpg

帰りの高速を下りて深大寺に周り「珈琲大学・深山」に寄り、
美味しい珈琲を頂き疲れを取り、気分を日常モードに戻します。
ここの珈琲は沢山の豆を粗く曵いて、ざーとお湯を流す様にして煎れてあります。
適度な苦味は残るけどどっちかと言うとさっぱり派ですね。
私はサワーブレンドを頂きました。

ここの横にフラワーガーデンがあり、「2輪草」が有りましたので購入しました。
青山の築山に母がやはり山歩きに行き買い求めて植えたのが付き、
暫く株も増え咲いていたのですが、犬が掘り繰り替えしダメにしてしまいました。
母に申し訳ないと思っていましたので、何時か・・・と
心に掛けていたのが叶いました。

西の空は綺麗な夕焼けです。
明日もお天気でしょう・・・・
[PR]
by magic-days | 2007-01-30 09:15
先日ダリ展へ行った日の後半の写真がPCの中で迷子になっていたのが、
ひょんな所から出て来ました。
私としては、「香咲」と「ワタリュム」は青山の思い出多い
所なので、外す訳には行かないので載せました。
つらつらとご覧下さい。
f0086169_85371.jpg
f0086169_855260.jpg
f0086169_862038.jpg

上から季節限定の焼き林檎です。
中がお薦め「香咲ブレンド」おいしいです。疲れが一口で飛びました。
下はこの週間が収穫祭だったからでしょうか?
パンプキンの蝋燭立てとシュガー・ポットと灰皿です。
f0086169_8165783.jpg
f0086169_8172820.jpg
f0086169_8181069.jpg

これがワタリュム、見てるだけで楽しい所です。
喫茶もありますから、疲れたら一休み出来ます。
この日はこんなお人形がお出迎えしてくれました。
下の写真のは、入って直ぐの所に何の為か分かりませんが置いてあります。
私はちょっと気に入ってます。
f0086169_8233099.jpg

私達が住んでいた跡地に建ったビルです。
まだ入居して無く建ったばっかりみたいでした。
旦那が見に行こうと言うので行ってみましたが、
何の感慨もありませんでした。
「古い家を壊して新しいビルが建った。」と言うこの辺では
日常的な光景の1つにすぎません。
[PR]
by magic-days | 2006-11-06 08:28
f0086169_854717.jpg

これは、今週の林檎です。左の可愛いでしょう?
「アルプス乙女」と言う名前が付いています。
毎年「食べられるんですか?」と聞かれるそうです。
食後果物ナイフでクルクルと剥いて頂いています。
ちゃんと林檎の味がしますし、ミニだからとバカに出来ない
パワーを発散しています。
右のは「シナノスイート」。ふじと津軽を交配した長野の生まれの
林檎です。これは、まだ戴いていませんが美味しいに決まってます!
昨日の朝日の朝刊にも「ひと」のコーナーに盛岡の新品種「さんたろう」が
普及の見込みなしと消えようとした時、この林檎に惚れ込んで応援団長を
かって出てくれた方が居て命拾いしたそうです。
こういう方が、随所で日本を支えているんですね。
東京では、新宿高野と神田万惣で店頭に出ているそうです。
f0086169_823926.jpg

右のポットとうとう買ってしまいました。
道具ばかり揃えるのもヤボな気がして、敢えて左のティ・ポットを
使っていましたが、珈琲道にのめり込めば分かりましたね。
この細い長い管の意味が、「飾りじゃないのよーはは〜ん♪」です。
もしかしたらキー・ポイントかもです。
これで美味しく成りましたよ。(笑
旦那も娘も満更でも無い笑顔でございます!
[PR]
by magic-days | 2006-10-26 08:32
f0086169_19541534.jpg

以前にも載せました三鷹図書館の近くの古書喫茶の御店主の方の事が
思いがけない形で知れました。
朝日新聞の多摩東版「アサヒタウンズ」に写真入りで取り上げてありました。
この方は京都の方で卒業論文に「斜陽」を取り上げ太宰治旧居跡近くに
店を出す為に上京したと言う筋金入りの太宰FANで季節毎に
読書会を開いてあります。今回は28日19時から「女生徒」をされる様です。
1つの事にこれ程夢中に成れる物に会われて本当にお幸せだと思います。
f0086169_2159154.jpg

最近始めた太極拳の一環として気功を2ポーズやっていますが、
これが気に入ってます。
大気を抱くポーズと大樹に腕を回すポーズの2つなので、
心置きなく腹式呼吸が出来て、「瞑想の感じってこんなのかな?」と
思って心地よく意識を飛ばしております。(苦笑

f0086169_21594520.jpg最近のもう1つの楽しみは、珈琲を煎れる
作業?私にとっては珈琲道とも
言えるくらい気持ちを入れてや
っております。
武蔵野煤煎の方が、配達にいら
っしゃった時何やかやとウンチ
クを並べ煎れ方のコツ等も教え
て下さるのでその気持ちに拍車
がかかって居ります。
沢山煎れて、珈琲メーカーのポ
ットに入れておくと心なしか円
やかに成って行く気がします。
日に日に精進したい物です。
「コピ・ルアック!」

f0086169_2201819.jpg
先日禄穀米なるものを炊いてみました。
これは最近に無いヒット作品です。
度々玄米と交互で炊きたいです。
因みに禄穀米は、「大地」は白米、
餅米、玄米、大豆、黒豆、食塩です。
[PR]
by magic-days | 2006-10-21 20:08
f0086169_11434694.jpg

先日からおつき合いが始まった武蔵野珈琲の方が
今ならミルは3,000円が2,000円になりますと
おっしゃるので、お話をこの間聞いてみたのだが、
軽くて女性でも力を必要としないと言うのを信用して珈琲豆と
一緒に持って来て頂きました。

刃がセラミックで出来ていて錆びない。金属臭が残らない。
本体はステンレスでシンプルでスマート!

やってみましたが、確かに以前使っていたのとは問題にならない位
使いやすいです。
掃除も刃の部分を歯ブラシでちょこちょことやっておけばOKです。
f0086169_12203960.jpg

豆を曵いておくと1粒の豆は、千倍の表面積となり酸化を速めるそうです。
サービスでエチオピアとインドの珈琲を戴きました。
配達がサービスと言うのが近いと言うだけで特権を受けられるのが有り難い。
どんなに軽くても都内600円取られます。
上等の豆が100グラム買えます。(せこい?
f0086169_12115882.jpg

今日栗を買って来て蒸しました。生の栗は安くて栗の味がします。
(甘栗は甘くて美味しいけど高いし、もうあれは栗ではないと思いますが・・・)
それにこっちの方が珈琲に合うんだなぁ〜
[PR]
by magic-days | 2006-09-25 12:05
←menuへ