[夜景撮影]


アドバンスシーンモードの夜景&人物モードはフラッシュをポップアップさせて発光できる状態にしないと使えないような気がします(記憶違いかもしれません)。
観察中、フラッシュを使ってはいけない場合は、ISO感度をできるだけ高い設定にして撮るしかないかもしれませんね。
またまた、きょうはこれで。
Commented by cbx400fk2 at 2009-12-13 23:52
magic-daysさん、
一般的には、星を観察するような場所では暗すぎて三脚やフラッシュなしで普通に写真を撮ることはできないと思います。とは言っても今回は公園の中ということで、街灯くらいはある思いますので、その明かさの程度によっては撮れる可能性があるかもしれません。

シーンモードに高感度モードというのがありますね。これはISOが最大で6400になるようです。試しにFZ50ですが、部屋の明かりを薄暗くして高感度モードで撮ってみたら、画質は酷いですが、一応撮れました。ちなみにAF補助光をオンにしておく必要があります。

これだったら、街灯の明るさによっては撮れる可能性があるかもしれません。撮影時、カメラの液晶は真っ暗ですが、そのままシャッターを押します。ダイヤルを再生モードにすれば、撮った画像を見ることできます。

初めて高感度モードというのを使ってみました。外に出なくても、部屋の明かりを暗くして試し撮りができます。
Commented by cbx400fk2 at 2009-12-13 23:54
高感度モード、FZ28の説明書67ページ
AF補助光、FZ28の説明書91ページ

AF補助光をオンにすると、赤い光がカメラから出ます。どんな感じは実際に試すとすぐにわかります。ひょっとしたら、現地では使えないかもしれません。
AF補助光がオフのままでは、オートフォーカスでは暗すぎてピントが合わせられません。
この場合はフォーカスをマニュアルにして、被写体までの距離でピントを調節するしかありません。

手動でピントを合わせて撮る、説明書59ページ。液晶の右側に表示される「フォーカス距離表示」でピント合わせします。
Commented by cbx400fk2 at 2009-12-14 00:05
住宅地の路上や駅前などは明かりがたくさんあり街灯もそれなりに明るいはずなので、高感度モードでなくても撮れると思います。

モードダイヤルをAダイヤル(絞り優先)、絞り値を2.8、レンズの焦点距離を広角端(27 ミリ)、ISOを1600にして試してください。露出補正はなし。この設定で試してみてください。明かりのある部分にカメラを向ければ、ピントもAFで合うはずです。カメラを向ける向きによってISOは1600でなくても800や400でも撮れるかもしれません。
Commented by cbx400fk2 at 2009-12-14 00:09
補足です。
AF補助光をオンにすると、赤い光がカメラから出ます。
AF補助光をオンにすると、シャッターを押すと、赤い光がカメラから出ます。
Commented by cbx400fk2 at 2009-12-14 00:20
高感度モードでも、レンズの焦点距離は広角端(27mm)にしてください。27mmにすると、手ブレの影響を軽減できます。
夜景


____________________________________________

FZ100 で鳥さん
鳥さんはこんな風に撮っています。
ちなみに鳥以外の撮影では「iAおまかせモード」が基本。

●鳥さんの基本的な撮影スタイル
手持ちです。
焦点距離は1012mm(画素数5M)または1266mm(画素数3M)が基本。広めに撮りたい場合は数百ミリ程度までズーム。
シャッター速度優先モードで、シャッター速度は 1/焦点距離 以上を基本。例えば、1000mm程度で撮る場合は1/1000秒や1/1300秒。できるだけ高速なシャッター速度で撮るようにしています。
中央重点測光、ISOオート(上限ISO200に設定)、ホワイトバランスは晴天またはオート、手ブレ補正モード1または2。
露出補正は頻繁にしています。
ホワイトバランスは曇りでも夕方でも「晴天」のままが多いですが、オートにしたり適宜変更したりすることもあります。

飛んでいる鳥さんを撮るときは市販の照準器を使うことが多いです。
FZ100ではテレコン未装着でも1000mm超で撮れるためテレコンは使いません。

夕方や日陰にいる被写体などの超望遠撮影で、光が足らないために手ブレを防げるだけのシャッター速度を保てない場合、少しでも速いシャッター速度になるようにするため、EXズームで画素数を下げ(画角が狭くなる)、その分だけレンズの焦点距離を短めにして(画角が広くなる、開放の絞り値が小さくなる、シャッター速度が速くなる)同じ程度の画角になるようにして撮っています。
それでも光が足りなくなった場合は、静止画的な感覚(?)で数秒程度の動画を撮っておきます。

●カメラの画質設定
画質クオリティ は JPEGの ファイン。
画質の設定は、フィルムモード:スタンダード:コントラスト:-2、シャープネス:0、彩度:-2、ノイズリダクション:-2
この設定にすると、鳥の羽の細部の写りが幾らか改善するように感じます。
ただし、画像を大きく表示しないのであれば標準設定のままのほうが良いかもしれません。表示する画像のサイズが小さい場合は、上のように変更するよりも標準設定のままのほうが見栄えの良い綺麗な画像に見えるかもしれません。

●その他のカメラの設定
AFは「1点」です。
連写は、秒5枚のAF追従連写が基本です。ただし、1枚めでピントが固定のほうが都合が良いときもあるので、そういう場合は秒5枚のAF非追従連写。
AFが「1点」では範囲が広すぎる場合は範囲を小さくします。(フォーカス範囲は小さくしたり大きくしたりできる)。例えば鳥さんの手前に枝や草などの障害物がある場合に、確実に鳥さんにピントを合わせたい場合など。

●ブログアップ時の画像補正
Photoshop Elements 4.0を使っています。
画像の横幅を1024にリサイズしています
撮影時に白飛びを避けるためマイナス気味に露出補正をして撮ることが多いですが、結果的に暗めに撮れることが多く、その場合は明るさ補正(「シャドウ・ハイライト」の「シャドウを明るく」)で暗いところを少し明るく補正することが多いです (これによってノイズが目立ちやすくなりますが)。
レベル補正で補正をすることもあります。
「中高画質」という設定でJPEG保存してアップしています。

ノイズの低減、シャープネスの補間(アンシャープマスク)、トリミングをしたときはそのことを記しています。無補正(レタッチなし)でアップすることもありますが、そのことは記したり記さなかったりです。

上のように撮影や補正しているため、ここの画像はFZ100画質の判断には不向きです。

基本的な設定のまとめ
■鳥さん以外を撮るとき、iAおまかせモード
■鳥さんを撮るとき
工場出荷時の設定から変更した項目
●フィルムモード:スタンダード:コントラスト:-2、シャープネス:0、彩度:-2、ノイズリダクション:-2
●ISO感度上限設定:200  必要に応じて400や800
●ホワイトバランス:太陽光またはオート(AWB)
●プリAF:OFF
●AF/AEロック切換:AF
●測光モード:中央重点測光
●手ブレ補正:MODE1(連写設定時は MODE1かOFFしか選択できない)
●AF補助光:OFF
●連写:5枚/秒AF追従(必要に応じて 5枚/秒AF非追従)
以下は、工場出荷時の設定のまま
●クオリティ;ファイン
●ISO感度:AUTO
●個人認証:OFF
●オートフォーカスモード:中央1点
●暗部補正:OFF
●IR超解像:OFF
●デジタルズーム:OFF
●フラッシュ
# by cbx400fk2 | 2010-11-10 20:32 | こんな風に撮ってます
[PR]
# by magic-days | 2004-09-02 11:19
f0086169_22471112.jpg
f0086169_22475567.jpg
f0086169_2248837.jpg

3羽は、同じカルガモ連続行動です。
[PR]
# by magic-days | 2004-09-01 22:46
f0086169_23321256.jpg

編集上、投稿日時を2004年にしています。
ご了承下さい。
[PR]
# by magic-days | 2004-05-27 23:31
←menuへ