タグ:シネマ ( 28 ) タグの人気記事

f0086169_1991197.jpg

久し振りにDVDで映画を観ました。
fusanさんのブログで紹介を受け、見てみたいと心が動きました。
それは1946年、アメリカで作られた「素晴らしき哉、人生」です。
何と私が生まれた次の年。と言うより終戦の翌年作られた映画です。
主演は「アメリカの良心」と言われたジェームズ・スチェワート。
(シジュウカラ)
f0086169_19103399.jpg

私は途中まで見て前に見た事があった事に気が付きました。
「どこから?」
それは2級天使(羽を持たない天使)が、主人公が自殺するのを助けに来る場面です。
この天使がちょっとおとぼけでいい味しています。
どうやって彼を助けるか?
それは彼より先に冷たい冬の川に飛び込み、
彼に助けてもらう様にしむける事でした。
f0086169_1913774.jpg

頭が良いです。人を助ける時に自分も難を被る。
こう言う事が出来る人は、勇気が有り助けられる身になれる人です。
この前見た時も今回もこの場面が1番好きです。
色々教わります。どんなに話し上手な人が人助けの講釈をしても
これ程私は納得出来ないでしょう。
この映画は、「幸せとは何か?」を問いかけています。
f0086169_19143722.jpg

去年の東北地震を経験して大きな打撃を受けた今、
私達は「幸せとは何か?」と問い掛けられている様な気がします。
天使は、もし主人公が生まれてなかったら、この街がどうなっていたかを示します。
自分の存在の意味を知らされた主人公は、どんなに嬉しく励まされた事でしょう。
良い映画でした。
fusanさん、有り難うございました。
(ムクロジの実)
f0086169_1915413.jpg


12月に読みました本にちょっと無理があるかも知れませんが、
表題に被ると思われますので、以下に続けさせて頂きます。
(ツグミ)
f0086169_19173533.jpg

    舟を編む     作 三浦しをん  光文社

これは1冊の辞典が完成するまでの物語です。
辞典を作る事を「編む」と言うそうです。
広い海の中に泳ぐ言葉を拾い集めて、あいうえお順にその意味を
如何に要領よく的確に載せるか?
その言葉は先ず、載せる必要があるか?
14年も掛かると要らない言葉が出てくる。
問題は次々と出て来る。地道な作業の毎日。
f0086169_19195719.jpg

しかし彼らは、新しい辞典を作るために、家族の存在を忘れ、
自分の健康さえ省みず没頭している。
私は物語よりどうやって辞典が出来上がって行くか、
その方に興味が行って凄く面白かったです。
主人公のキャラも、然もあり何と言う設定で登場人物が
イキイキと動いていました。
出来上がった時、家族と共に喜び合う。
こういう人生もあるのかと思い知りました。

(ムクドリ)    
f0086169_1921293.jpg


    君のいない食卓   作 川本三郎  新潮社

この方は1944年生まれ、文芸・映画評論の第一人者とある。
そしてこの本は「食エッセイ」の名品と位置づけてある。
私と同じ世代を生きて来た方だけに、「あ、うん」の呼吸で
物語の背景も匂いさえも漂って来る。
最近私が夢中に成る本は、ほとんどが同年輩の作家が書かれた本である。
(シジュウカラ)
f0086169_19235328.jpg

母が作った三食弁当がおいしかった。
名も知らぬ漁港で食べた魚が美味かった。
その食べ物の思い出が、作った人や一緒に食べた人の
思い出へと導いてくれる。
亡くなられた奥様が、時々川本さんが食事の支度をしていると
生前と同じ様に、笑いながら
「何でも細かく切るのね。」と言うのが聞こえて来る。
(コゲラ)
f0086169_1925915.jpg

「食は人に通じる」そんな思いが、其処此処に出て来て、
しんみりしてしまう。
それは悲しみでなく、ほのぼのと湯気の立つ食卓を前にする
川本さんの人生のスタイルなのだと思う。
f0086169_192816.jpg

1月2日朝7時
[PR]
by magic-days | 2012-01-07 17:14
(キジバト)
f0086169_1502760.jpg

最近見た映画「優しい嘘と贈りもの」で介護と言う物を考えさせられてしまった。
構成が異色で見てる方もつい騙されてしまう。
初老の1人暮らしの男性に、同じ年代の女性が急接近。
2人は、と言うより女性がドンドン男性の生活に入り込んで来る。
(雀)
f0086169_1515159.jpg

今流行の高齢婚活と思い、この映画の先が見え出して
興味を失いかけた時に、今度は急転回して事の成り行きの
謎解きが始まる。
f0086169_1524737.jpg

実は彼らは夫婦なのです。
男性が認知症に罹り、奥さんの事も娘さんの事も
忘れてしまった。
f0086169_153356.jpg

そこで妻と娘は、すぐ向かいの家に住み、
彼の生活を援護していたのです。
奥さんは定期的に薬を補充したり、
勿論男性が留守の間に・・・・
f0086169_1542663.jpg

見てる内に私は小川洋子さんの「博士の愛した数式」を
思い出してしまった。
あの時博士は、1日が終わるとその日あった人の事は忘れてしまう。
そして段々覚えている時間が短くなっていく。
(ハクセキレイ)
f0086169_1561275.jpg

映画の主人公は、未だそこ迄病状が進んでないのか、
次の日も彼女の事を覚えていて、恋をしてしまう。
私はこの2つの物語から、介護と言うものを知らされた。
f0086169_1573159.jpg

認知症とはどう言う病気なのか?
治療すれば治る病気なのか?
原因はなにか?
何1つ知らないけど、
f0086169_16332599.jpg

この2組の介護をする人々は、
静かに見守り、患者が何をして欲しいかを
把握している。
決して物忘れを避難したり、患者の前で嘆いたりしない。
患者の病状にあわせて、対応している。
f0086169_1595589.jpg

女は多かれ少なかれ家族の介護人なのだと思う事がある。
家族が悩んでいるのは何か?
如何して欲しいと望んでいるか?
丸ごと抱えて接するのは、些か疲れてしまう。
f0086169_1511581.jpg

しかしこの2組の家族は、忍耐強くやり遂げる。
私にはとても出来ない。
愛情だけでなく経済力も問われる。
2つの家族とも裕福である。
f0086169_15123098.jpg

この映画は2人の役者が素晴らしい。
もう1度見たいと思う。
静かに雨がガラス戸を濡らして、
雨粒の重さで、スーと流れて行く。

動くのはそれだけ、そんな静かな夜に
1人で見たい映画です。



___________________________________________
写真のハクセキレイは、幼鳥ではないかと思います。
成鳥は白と黒のコントラストがハッキリしています。
雌は雄に比べると、コントラストは弱いですが、
これ程ではありません。
成鳥は人間に対して警戒心が強い様に思いますが、
この子は、私がガラス戸越しとは言え長時間近付いているのに
逃げるどころか、何か言ってる気配さえあるのです。
[PR]
by magic-days | 2011-08-27 15:13
f0086169_14222613.jpg

何日前か定かではないのですが、朝日新聞に親に子育て放棄されて、
人間に育てられた北極熊が、成人(?)して他の北極グマの
檻に移されたのだが、折り合いが悪く池に突き落とされたり、
小突かれたりしていて、来園者達がいじめではないかと
騒いでいると言う記事が載っていた。
f0086169_1423731.jpg

写真も載っていて、本当に大きな立派な北極グマである。
相手は年上の雌ばかりで、その中に母グマも居ると言う。
そんな事も有るのかと、クヌートの溜め息が聞こえて来そうで
哀れだった。
f0086169_14235922.jpg

ところが昨日新聞の番組欄を何気に見ていたら、
wowowで「クヌート」をやっていた。
もう始まって15、6分は経っていたが、
早速スイッチを入れて見た。
画面一杯に、真っ白なぬいぐるみの様なクヌートが、
飼育係の男性とじゃれ合っている。
f0086169_1424574.jpg

なんて可愛いのだろう。
映画は、クヌートの成長と合わせて、
北極に住む、小熊と母親の海迄の旅を写す。
それと近くの森にすむヒグマの、親と逸れたのか、
捨てられたのか途中で見たので分からないが、
小熊の兄弟の姿を追って行きます。
f0086169_14261326.jpg

どんなに過酷な生活でも、親や兄弟と一緒に
住むのが1番なのだろうが、どうもこの子の親も
動物園で過ごしていて、野生の熊では無いようだ。

親が子育てを放棄した時に、子供は殺した方が良いと言う
意見も有ったようだ。
f0086169_14265279.jpg

どんな経緯が有ったか知らないが、
飼育係の男性と仲間達が、寝起きを共にして育て、
在る程度大きく成って、人間との同居を解消して
檻の中で暮らす様に成った所で、
映画は終わっていた。
f0086169_14283430.jpg

飼育係の男性は、亡くなっているが、
今のクヌートの姿を見て、何と思っているだろう。
新聞には、クヌートに相応しい若いお嫁さんを、
捜してやるつもりだと、書いてあった。
f0086169_14313625.jpg

ヒグマの兄弟が里に降りて来て、蜂蜜を盗んだりする場面もあって、
人間の開発と野生の動物のテリトリーの
せめぎ合いであると言う意味の事を言っていた。

確かにそう言う事が原因の1番に上げられるかも知れないが、
昔は、熊を狩猟する人々が、自分のテリトリーの中の
バランスを考えて、熊を狩猟していたのが、
f0086169_14293217.jpg

そう言う人々が居なくなったと言う事も、
大きな原因だと、これはアメリカの映画で言っていた事だが、
日本でも言える事かも知れない。

専門家の意見が聞きたいものです。



(10/28 7.050歩  10/29 8.484歩  10/30 3.381歩)
[PR]
by magic-days | 2010-10-31 14:32
22日。BS2で放送された「美しい人」を見る。
原題は「9lives」9つの人生の物語です。
2時間余りの上映時間に9つの話。1話12、3分の短い枠組みに
ぎゅっと1人1人の思いや叫びが凝縮されている。
f0086169_1423756.jpg

この監督(ロドリア・ガルシア)は、前にも「彼女を見れば分かること」
同じ様な映画作りをしている。
あの時は、5人の人生だった。
1人の物語は大体20分位。
f0086169_14382689.jpg

                           (エナガ)
だからと言って、今回の作品が奥行きがないとか、
語り尽くされてないとか言う事はない。
見る側に十分伝わる展開であり、幕切れである。
f0086169_142449.jpg

                           
俳優陣がいい。
私の好きな人ばかり。
ロビン・ライト・ペン(ダイアナ)。 ホリー・ハンター(ソニア)。
シシー・スペイセク(ルーズ)。   キャシー・ベイカー(カミール)。
グレン・クローズ(マギー)。
他の4人(サンドラ、ホリー、サマンサ、ローナ)は、
生憎知らない俳優さんだった。
f0086169_14274338.jpg

服役中の母親と面会に来た娘。昔の恋人に出会った妊婦。
父親と娘。別れた夫と再会した女性。
乳がんの手術室に入ろうとしてる妻と付き添いの夫。
亡くした娘の墓の前で、娘を思う母親。
f0086169_14282051.jpg

其の1つ1つの人生のどれかに、自分の人生を重ねる人も
居るだろう。
話の結末は、見る人に委ねられている。
それは、制作者側の自信の現れであるかも知れない。
f0086169_14304371.jpg

ここで手渡しても、観客は私達の期待を裏切らない
結末や展開を想像してくれるだろう。
人生は過酷な時も、立ち止まって動けなくなる時もある。
しかしやがて、それすらも自分の血や肉にして
自分の1部にして、強く生きて行けるのだと思う。
f0086169_14465322.jpg

☆エナガ☆
生活型    留鳥又は標鳥
全長     14センチ
嘴      短くて小さい。
尾      長くてくさび尾
雌雄の特徴  雌雄同色。
[PR]
by magic-days | 2009-01-24 14:28
f0086169_22553640.jpg

大分前に読んだ「西の魔女が死んだ」のDVDを
借りて見る。
映画は、やはり役者に因って随分本の印象を変える物だと思った。
本で読んだ時、近くに住む男はただ不気味で、
澄んだ空気の中で、1本の黒い煙の様に
ただ不気味に揺れていた。
f0086169_2302667.jpg

しかし、映画では存在感があり、魔女が死んだ時にお悔やみに
訪ねて来たシーンでは、涙が出てしまった。
彼の過去が見えて来るのです。
玄関先に立ってる姿だけで、
この役者さん(名前は忘れたけど、良く見る人です。)は、
本当に上手い。

丁度その頃私は、図書館で借りた本を抱えていた。
カンカンさんが、私のブログを見て以前読んだ本を、
思い出したと言って、紹介してくれた。
スザンナ・タマ−ロ[訳 泉 典子]の「「心のおもむくままに」」です。
f0086169_0175554.jpg

偶然にも、これも祖母と孫の話です。
しかしこちらは、重くて暗い人間ドラマです。
事情があって、不仲に成り出て行った孫に、遺言のつもりで
1年余り、自分の結婚生活、恋、娘(孫の母親)の事、
そして、孫の真実の祖父の存在を、日記を綴る様に書いて行きます。
f0086169_2318458.jpg

彼女は、西の魔女と同じく鬱蒼とした木々に囲まれ、
鳥の声が絶えず聞こえる様な古い家に、1人で暮らしています。

彼女は、もう長くは生きれないと悟っています。
それ故に、自分が抱えて来た秘密を孫娘に話して、
同じ後悔をしない人生の選択を望むのです。
f0086169_23245629.jpg

1番最後に書いてある節です。

「お前の前に道がいくつもひらけて、
 どれを行っていいかわからないときには、
 気まぐれにどれかをえらばずに、
 そこにすわって待ってごらん。・・・・・・・
 ただ待ちつづけてごらん。
 黙ってじっとすわったまま、心の声を聞いていてごらん。
 
 ・・・・立ち上がって、おまえの
 心のおもむくままに行くが良い。」
f0086169_022014.jpg

読みながら、この「心のおもむくままに」は、
誰に言っているのか?
自分に言っているのか?
心のおもむくままに、徒然に書こうと言うのか?

そう言う疑問を抱いたまま読んでいました。
そして最後にして、孫娘に言っていたのかと
長い旅の終着を見ました。
f0086169_06322.jpg

けっして、心を癒される様な本ではありません。
それどころか、重い荷物を背負わされた気持ちに成ります。
しかし、こういう本に書かれてる事が、
真実の人生だと思います。
甘く、愉快な事ばかりあるのは、それはお話です。

☆オナガ☆
全長 37センチ
嘴  太く尖っている。
留鳥
尾羽 長い
雌雄同色
[PR]
by magic-days | 2008-12-06 23:53
f0086169_21235433.jpg

先日深夜、BS2にてモンゴル映画「「天上草原」」が放送された。
勿論そんな時間迄起きてないから、録画しておいた。
そして何時ものごとく何日かに分けて見る。
f0086169_2129103.jpg

天上草原とは、天国に1番近いモンゴルの草原である。
そう言えば大体舞台を想像出来ると思います。

そこで働く夫婦(シュリガンとバルマ)と弟(テングリ)と、
シュリガンが刑務所の中で知り合った男の子供(フーズ)。
この4人が物語を織りなして行く。

両親に捨てられたショックで声を無くした少年は、
優しいバルマとテングリに愛されて少しづつ
元気に成って行くが、ある事情でテングリは、軍隊に希望入隊して
草原を降りてしまう。
f0086169_21421067.jpg

愛情はあるが無骨なシュリガンにフーズは、反発しながらも
心身ともに成長して行く。

ある日、フーズが雁の卵を巣から盗んで来る。
得意そうにバルマに見せるが、
バルマは、卵を盗まれた母鳥はきっと泣いて探しているだろう。
とフーズの手を引っ張って草原に行き、
雁の群れに「息子を許して!この子は町の子で何も知らないの!
どうか戻って卵を暖めてやって!」と泣きながら叫びます。
f0086169_2151317.jpg

そのバルマの泣き叫ぶ声を聞いて、初めて自分がした事の
愚かさを知り泣くフーズ。

フーズを取り巻く大人達は、心ある人たちであったお陰で
彼はモンゴルの男として育って行き、
遂には声を取り戻します。

私はこの映画を見ながら、昔読んだ本を思い出しました。
それは宮本輝さんの「草原の椅子」です。
f0086169_21564497.jpg

私が今迄読んだ本の中でも忘れられない1冊です。
この物語の主人公達も男2人と女1人それに少年が1人。
この少年も虐待を受け、心に傷を負い3人の大人達との出会いで
まともな生活が出来る様に成ります。

この4人が最後に目指したのが、タクラマカン砂漠だった。
4人は、砂漠の上に足跡をつけて歓喜の声を上げた。
f0086169_2282915.jpg

昔読んだ本で細かい筋は覚えてないが、感動の大きかった事は
良く覚えている。
私は同じ本を何度も読まない。
だがこの本は、直ぐに読み返した。
それ程心えぐられる魂の声が聞こえる本だった。
日本を憂い、日本の将来が安かれ!との祈りの本である。

日本とモンゴルと言う違いはあれ、
草原の爽やかな風が、2つ渦を巻いて1つに成った様な気がして成らない。


.
[PR]
by magic-days | 2008-11-09 22:18
f0086169_1603533.jpg

何処の家庭でもそうだと思うけど、テレビは多分リビングに
置いてあるのではないでしょうか?

今時ですから、個室にテレビと言う家庭もあるでしょう。
と言う私も2所帯住宅のときは、義母と娘の年齢差が70程
ありましたから、義母の部屋と娘の部屋に、テレビがリビングとは
別に置いていました。

現在は、リビングに1台だけです。
昔程活躍していません。
勿論3人で同じ物を観ると言う事は皆無です。
f0086169_15472417.jpg

ところが、昨夜は奇跡的に3人揃って同じ物を観て楽しみました。
黒澤明監督の「7人の侍」です。
最初私が観ていたら、連れ合いが「『7人の侍』観てるのか・」と
ソファに座りました。

その内娘が飲み物を取りに来て、
「何観てるの?・・・・・
 こういう貧乏臭いの嫌い!」と言うので、
「この映画をアメリカでカバーして作ったのが『荒野の7人』
 なんだぞ!
 あのスティーブ・マクィーンが出た!」と言うと
「ふーん」と言って座った。(笑
f0086169_15543561.jpg

3時間の長丁場なので、私と娘は途中で立って用事を
コソコソとやったりしながらも、目はテレビ画面に向いていたが、
連れ合いは最後迄動く事なく観ていた。
こう言う時女は本当に損だと思う。

その間リビングの空気感が和らいでいたように思う。
同じ物を観て手に汗握ったり、しんみりしたり、
良い俳優さんが揃っていて、内容も素敵だった。
3人が夫々に楽しんだのは、稀な事である。
f0086169_16345936.jpg

黒沢明は、大した監督さんだ。
今年ベネチア映画祭に宮崎駿監督と北野武監督の作品が
出品していたが、受賞には至らなかった。(残念だ!
しかしこの方は、「羅生門」で受賞なさったし、この作品も監督賞を
受けてあるのだ。

それよりも何よりも50年前に作った映画でありながら、
年代差がある我が家の3人をリビングに集結させたのだから(笑
この方がずっと実感がこもっている。
[PR]
by magic-days | 2008-09-07 16:06
f0086169_205116.jpg

相変わらず暑い日だが、もの凄い猛暑を経験した後だからか、
何となく「楽に成って来た。」とか思い、この侭ダラダラ坂を下るように
涼しく成るのではないか?とか勘違いしてしまいそうである。

もうすぐお盆を迎えると言う頃になると、
必ず何本かテレビで怪談をやってくれる。

先日、小泉八雲の短編を4部作のオムニバス形式にした怪談(1964) - goo 映画
を見ました。
f0086169_20143252.jpg

私が19か20の頃の映画です。
(洋画では『マイ・フェア・レディ]が次の年に放映されたと思います。)

この頃の日本映画は素敵でした。
色彩も音楽も役者も超1流です!
新珠三千代(黒髪)の美しい事、岸恵子(雪女)の慈愛に満ちた笑顔。
そして後半の何と恐ろしい顔!
f0086169_2023135.jpg

これは、やっぱり美しい人でなくては、恐ろしい怪談にはならないと
思いました。

「耳無し芳一」は重厚で、源平合戦の場面等も思わず引き込まれて行きます。
スケールのデカサでは、黒澤明監督の「乱」等を思い出すが、
出来の点では、数倍もこちらの方が上であると思います。

これは、私の個人的な思いであるから、聞き流して下さい。(笑
f0086169_2039972.jpg

最後は「茶碗の中」という、ちょっと風刺がかったシャレの利いた
話で、オチを楽しむ趣向です。

この時代だから出来た贅沢さ。
そしてこの時代の役者の厚みから選び出された俳優陣だから
40年経っても褪せない新しさを放っている。

今これだけの映画を作り出すのは難しいだろうと
思います。

良い映画、心安らぐ映画はいっぱい放映されているけど・・・

制作側に「にんじんクラブ」の名があって、懐かしかったです。
「にんじんクラブ」は、確かこの時代のビック・スターである
有馬稲子、久我美子、岸恵子が3人で作った映画製作会社だったと
思います。
[PR]
by magic-days | 2008-08-12 20:02
f0086169_15283374.jpg

先日、月2回発行してる「定年時代」という新聞に、
懐かしい方の記事が出ていた。
日本のシンガーソング初期を代表する、りりィさんと言っても
若い方はご存じないでしょうが、36年前デビューされ
代表作に「私は泣いてます」がある。
f0086169_1536447.jpg

一寸かすれた様な声で、別れた人を思って歌うのだが、
男性におもねく事無い姿が、其の当時女性の共感を呼びました。

其の頃2分する様に出て来たのが、カルメンマキさん。
「時には母のない子のように」は、暗い歌でしたが
強い意志を感じさせる声とスタイルで好きでした。
f0086169_1543579.jpg

話が逸れましたが、りりィさんが主演された「パークアンドラブホテル」
ベルリン映画祭で最優秀新人作品賞を受賞したのです。

監督は熊坂 出さんで、他の作品に出ていたりりィさんに魅了されて、
彼女をイメージして書き映画にされたそうです。
f0086169_20502789.jpg

嬉しい事に歌の方も「りりィー洋士」を結成して、全国ライブハウスで
活動してあるそうです。
そして23日にCDアルバム「FROM・フロム〜ツインボーカル〜」を発売
されました。
嬉しいです!40代カラオケの18番は「私は泣いてます」と
「津軽海峡〜冬景色」でした。(笑

映画は26日より、ユーロスペース(03−3461−0211)で上演。
全国順次公開されます。


[PR]
by magic-days | 2008-04-24 15:57
f0086169_20261965.jpg

以前に録画していて機会が無く見れなかった「機関車先生」を2回に分けてみる。
原作は伊集院静。
瀬戸内海の小さな島「葉名島」が舞台である。
剣道の試合で喉を突かれ声を無くした男が、
教師としての限界を感じていた。
そこへ母の故郷の「葉名島」から臨時教員の話が来る。
彼は最後の教師生活を母が結婚前迄過ごした「葉名島」を選ぶ。
f0086169_20273781.jpg

物語は単純ではあるが、撮影が素晴らしい。

漁船が連なって、外海から帰ってくるときカーブしながら
内海に入ってくる場面は、私は強い感動を覚えた。
日本は海の国である事を思い出させてくれた。

海に浮かぶ様々の形の小さな島。
朝の海夕暮れの海。
それぞれに美しい。
そしてイキイキとした子供の表情がいい。
f0086169_20303455.jpg

島に大きなクスノキがあり、昔からの言い伝えがる。
それが紙芝居で父兄会の時に見せられるのだが、
その絵が又素晴らしい。
「安斉 将」いう方が描いたと最後に記してあった。
その紙芝居を見ながら、母親が隣の夫に懐かし気に
そっと耳打ちする場面も良かった。
何気ない仕草が、言葉よりも多くを伝える。
f0086169_2032756.jpg

教師は声が出ない。
自分の気持ちを深く礼をする事で表す。
誠実さが伝わるお辞儀である。

何かを失くした者は、
それに代わる物を与えられるのであろうか?

「先生は人を思いやる優しさを与えられた。」と
障害者学校に勤める女教師に言われる。

そう言う事はあるかも知れないと私も思いました。
f0086169_20331510.jpg

そして、こういう映画を見て思う事は生徒に教えつつ
教師も育って行くと言う事です。

もっと強く成る為に島を出て、以前の学校でもう1度頑張るという教師を
岬で送る子供達が、1人1人手話で「ありがとう」と言う場面は、
心の交流の素晴らしさを改めて教えて頂いた気がします。
[PR]
by magic-days | 2008-02-02 16:54
←menuへ