(三鷹駅前バスターミナル)
f0086169_1318942.jpg

1月14日
三鷹産業プラザにて、三鷹市と筑摩書房主催の津村節子さんの
講演会があり、行って来ました。
11月にこの方の「紅梅」に感動していた折に、市の広報誌にお知らせが出て、
楽しみにしていました。
入場は無料でしたが、先着150名と言うことなので開場時間の
30分前に行きました。
(この路の先が井の頭公園)
f0086169_13193044.jpg

開場時間までロビーで待たされましたが、その間ロビーは沢山の方が
静かに読書をしてあったのは、流石だと思いました。
私は前から3番目に座れましたが、後に立ってお聞きに成っている方も
あったそうです。

津村さんも話を進められる松田哲夫さんも、三鷹在住の方です。
市長のご挨拶が有り、ご両人が壇上に上がられました。
津村さんは80歳を過ぎられたそうですか、若々しくチャーミングな方でした。
本当に少人数の方に話される様に、静かな声で時々笑顔で
話されるお姿に好感が持てました。
(ツグミ)
f0086169_13214299.jpg

子供の頃病弱だった事。お爺さまかお父様の「明治大正文学全集」を
小学5、6年生の頃に全て読破された事。
意味も分からずただ活字を追う楽しみを見つけられたのでしょう。

大きく成られて、岩波文庫の[世界文学全集」を読む機会を得て、
これも全て読破、このときは面白くて読まれたそうです。
「カラマーゾフの兄弟」が1番心に残っていますと仰っていました。
(ツグミ)
f0086169_13232571.jpg

作品らしい作品を書かれたのは、洋裁店をやりながら、
外に遊びに出れなかった、子供時代を思い出して書いた「犬を連れた少年」で、
思いきって小さな出版社に持って行ったら、
その場で読んでくれて
「『最後のひと葉』と言う話を知っていますか?良く似ているね。」と言われ、
人まねだと思われたと感じ、がっかりしていたら、又書いて持っておいでと
言われたので嬉しかったと笑われた。
その頃瀬戸内寂聴さんも同じ出版社に作品を書いていて、
後に親しく成るきっかけとなった。
(モクレンの花芽)
f0086169_13253220.jpg

どんな時も小説を書き、書き上げた時の達成感とそれが評価を
受けた時は例えようも無い喜びだったようです。(広報誌より)
話の後半は「紅梅」の話になり、殆ど本に書いてある事なので省略します。
若い頃の本好きが高じて、本を書く事に移行して行ったのは、
極自然の成り行きであり、才能が花開いたのだと思う。
もし津村さんが病弱な少女でなく、外で元気で遊ぶ子供であったら、
本を読む時間は与えられなかったかも知れない。
そしてその才も開かず終わったかも知れない。
(カルガモ)
f0086169_13282050.jpg

余りある時間を、読書に費やした津村さんは、何かに導かれたのかも知れない。
会場に夫である吉村昭さんの本も陳列してあった。
私は未だ読んだ事は無いが、立派な人だったのだと改めて感じました。
吉村さんのご冥福をお祈りします。
そして津村節子さんのこれからのご活躍も期待します。
(ヒヨドリ)
f0086169_13334437.jpg

俳句の私家版の販売があり、サインもして下さると言われたが、
この日は娘の誕生日で、吉祥寺で待ち合わせているので失礼しました。
もしかしたら、「紅梅」もサインして頂けるかと持参したが、
この会の主催社と違うので、無理な話であった。(苦笑

  (追加)

津村節子さん略歴

作家。1928年、福井県生まれ。吉村昭は夫。
学習院短期大学部卒業。64年「さい果て」で新潮同人雑誌賞、
65年「玩具」で芥川賞、90年『流星雨』で女流文学賞、
98年『智恵子飛ぶ』で芸術選奨文部大臣賞を受賞
2011年「異郷」で川端康成賞
     「紅梅」で菊池寛賞
[PR]
# by magic-days | 2012-01-17 11:25
f0086169_22142616.jpg

先週の日曜日家族が出払ったので、1人で神田川を久我山橋から
プラプラと井の頭方面に登った。
川辺を歩くのは、大好きだ。
本当は玉川上水の様に土の上を歩きたいのだが、
今日は広々した空も見たかったので、神田川にした。
f0086169_22211733.jpg

葉がすっかり落ちた桜の木を見上げ、枝の間から覗く空を仰ぐ、
吹く風を顔に受けて佇むと、何とも言えない静けさが
満ちて来る。
向こう岸に私の影が映っている。
f0086169_22261991.jpg

たった1人のその影は何だか頼りなさそうに
護岸の壁にポツンと存在している。
何とちっぽけなんだろう・・・・
自分の小ささを知らずに、良く此処まで歩いて来た物だ。
もし途中で自分が小さい事を知ってしまったら、
大きな岩を越えられただろうか?
f0086169_22312648.jpg

何も考えない方が良いときもある。
越えたい一心で、出来得る事もあるのだと思う。

暫く行くと横道からazuに似た猫が歩いて来た。
首輪をしている。飼い猫だ。こういう風に確認する癖がついてしまった。(苦笑
f0086169_22355111.jpg

前後しながら女の人がゆっくりした足取りで歩いている。
猫は散歩ヒモを付けていない。
しかし何だか見えない糸を感じる。
私はこう言う時、ちょっと迷いながらも聞いてしまう。
「貴女の猫ですか?」と、
その人は「そうです。」と笑いながら答えた。
f0086169_22412494.jpg

きっと散歩中に1度は聞かれるのだろう。
外が好きな猫ちゃんで、小さい頃から一緒に散歩しているのだと
話してくれた。
分かれ道に来たので、「さようなら」と言うと
猫は振り返りもせず、同じ調子で歩いて行った。
f0086169_22461358.jpg

私が散歩が好きなのは、こういう出会いがあるからです。
一期一会。
何かの縁で言葉を交わし、話した事は忘れられて行く。
その軽さが、たまらなく好きなのだ。
短く終わるときも、ちょっと座りたいと思う程
長話に成るときもある。
f0086169_22512176.jpg

そんな時、私もその人も人恋しかったのだと気が付く。
知らない者同士の話は、如何してこんなに心地良いんだろう。
もしかしたら、川縁のせいだろうか?
優しい川の流れる音が、私を素直な気持にしてくれるのだろう。
f0086169_2324851.jpg

三鷹台でちょっとお茶を飲んで身体を温め、
来た路を帰って行く。
向こう岸の私の影は、少し元気に成ったようだった。

最近の私の散歩のお供は、マリさんが作ってくれた龍の小物入れ。
これは凄く好評で、この日も喫茶店で「可愛い!!」と言われて
嬉しかった。
「マリさん評判良いですよ!!」
f0086169_23221493.jpg

アトリエ・マリは、楽天でご覧戴けます。

   (追加)
momoちゃんが亡くなった時に、マリさんにmomoのぬいぐるみを作って頂きました。
汚れたらクリーニングして下さると仰っていたので、
お願いしました、その様子をブログに載せて下さいましたので、
興味がある方はこちらでご覧戴けます。
[PR]
# by magic-days | 2012-01-10 23:06
f0086169_1991197.jpg

久し振りにDVDで映画を観ました。
fusanさんのブログで紹介を受け、見てみたいと心が動きました。
それは1946年、アメリカで作られた「素晴らしき哉、人生」です。
何と私が生まれた次の年。と言うより終戦の翌年作られた映画です。
主演は「アメリカの良心」と言われたジェームズ・スチェワート。
(シジュウカラ)
f0086169_19103399.jpg

私は途中まで見て前に見た事があった事に気が付きました。
「どこから?」
それは2級天使(羽を持たない天使)が、主人公が自殺するのを助けに来る場面です。
この天使がちょっとおとぼけでいい味しています。
どうやって彼を助けるか?
それは彼より先に冷たい冬の川に飛び込み、
彼に助けてもらう様にしむける事でした。
f0086169_1913774.jpg

頭が良いです。人を助ける時に自分も難を被る。
こう言う事が出来る人は、勇気が有り助けられる身になれる人です。
この前見た時も今回もこの場面が1番好きです。
色々教わります。どんなに話し上手な人が人助けの講釈をしても
これ程私は納得出来ないでしょう。
この映画は、「幸せとは何か?」を問いかけています。
f0086169_19143722.jpg

去年の東北地震を経験して大きな打撃を受けた今、
私達は「幸せとは何か?」と問い掛けられている様な気がします。
天使は、もし主人公が生まれてなかったら、この街がどうなっていたかを示します。
自分の存在の意味を知らされた主人公は、どんなに嬉しく励まされた事でしょう。
良い映画でした。
fusanさん、有り難うございました。
(ムクロジの実)
f0086169_1915413.jpg


12月に読みました本にちょっと無理があるかも知れませんが、
表題に被ると思われますので、以下に続けさせて頂きます。
(ツグミ)
f0086169_19173533.jpg

    舟を編む     作 三浦しをん  光文社

これは1冊の辞典が完成するまでの物語です。
辞典を作る事を「編む」と言うそうです。
広い海の中に泳ぐ言葉を拾い集めて、あいうえお順にその意味を
如何に要領よく的確に載せるか?
その言葉は先ず、載せる必要があるか?
14年も掛かると要らない言葉が出てくる。
問題は次々と出て来る。地道な作業の毎日。
f0086169_19195719.jpg

しかし彼らは、新しい辞典を作るために、家族の存在を忘れ、
自分の健康さえ省みず没頭している。
私は物語よりどうやって辞典が出来上がって行くか、
その方に興味が行って凄く面白かったです。
主人公のキャラも、然もあり何と言う設定で登場人物が
イキイキと動いていました。
出来上がった時、家族と共に喜び合う。
こういう人生もあるのかと思い知りました。

(ムクドリ)    
f0086169_1921293.jpg


    君のいない食卓   作 川本三郎  新潮社

この方は1944年生まれ、文芸・映画評論の第一人者とある。
そしてこの本は「食エッセイ」の名品と位置づけてある。
私と同じ世代を生きて来た方だけに、「あ、うん」の呼吸で
物語の背景も匂いさえも漂って来る。
最近私が夢中に成る本は、ほとんどが同年輩の作家が書かれた本である。
(シジュウカラ)
f0086169_19235328.jpg

母が作った三食弁当がおいしかった。
名も知らぬ漁港で食べた魚が美味かった。
その食べ物の思い出が、作った人や一緒に食べた人の
思い出へと導いてくれる。
亡くなられた奥様が、時々川本さんが食事の支度をしていると
生前と同じ様に、笑いながら
「何でも細かく切るのね。」と言うのが聞こえて来る。
(コゲラ)
f0086169_1925915.jpg

「食は人に通じる」そんな思いが、其処此処に出て来て、
しんみりしてしまう。
それは悲しみでなく、ほのぼのと湯気の立つ食卓を前にする
川本さんの人生のスタイルなのだと思う。
f0086169_192816.jpg

1月2日朝7時
[PR]
# by magic-days | 2012-01-07 17:14
f0086169_2347476.jpg

                               画 T・I
  春よ  来い。
         
      早く来い。


f0086169_23534526.jpg

  暖かな春の日差し。

    何時迄も降り注いでおくれ。

f0086169_053635.jpg

  春の小鳥よ。

    声高く歌っておくれ。
  
  
f0086169_0152745.jpg

  水鳥達よ。

    力強く生きておくれ。

  それが、願いです。

  


  

独りよがりなブログですが、
本年も宜しくお願いします。  
  
[PR]
# by magic-days | 2012-01-01 00:20
f0086169_1958537.jpg

今年も後2日と成りました。
この12月が、如何に気忙しかったかと思い知ったのは、
ふと目が行った寝室の卓上カレンダーの写真に、
見覚えが無かったからです。
余裕が無かったのだと、思い当たる事も有り、
反省!反省である。
(この1年nanaさんから頂いた絵てがみです。
 元気も頂いています。ありがとう!)
f0086169_2036289.jpg

私はおせち料理は、その日その日に作ります。
でも黒豆だけは、そうは行かないので年内に。
何時も簡単な作り方で美味しい黒豆を作っていますが、
今年はもっと簡単になりました。(今年は600グラム)
f0086169_20133811.jpg

1晩この「Hot Cook」の中に入れておくだけで、
煮る時間がグンと短縮します。その上もっと美味しい!
これを頂いていて、今まで使わなかったのが悔やまれます。
シチューとか煮込み料理に使えるそうです。
f0086169_2019652.jpg

今年は私の人生の中でも、忘れられない年に成りました。
どうか来る年が、今年の分も良い事があります様にと
祈らずに入られません。

             皆様、良いお年をお迎え下さいませ。

f0086169_20271464.jpg

[PR]
# by magic-days | 2011-12-29 20:08
f0086169_15472479.gif

                             画 T・I

わが心は あまつ神を 尊み、

わがたましい すくいぬしを

ほめまつりて よろこぶ。

f0086169_1551513.jpg
[PR]
# by magic-days | 2011-12-24 15:51
神田川・カルガモ
f0086169_20153233.jpg


f0086169_2016662.jpg

公団住宅・猫
f0086169_20171619.jpg


f0086169_2018281.jpg

ふくら雀
f0086169_20192742.jpg

キジバト
f0086169_20201350.jpg


f0086169_20211136.jpg

ホットワイン
f0086169_20215077.jpg

ハクセキレイ
f0086169_2022525.jpg

ひこうき
f0086169_20233058.jpg

もくれん
f0086169_20241940.jpg




午前中すす払いを少し(笑)して、昼から近くのオートテニスに
初めて行きました。
大掃除何時終わるのでしょう?
f0086169_20265399.jpg
f0086169_20272728.jpg
f0086169_20275142.jpg
f0086169_20282826.jpg
[PR]
# by magic-days | 2011-12-23 20:28
今年も残り少なく成りました。
何だかゆっくりパソコンに向かう日が、少なく成った最近ですが、
散歩はしていましたので、アップしてない写真が、かなり有ります。
少しづつ年内中にブログ上に残しておきたいと思います。
高源院
(カルガモ)
f0086169_20194811.jpg


f0086169_19113230.jpg

今高源院には12、3羽のカルガモがいます。
昔私が夢中に成っていたカルガモは、ある事件があって
分からなく成ってしまいました。
(オナガ)
f0086169_19144795.jpg


f0086169_19265872.jpg


f0086169_19274330.jpg


f0086169_19282451.jpg


f0086169_19285167.jpg

オナガはカラスの仲間です。
私達が此処に越して来たときは、群れを成して飛んでいましたが、
1時すっかり鳴りを潜めてしまいました。
取って代わって現れたのが、ヒヨドリでしたが今年は
オナガが巻き返しています。
この日もオナガが15羽程五月蝿く飛び交っていました。
余りの傍若無人振りにカラスが数羽怒って、追い払っていました。
(ヒヨドリ)
f0086169_19294559.jpg

(アオサギ)
f0086169_19304415.jpg

アオサギが飛んで来た気配がなかったのに、いつの間にか松の木の上に
いたので吃驚しました。
多分首を羽毛の中に入れて寝ていたのでしょう。
カラスとオナガの五月蝿さに、吃驚して起きてしまったので、
お陰で私はアオサギの写真が撮れました。(笑
(センダン)
f0086169_19311055.jpg

池の対岸に立つ大きな木です。
これは「センダンは双葉より芳し」のセンダンとは、別物だそうです。
妙寿寺
f0086169_19321971.jpg


f0086169_19323873.jpg

高源院とは斜交いにあるお寺です。
夏でも涼しく、山の中に入り込んだ気がします。
心が安らぎます。


(干し野菜)
f0086169_19521528.jpg

白菜と大根
f0086169_19532029.jpg

干し上がった白菜を入れて、蓮根と人参

白菜は外側から使って、中側を縦に切って干します。
大根は乱切りは、烏賊や鳥手羽と煮物にします。
(根菜の炒めなます)
f0086169_19572926.jpg

千切りの大根、人参、半月切りの蓮根に揚げを開いて
4センチ長さの千切りにして、ごま油で炒めて酒、みりん、米酢、塩で
味付けし、仕上げにスリゴマを混ぜ合わせます。
白菜は八宝菜や、焼きそば、ネギと炒めてラーメンのトッピングに
ドサッと乗っけて頂きます。
夏よりも冬の方が干し野菜作りは、上手くいく様に思います。

f0086169_2031625.jpg

そして今頃良く作るのが、林檎のコンポート。
知人から毎年頂くので・・・・
私はワインでなく、林檎ジュースで煮ます。
このままデザートとして頂いたり、カレーに煮込んだりします。


慌ただしく成りましたので、コメント蘭を休ませて頂きます。
毎度我が儘で申し訳ありません。
[PR]
# by magic-days | 2011-12-22 20:08
(横長の白いのは、水を浄化する機械ですが、私は今回初めて
 気が付きました。今までは濁って見えなかったのです。)
f0086169_19523995.jpg

昨日(12/17)は、自彊術今年最後のお稽古でした。
終って先生から「良いお年を・・・」のご挨拶を受けて、
いよいよ年も押し迫った感がしました。
皆様夫々に年末のご挨拶をして、私はその足で
井の頭公園へ出向きました。
外来魚捕獲グループが、暫くしていなかった
「餌やり自粛ちらし」&パトロールを
久し振りにやられると言うメールが来ていたので、
年度末のご挨拶を兼ねて伺う事にした。
f0086169_1955469.jpg

井の頭公園駅で降りて、ホームを数歩歩いた所で、
後から襟首を捉まえられてビビりました。
「誰?」と振り返ると、何と相方のUeさん。
Ueさんも最寄り駅は久我山だから、今まで会わない方が
不思議な事なんですが・・・・
f0086169_9122119.jpg

瓢箪池を前にして、彼は「うへぇー」と奇声を発するので、
「なに?」って顔で見てると、
「木曜日に池の落葉をさらったばっかりなのにー!」と
如何にも悔しそうに地団駄踏んでる。
(瓢箪池)
f0086169_19564255.jpg

そう言えば、前日の夕方4時頃から強風が吹き、
ベランダのブルーベリーが綺麗に紅葉したのに、すっかり落としてくれたんだった。

実はこの瓢箪池に、モツゴやトウヨシノボリ等在来魚を放して
育てているのです。
この方達は、外来魚を捕獲するだけでなく、
綺麗に戻した池に、育てた在来魚を放す事を計画しているのです。
落葉を掻き集めるのは、放って置いた落葉がやがて沈み水底で
腐り水を濁らすからだそうです。
f0086169_2002482.jpg

しかしこの日の水は、凄く澄んでいて綺麗でした。
ビラ配りをしていて、何人かの人に
「如何してこんなに水が綺麗なんですか?」と聞かれたので、
さっき仕入れたネタの中から自分も納得出来た事を言いました。
分かってくれた様でした。
実は餌やり自粛もその1役をになっていると思います。
f0086169_2031195.jpg

帰りに何時もの外来魚捕獲の集合場所に行って見ました。
弁天池の土管が綺麗に見えました。

この土管の上に乗って、T代表や2、3人の男性が
ブルーギルの卵を捕獲していたのです。
この日は寒かったからか、来園者もそう多くなく、
渡り鳥もチョボチョボ、餌をやっている人も居なくて、
餌やり自粛の運動が徹底して来た確認にも成りました。
(オオバン・幼鳥)
f0086169_2044087.jpg

皆さんの長い戦いが、実を結んだ事に成りますが、
そんな事で安心する方々では有りません。
きっと又抜き打ちでパトロールを為さる事でしょう。
この日は素敵な笑顔のO嬢にも会えて本当に嬉しかったです。
T代表はアクシデントがあり、会えませんでしたが、
実は11月の下旬に、陣中見舞いに伺った時に
自転車に乗った代表にお会い出来ていたので、
それで良しとします。
(コゲラ)
f0086169_206455.jpg

T代表早く2本足で歩ける様に成って欲しいので、
ギブス嵌めたまま、自転車を乗り回すのは危ないから
止めて下さい。(笑

皆さんと「又ね!」とお別れして、駅に向かう横断歩道で
何とウエディングドレスとベールの裾を抱えた花嫁に会いました。
すれ違いざまカメラを向けて「撮って良いですか?」と声をかけると
「はーい!」と元気に返事してくれて、笑ってくれました。
最近の女性は逞しい!
f0086169_2083820.jpg

女性が逞しい国は、きっと大丈夫と根拠無く確信しました。
そう言えば、O嬢もメチャクチャ逞しい女性です。

私にとって健康を支えてくれる2つの柱が、
偶然同じ日に今年最後の日と成りました。
皆様本当にお世話になりました。
何時も感謝で一杯です。
まともに顔を見ては言えませんので、
ブログを通じて皆様のお心に発信させて頂きます。
f0086169_18101259.jpg


追加

井の頭公園開園100年(2017年5月)を迎えるにあったって、
フリーペーパーが11月から発行されています。
「いのきちさん」と言うそうです。バックナンバーも受け付けています。
かんさつ会の方々も、勿論100年に向けて頑張って居ります。
詳しくはH・Pをご訪問下さい。
[PR]
# by magic-days | 2011-12-18 16:11
f0086169_10431146.jpg

先週土曜日は、朝食抜きの検査の日でした。
ほぼ10年前は、毎度朝食抜きの検査でしたが、
こちらに来てからは、朝食抜きは初めてだと思います。
渋谷の日赤は患者が多く、予約していても随分待たされ、
未だ血糖値が落ちついてない時でしたから、
結構辛い思いをしました。
f0086169_10434599.jpg

血糖値が高く成らない様にと治療をしていますが、
本当は低血糖を気にしてないと、恐い事に成るからです。
病院の方もそれを承知で待たせるのは、
良い方法が無いと言う事なのでしょう。
(オナガ)
f0086169_10445536.jpg

今の病院は個人病院で、そんなに混まないから大丈夫と高をくくって、
病院が終わったら、自彊術に廻ろうと予定していたのですが、
土曜日の午前中は、開院時間を2、3分過ぎた時点で、
待合室には5、6人の方が既に待っていました。
これはとんだ計算違いと焦りましたが、どうしょうも無いですね。(笑
自彊術は10時半始まりですから、運が良ければって感じです。
結局間に合いませんでした。(笑
f0086169_10455182.jpg

「12月11日で東北震災から9ヶ月が過ぎました。」とテレビで
言っているのを聞いて、もうそう成るのかと早い様な長かった様な
この9ヶ月を振り返って見ると、遠く離れた東京に住む私達にも、
多大な影響を与えてくれました。
(スズカケ)
f0086169_10462333.jpg

箪笥が倒れたり、食器が床の上に落ちて割れ重なっていたり、
naoが行方不明に成っていたり(一晩naoはルーフバルコニーの先の1段低い所に
身を隠していて、朝になったら恐くて戻って来れなかったのです。)
細々した事を書けばキリが有りませんが、
落ちついた頃に、次は都市直下型地震が必ずやって来ると、
傷口に塩を塗る様な報道が出回るし、本当に神経を擦り減らす様な日々でした。
(スズカケの実)
f0086169_10472341.jpg

少し落ちついた頃、前にも書きましたが、私は血糖値が上がっていたし、
娘はアトピーを再発していました。
過去に落ちついた状態に成るまで、食生活や運動等努力をしたのに、
それが「振り出しに戻れ!」になったのです。
こういう経験を為さった方が、他にも沢山いらっしゃると思います。
人間は、本当に複雑で繊細な肉体と精神を持った生物なのですね。
それでも、もう一度やり直す力がありました。
f0086169_10482323.jpg

頑張ろうと試みて、医師と自分を信じて再度チャレンジ!です。
私は震災前の血糖値に戻り、娘は後が少し残っていますが、ほぼ直りました。
この9ヶ月は、私達に何を教えてくれたのでしょう。
健康とは、危うい物なのだと思いました。
毎日の積み重ねの上に成り立つのだとも知りました。
そしてそれでも、ダメに成る事が有る事も知りました。
(エナガ)
f0086169_10491494.jpg

1番辛かったのは、娘が痒くて眠れず「痛い!痛い!」と言って、
患部を掻く時です。
掻くと余計赤く成り、冷やすと少し紛れるのですが、
それさえも効かない時が有りました。
f0086169_105093.jpg

親としてこれ程辛い事は有りません、自分の事であれば加減も分かるし、
我慢もしようと思いますが、でも娘は良く我慢したと思います。
良い医者に恵まれ、忍耐強い頑張り屋さんが、段々希望を持ち、
治る事に期待を持ってくれた時、これで半分は直ったと思いました。
それは暑い夏が終わり、涼しい風が吹く秋口の事でした。
f0086169_1051175.jpg

それからは、本当に日に日に良く成って来ました。
途中で漢方を諦めて病院を探そうかと思いましたが、
1度綺麗に治してくれた方ですから、きっと今回も治して下さると
変えてみたいと思う心を納得させました。
今思えば、それで良かったのです。
f0086169_10515178.jpg

主人の目(黄斑円孔)も少しづつ視力が戻りました。
先日大腸癌の検査をすると言うので吃驚しましたが、
「小さなポリープがあるけど、2年後に又検査をしましょう。」と
言われたに止まりました。
(オナガ)
f0086169_10523744.jpg

新聞広告に「70歳過ぎた癌は、ほって置きなさい。」と出ていましたが、
或る意味本当かもしれないと思いました。
先日読んだ[紅梅」や「落葉隻語」を思い返しても、
あんな辛い事を70過ぎて体験はしたくないし、させたくない物だと
つくづく思いました。

この先どんな病魔が待っているか分かりませんが、
今まで学んだ事を杖として、歩いて行きたいと思う年の瀬で御座います。
[PR]
# by magic-days | 2011-12-13 20:09
←menuへ