タグ:テレビ ( 11 ) タグの人気記事

f0086169_21441743.jpg

BSプレミアムで「旅のチカラ」と言う番組があって、
私は時々見ている。
見ようと思って見る事は無く、偶々ついていたテレビから、そのまま流れ込んで来て
興味を引かれて、椅子に座り込んでしまうと言う事が多い。
この日は「宇津井健 80歳馬上人生を過ぐ」(11/26再放送分)であった。
80歳を迎えようとした時に、「大停電の夜に」に出演した縁で監督と親しくなり、
その時に馬の話をしていたのを覚えてくれて、
『アンダルシアの馬を見に行きませんか?』と声を掛けられた。
f0086169_21461841.jpg

アンダルシアの馬は、世界一美しく、彼の長い間の夢であった。
1度でも良いから乗ってみたい物だと、監督に話したのかも知れない。
しかし、もう長い事馬に乗っていない。
乗れると言う確信は無かったのだろうか?
馬との出会いは、早稲田大学に入学した時に、舗道を蹄で「「カッ、カッ」と
鳴らしながら練習を終えた馬術部が、帰って来てるのに会った瞬間、
彼は馬の虜に成ってしまい、踵を返して馬術部入門の手続きをした。
自分の馬を飼い、馬の為に別荘を買い。
馬との付き合いはその後長い事続いた。
f0086169_21485410.jpg

そんな彼が馬から手を引いたのは、奥様がC型肝炎に罹り、
闘病生活に入られた為に、馬どころでなくなり、馬も別荘も手放した。
「四十何年か共に暮らした女性なのだから、これ位はするべきだと思ってね・・・」
とその時を思い出す様に、何気なく呟いた彼の男らしさが
私の心の奥底にコトンと音をたてた。
闘病生活を省みて、常に現実を受け止める奥様を
「大した女でしたよ。」と感慨深げに思い出されていた。
f0086169_21502573.jpg

彼が監督の申し出を受けたのは、勿論である。
アンダルシアの町並みの美しさは、私にも彼の地への憧れを駆り立てた。
紀行番組を見てもこれ程心動かされた所は無かった。

彼とアンダルシアの馬が、初めて会った時2つの肉体は自然に触れ合い
懐かしい抱擁に浸っていた。
それを見た時、私は前にこれと同じ場面を見た事を思い出していた。
それはNHKの連続ドラマ(チャンス)で、宇津井健は競馬馬を育てる役で
年老い病気を抱えた彼は、この馬が最後と言う役柄だった。
f0086169_2152437.jpg

その馬と最後の別れに、やはり万感の思いを胸に、馬の首を抱いた。
その情の細やかさに私はうっとり見た覚えがあった。
あれは芝居であっても、彼には芝居と割り切れない場面だっただろう。
白いアンダルシアの馬は、以前からの知り合いの様に彼を背に乗せて走る。
彼は馬から下りる時に、馬に囁く
「この年老いた私を、喜ばせてくれてありがとう」と・・・・
f0086169_2154393.jpg

最後の行程で牧場主からプレゼントとして、1泊の馬に乗っての旅に出る。
昔、鉄道を引く為に作られた橋やトンネルを彼は馬と共に
時を惜しむ様に一歩一歩を刻む。
長いトンネルを前にした時、牧場種が彼に
「此処からは1人で行って来て下さい。」とトンネルの出口も見えない
暗闇を差す。
f0086169_2212134.jpg

彼も馬も戸惑う事無く、静かにトンネルの中に消えて行く。
長いトンネルを抜けた時、彼は幸福に満たされ涙ぐんでいた様に見えた。
白いアンダルシアの馬に股がった姿は、まるで奥様と佇んでいらっしゃる様だった。
彼は初めて奥様を亡くした悲しみから、解き放たれたのだと思う。
長い長い旅だったに違いない。
f0086169_21572618.jpg

死は、肉体を分つけど、
魂の融合だと思い知らされました。
[PR]
by magic-days | 2011-12-07 20:33
f0086169_1617524.jpg

そろそろ夏も終わりかなと思われる頃、一晩の雨の夜が明けて、
窓を開けると透明な風(白い風)がスーと肌を撫でる。

昨日迄の暑さが嘘の様な秋の訪れを「けさの秋」と言うそうである。
そして正しく先日の秋の到来を思わせる涼しい朝は、
その物であったと[天声人語」に書かれていた。
f0086169_1624491.jpg

日本人の五感は、本当に素晴らしいと思う。
時々朝テレビをつけたままにして、
NHKのハイビジョンの「日めくり万葉集」を楽しみにしている。
今日の放送は、伝承料理研究家の奥村彪生の推薦で、

『ひさかたの 雨も降らぬか 蓮葉に 
      溜まれる水の 玉に似たる見む

               右兵衛(姓名未詳)(巻16・3837)

 空から雨でも降ってこないか ハスの葉に溜る水が
 真珠みたいに輝くのを見ようではないか。』
でした。
f0086169_16395777.jpg

推薦者が料理研究家なので、当時の料理を紹介してくれた。

蓮の葉を干して、水で戻し大きな鯛を包み、
穴を掘って大きな石を6つばかり並べて、
その上で薪を燃やし、燃え尽きたら炭をそっとどけて、
先ほどの鯛を載せて、小石を上に敷き詰めて、
炭をその上に戻して、40分間待って蓮の葉に包まれた鯛を取り出すと、
美味しそうな蒸し焼きになっている。
f0086169_16455862.jpg

蓮の葉の甘みが鯛に移り、何とも言えない香りがする。
それは記憶に残り、香りを思い出す度に鯛の味迄も
思い出せると言う。
嗅覚の記憶は、凄いと思う。
例えば帰り道カレーライスの香りがすると、
この間食べたカレーの味迄も甦って来る。

この歌は何かの会席の場で、蓮の葉にかけて歌を作る様に
言われたのであろうと想像してあります。
そして勿論膳には、蓮の葉のお皿の上にお御馳走が載っている。
多分蓮根の料理もあったでしょう。

何とも長閑で、遊び心溢れた会席の席ではないですか?
f0086169_1651383.jpg

かと言って、この時代は今に比べて、のんびりしていた訳ではない様です。
仕事は今と同じで忙しく、もしかしたら今以上に、
とんでもなく朝早くから、働いていたのかも知れない。
しかし、大らかな部分も沢山あって、
人目も憚らず、愛を確かめ合ったり、「好きだ、好きだ!」と
呼び合ったり、思わず赤面してしまう様な歌も残っている。
それは決して嫌な感じでなく、むしろ微笑ましく思えるのは、
人間賛歌として受け留められるからでしょう。
f0086169_1703630.jpg

この僅かな放送時間は、私を瞬時に万葉の世界に
連れて行ってくれる。
目が覚めたら、現実が待っているけど、急いでもしょうが無い。
ゆっくり少しづつ丁寧にやって行こうではないですか!
と立ち上がる。

あんなに暑かった夏も、段々薄らいで秋が来たではないですか・・・
急いでも、急がなくても人間の思いに関係なく
秋はやって来た!
有り難い事だ。


******************************************

自然観察の部屋の「井の頭・自然のできごと」が9/10、9/19に
更新しています。
興味深い観察記録ですので、是非ご覧下さい。



(9/11 11.508歩   9/12 6.398歩  
 9/13 10.240歩   9/14 11.982歩)
[PR]
by magic-days | 2010-09-17 20:10
f0086169_20163120.jpg

本当に何年振りかで寝込んでしまった。
とは言え、食事の支度等は起きて来て作れた。
出来る事は、やった方が良いと思う。

甘えたら、病にも負けてしまう様な気がする。
しかし、それも度合いに因る。
今回はそれが出来たと言うだけの話である。
f0086169_20395129.jpg

流石に1日目は、支度が終われば懇々と寝ていた。
こんな時、糖尿病患者が1番困るのが、
薬の量である。
食欲が無いのにいつも通りの薬を飲むと
低血糖に成る。

実は、高血糖よりも低血糖の方が怖いのだ。
意識が朦朧と成り、命取りに成る。
f0086169_20185428.jpg

食事の毎に私は用心深く血糖値を測り、低血糖に成らない様に
気をつけた。
食欲が無く余り食べてはいないが、運動もしなかったせいか、
中々低血糖に成らない事が分かった。

この4日間で、悪い物が綺麗に出てしまい、
お腹の大掃除が出来た。体力は落ちたが、血糖値は理想的になった。
良い事も有る物だ。
f0086169_20214026.jpg

私は朝8時、BS2で放送される「私の1冊」と言う番組で、
著名人が、自分のこれ迄に読んだ「これぞ、その1冊。」を
紹介する番組が好きで見ている。
その日は、北杜夫の「ドクトルマンボウ昆虫記」だった。

紹介者は、岡田朝雄さんでした。
記憶に残ったのが、
「ウマノウバチ」と言う長い卵管をヒラヒラお尻に付けた蜂が居て、
その蜂は、木の幹の上から如何して分かるのか?
カマキリの巣に、卵を産み付けるそうである。
f0086169_20345525.jpg

そして孵った幼虫は、カマキリの幼虫を食べて育つのだそうです。
これを聞いて、「おー、カッコウやホトトスギみたいのが、
昆虫の世界にも居たのか!」と感心してしまった。

しかし、何時も思うのだが、反対にカマキリやオオヨシキリの卵が、
先に孵って大きく成っていたらどうなるのだろう?(笑
f0086169_20355045.jpg

そんな事もあって欲しいよ。(一寸、意地悪かな?

私はこの「私の1冊」を見ながら、読みたい本を控えておいて、
いつか読みたい物だと思っているが、
さて、何冊読めるかな?(笑
[PR]
by magic-days | 2008-12-21 11:30
f0086169_22364245.jpg

昨日3時から「ごんきつね」の作者新美南吉が亡くなる3ヶ月前に書き上げた「狐」 を取り上げ、彼の人間性を掘り下げる番組があった。
日曜日は見れないと思って、録画しておいたのを今日見る。

この本の主人公も狐である。
子供が自分は狐に成るのではないかと恐れて母親に訴える。
母親は慈愛に満ちた受け答えをする。
f0086169_22464248.jpg

子供と母親の会話が主眼である。
南吉は母親を生後4ヶ月(訂正4年)で亡くしている。
病身であった母親に抱かれた記憶も無く、母親に対する慕情は
強かったのだろう。
南吉が母親が生きていたらこういう風にしてもらいたいと
思う事が、この物語に溢れている様な気がする。

この物語は今回絵本になった。小さいお子さんにも
親しんでもらえるのは勿論だが、子育て中の若いお母さん方に
読まれているようである。

「北の賢治。南の南吉」と言われた方である。
29歳で終えた人生は余りにも短く惜しまれる才能である。
f0086169_23221310.jpg

ところで話は変わるのだが、かっこうの托卵の習性をご存知だと思いますが、
私は先日野鳥図鑑を見ていて写真入りを見てしまった。

カッコウの雛は例えばオオヨシキリの巣の中で、他の卵より2、3日
早く孵り、まだ毛も生えない身体を踏ん張って他の卵を全て巣の外に
落としてしまうのです。(この写真は本当にショックでした。2/26追記)
親が教える訳でもないのに・・・・・
本能なんでしょうか?
しかし、なんと恐ろしい本能では無いでしょうか?

他の鳥の中で一緒に育ててもらうのなら、まだ許せるが
オオヨシキリの卵を全部捨ててしまうのですよ!
オオヨシキリも自分が生んだ卵が幾つだったか分からないのも
ちょっと愚かな様な気がします。

そうせざるを得ない理由でもあれば、承りたいものです。
カッコウさんよ!

(理由が分かれば、私のこの何とも言えない思いが拭い去られると
 思います。2/26追記)


最初の写真2枚は、テレビ画面より失敬しました。
[PR]
by magic-days | 2008-02-25 22:57
f0086169_1135471.jpg

今1番良く見てるのは、朝の連続テレビ小説の「ちりとてちん」です。
先ずは、オープニングが良い!!
これぞ日本!なんですねぇ。
色が綺麗で伝統色って言うんですか?
歌舞伎に使われる様な色が実に良い。

主人公喜代美が幼少時代祖父から影響受けた落語が、
もう1つの主役なのです。
祖父(役者が上手い!)が実に大らかで良いのです。
f0086169_11481930.jpg

祖父が聞いている落語のテープに耳を当て、愉快そうに聞いてる子は
五十何年か前の私の姿です。但し私は落語も講談も好きでした。
語りが好きだったんでしょうね。
その傾向が大きく成って謡の世界に導いてくれました。
お能を見られた方は御存じでしょうが、台詞のやり取りと謡いとが
折り混ざっています。日本版オペラと言われる由縁です。
それに仕舞いと囃子が入りますが、私は謡が好きでした。
f0086169_1651990.jpg

さて話を戻しますが、喜代美さんと母親の糸子さんのやり取りが
愉快であり又苦痛でも有ります。
magic-daysさんて「どんな人?」って思われたら、
この糸子さんにほぼ近い人と思われて間違いないです。(苦笑
喜代美さんが、母親の言葉に「ぐさり!」と来て、怒り心頭に来たり、
落ち込んで悄気てる姿を見たり、人が見て母親を恥ずかしいと
思ってる場面を見る度に、反省!反省!心の中で、
叉は娘に直に謝っております。
f0086169_16125330.jpg

和久井さんみたいに可愛くありませんが、背格好といい雰囲気も
似ているかも知れません。
まるで他人と思えません。(この役柄に限りでございます。)

そして大阪の落語界で、一生懸命修行を積む若者達。
他の人から見ると取るに足らない様な事に、
一生懸命に成って生きる人が私は大好きです。
それは多分自分が、なし得なかった事だからだと思います。
f0086169_16184797.jpg

師匠役の渡瀬恒彦の声が良いですね。
流石名の有る役者さんだと思いました。
2番弟子の草々さんと喜代美さんが、これからどのような
落語道を見せてくれるか楽しみです。

写真はテレビ画面を拝借しました。
[PR]
by magic-days | 2007-11-18 12:21
f0086169_1153483.jpg

「父・藤沢周平との暮し」はお嬢さんが、お父上との生活を没後書かれたものです。
お嬢さん展子さんは、生まれて直ぐお母上を亡くされ暫くは
お父上・男の手1つで育てられました。
その時期の苦労は、「たそがれ清兵衛」に反映されていそうです。

この本を読んでいると、物語の向こうに藤沢周平の生きざまやこだわりが
潜んでいる事が分かります。
展子さんが、お父上から言われた言葉で深く残っている物を書き出してありました。

『「普通が1番」
 「挨拶は基本」
 「いつも謙虚に、感謝の気持ちを忘れない」
 「謝る時は、素直に非を認めて潔く謝る」
 「派手なことは嫌い、目立つ事はしない」
 「自慢はしない」
 そして基本姿勢は、戦わずして勝つことにありました。』
これを見ると、どれも誰でも出来そうで忘れている事です。
f0086169_11511658.jpg

今再放映されている「清左エ門残日録」を見ていても
正にこの通りの主人公です。
生真面目で礼儀正しく要領が悪いが、ここと思う時は決して引けを取らない。

最近は、旦那と見ながら人生の締めくくりと言う点では、
我が身である訳で、身につまされる思いがしますが、
最後迄見ていると解決法を教えて頂いた様な気がします。
嫁さんとのやり取りは、昔を思い出して苦笑いしてしまいます。
f0086169_1159396.jpg

又大河ドラマの後(BSハイビジョンNHK)で、藤沢周平のfanの方が
1冊の本から心に残る箇所を読んでお話しされますが、
本当に深く読み取ってあるのに驚きます。(「私の藤沢周平」だったと思います。)

何気ない毎日であっても、そこに打ち込まれる杭はやがては
その人の一生を支える太い命の柱となることを教えて下さいます。
[PR]
by magic-days | 2007-08-03 12:00
f0086169_1426454.jpg

先日多分日曜日のお昼に「白いライオン」を追ってアフリカに渡った
ドキュメントがありました。
以前白い雀の事を書きましたが、この「白いライオン」は現地の人々から
神の使いとして崇められ畏れられて来たと言う事です。
その反面白いと言う事で、目立つ為にハンターにも狙われると言う
悲しみも背負っているわけです。
今確認されるのは、母親と兄妹の3頭です。
試練をかい潜って来た3頭は、ロケハンや何人かの人間を前にして
威風堂々とし、人間達に悪戯に恐怖心さえ抱かせない。
見事な「無」の空間を作っていました。
上の写真はもよが興味を示して画面の前に登ったのですが、
写真を撮ろうと気が付いたのが遅くて良い具合の画面が入りませんでした。
f0086169_14424276.jpg

これは、月曜日の「嶋田忠カワセミを追う」を見ている時に
鳴き声に反応して今度はあずが登りました。(笑
これは北海道千歳川の上流の嶋田さんが以前から準備為さっていた
テントから撮られたドキュメントです。
f0086169_14494271.jpg

これがヤマセミです。蒼と言うか黒と言うか微妙な美しい色と
白が羽の重なり具合で縞模様になったりチェックになります。
まるで貴婦人の帽子の羽飾りみたいに柔らかくしなやか!
f0086169_14534619.jpg

本当にお馬鹿なあずです。でも可愛いデス。
f0086169_14545848.jpg

これが、カワセミです。カワセミの求愛シーンが面白かったです。
雄が魚をくわえてアタックするのですが、雌は「何度来ても同じよ!」と
ピシャリと振ります。それでも諦め切れずどうした物かと佇んでいると
雌の方が飛んで来て魚を取って食べちゃうんです。(ちょっと手こずらせる。
食べたと言う事は受けたと言う事だそうです。
やはり自然界では、餌が何より物を言うのでしょう。
f0086169_150587.jpg

あずはとうとう声が聞こえて来る所を見つけました。
満更おばかさんでもないわね。(苦笑

カワサミは3つの卵を孵し、巣立ちさせます。
雛はそこから、自分で魚を捕り始めますが、流れに漂う葉や小枝を
魚だと思って口にくわえて木の幹に打ち据えている姿は、
本当に感動しました。親のする事を見て学んでいたのですね!

カワセミは雀より少し大きい鳥だそうです。
実は何年か前高源院の池の中に立つお堂の床下に、カワセミが巣を
作って住み着いていたそうです。
今はどう言う訳かいません。(残念!
[PR]
by magic-days | 2007-03-07 15:20
f0086169_1457343.jpg

BSで2夜続けて「特集・白州正子」が放送され清清しい時間を頂いた。
1日目は正子さんが愛した琵琶湖周辺を歩かれたのを
旅行記形式を取り、日本の美を正子さんの眼を通して紹介して行く。
撮影が見事である。
白州正子の美を知り尽くしたスタッフで行なわれたのでしょう。
画面を見ているだけで、白州正子さんがどう言う人格の持ち主かが
人によってどんなに雄弁に語られるよりも伝わって来ました。
f0086169_1581128.jpg

昨夜は正子さんが愛した西行と明恵上人を通して「日本人論」を語る。
背景に写される夜のすすきの原や竹林から覗く月等どれもこれも
私の心を捉えました。

正子さんはお能が少女の頃からお好きで、ピアノのお稽古を辞めて
能を習われたそうです。
友枝喜久夫先生に師事されたと聞いて何か腑に落ちる気がした。
友枝喜久夫先生は喜多方の重鎮だったかたで、喜多方の3本柱の
大きな1本であられた方です。
f0086169_1764255.jpg

私もこの方の能は若い頃拝見した事があります。
若い能楽師からは神様の様に敬われた方です。
五流派の中から喜多流を選ばれたのも納得が行きます。
派手を好まない、武士の質実剛健を彷佛させる正子さんの立ち姿を拝見した時
武士に愛され謡もどちらかと言うと堅い喜多流の他には無かったでしょう。
f0086169_1775148.jpg

14歳から留学されて語学も操られキリスト教の影響も受けられたでしょうが、
そう言う道を歩かれた方に良くあるアメリカかぶれに落ち入る事無く、
能や歌に親しまれ日本を愛された白州正子さんを亡くした事は
残念で仕方ありません。

途中上の娘から電話が入り明恵上人をどのように捉えてあったかが
聞け無かった事が心残りです。

(写真1枚目は鴨池の蓮を持つ仏。3、4枚目は森のギャラリーの雑貨です。)
[PR]
by magic-days | 2007-02-02 15:53
f0086169_1438575.jpg

テレビの連続ドラマは余り見れないのだが、これだけはと言う物がある。
シリーズ三回目にして最終シリーズの「慶次郎縁側日記3」である。
今回のシリーズは迂闊にも気が付かずに二回見落としてしまったが、
各回完結なので筋が分からないと言う事はないが、
私としては残念で仕方ない。
出演者達の芸のうまさ、脚本のしっかりした筋運び、カメラアングル、
衣装や大・小道具との色合わせのあわやかさ、(こんな言葉ありましたかしら?
ケバケバしくないんですね。
そして見る人に何を言わんとしてるかがハッキリしていて、
見終わった後も心に残っています。
f0086169_1456830.jpg

この日は、もう一本「Dr.コトー診療所」
今問題の無医村や都会でもたらい回しに合い、ベッドに辿り着けないと言う
現実と絡めてみると実に学べます。
私にとっては木曜日は、花のドラマ日です。(笑

さて、今日からクリント・イ−ストウッド監督の
「父親たちの星条旗」が公開されています。
太平洋戦争末期の硫黄島攻防戦の真実を訴えているそうです。
これと12月公開の「硫黄島からの手紙」は渡辺謙さん主役で
日本側から見た物で二部作になっています。
公開に先立ちフランス紙に監督自身が戦争観を語っています。
f0086169_15184180.jpg

『政治家達は最前線にいる者の運命より、自らのちっぽけな権力を
行使し、保持する事に関心がある。』と又
『米国が今程分断されたことはない。
私はイラクへの介入は優先課題ではなかったと考える側だ』と
ブッシュ政権を批判しています。
以上は朝日新聞10/20よりピックアップしました。
[PR]
by magic-days | 2006-10-28 15:23
f0086169_22394766.jpg

             .(ベランダから下の桜を見物している2人)
今度coco&guyにやって来た人はWさんと言ってこのマンションに住んでる
私とは同じ囲いの中の住民です。
彼女とは、いっぺんに親しく成ってしまった。
馬があうと言うか楽しいのだ。その彼女がNHKでやってた
「知るを楽しむ」の精進料理をパトリス・ジュリアンが担当してると
教えてくれて、DVDに撮ったのを貸してくれた。
彼は、実は娘が以前からFANで私も門前の小僧よろしく
馴染ませて頂いていた。
彼は,フランス大使館文化担当官として’88年に来日していたのです。
禅を学んだ人らしく物事の本質を大事にし、心を込める事を
大切に思っている人だろうと思う。
今回のシリーズもそう言う彼が随所に出て来て嬉しく拝見した。

今夜の献立 けんちん丼
f0086169_2235488.jpg

筍、人参と若芽がんもどきの煮合わせ
f0086169_22351682.jpg

それにお味噌汁、お漬け物でした。
デザートは苺クリームのロールケーキで旦那のみ、
私と娘はパスしました。お腹いっぱい!!!なので(笑
おいしかったですよ!
[PR]
by magic-days | 2006-03-31 22:48
←menuへ