<   2011年 10月 ( 7 )   > この月の画像一覧

(カルガモ)
f0086169_18332550.jpg

「夏の日の思い出は心のゆりかご」     作 柳田邦男    平凡社
先日の「雨の振る日は考える日にしよう」に続いて、
作者が薦める51冊の絵本が紹介されています。
この方の文章は、力強いようで優しく、何ものにも影響されない確立した思いが
伝わって来ます。
今回は「心の故郷」を主題に選ばれています。
「心の故郷=愛」と言う図式が、この方の中で出来てる様に思えます。
読んでみたいと思う絵本は、幾つもありましたが1つだけご紹介させて下さい。
(ムクドリ)
f0086169_1945511.jpg

それはミヒャエル・エンデ([モモ」の作者)の文による「テディベアとどうぶつたち」です。
   主人公はアエルと名付けられたテディベアです。もう年老いてつぎはぎです。
   ある時「君はなんのために生きているの?」と尋ねられ、答えられませんでした。
   それで家の外に出て、ミツバチや白鳥、サルに尋ねます。
   それぞれに答えるべき物を持っていました。
(上の写真をトリミングしました)
f0086169_22413720.jpg

   最後にゾウに聞くと反対に「きみも、魂を持っているだろう?」と言われます。
   しかしアエルの身体には、パンヤとかウレタンしかなく、
   アエルは悲しく成ってしまいます。
   その時貧しい女の子に「私の所に来ない?」と誘われます。
   「よろこんで」と返事した時、アエルの胸の辺りがとっても暖かく成ったのです。
   女の子はアエルにキスをしました。
どんなに暖かいキスだったでしょう。私は思わずアエルに「良かったね。」と言って
抱きしめたく成りました。
作者はこう書いています。
   「何の為に生きるか?」答えは「それは、愛だ。」と・・・・
(キチョウ 秋型)
f0086169_196920.jpg

「峠うどん物語 下」         作 重松 清    講談社
本と言う物は不思議な物です。登場人物と読者である私が、
過去に知り合った人に似た人が出て来る事があります。
又私自身である事もあります。
第7章に出てくる町医者の榎本医師は、昔子供たちがお世話になったY先生に
似てあるので、懐かしくて一気に読んでしまいました。
(十月桜?)
f0086169_22431823.jpg

この本で町医者の限界や、患者を最後迄看取れず大きな病院に、
預けなければ成らない悔しさを、初めて知りました。
榎本先生は、患者を大きな病院に渡しても、患者の容態を何時も気にかけ、
亡くなった知らせを受けると、その年の年賀状は「失礼します。」のお知らせに変わります。
(10月桜?)
f0086169_2026148.jpg

そして榎本先生は、最愛の奥さんが癌で逝く時、奥さんの希望でギリギリ迄
自分で看病して、息子さんが務める総合病院に手渡すのです。
息子さんは、そう言う父親にもう少し早く渡してくれたら、
もう少し生きられたのにと言われます。
しかし最後には息子さんにも榎本先生の気持は届くのです。
その他に峠うどん屋の店主のおじいさんとヤクザの友情等、
「峠うどん物語・下」は今回も波瀾万丈です。
(我が家の杜鵑)
f0086169_19393853.jpg

[朝鮮王朝の歴史と人物」            作   カン・ヒホン    実業之日本社
今私がのめり込んでるテレビ番組は、韓国歴史ドラマ「イ・サン」と「トンイ」です。
こんなに面白い物とは思いませんでした。
1つ困った事は、2つとも日曜日の夜ある事です。
「トンイ」はBS夜9時から、「イ・サン」は1時間おいてNHK1チャンネル11時からなのです。
(朝鮮朝顔?)
f0086169_22453044.jpg

11時から見るのは辛いですね。途中で寝てしまう事があるので、
録画しながら見ます。(笑
その上聞き慣れない役職や約束事が飲み込めない。
私みたいな人が居るのですね。この本が出た時に飛びついてしまいました。
書かれた方は、在日韓国人二世で韓流エンタメ総合誌の編集長を務めてあります。
(エンジェルストランペット)
f0086169_203969.jpg

韓国には「朝鮮王朝実録」と言う、27代の王の時代の事件や人脈が事細かく
記録された物があります。それはその当時の王も関与出来ない事はもとより
見る事も出来なかった物だそうです。
この本を読んでトンイの息子が、イサンの物語の中で英祖と言う王様だと知りました。
歴史物語は大体史実に沿っていますが、面白く脚色されてもいます。
ですが登場人物は、実在の名前で登場しているそうです。
この本を読んで韓国歴史ドラマが100倍面白く成りました。(笑


今回?マークが多過ぎますね。
何方か花の名前ご存知の方、教えて下さい。
[PR]
by magic-days | 2011-10-29 15:23
先日宮前図書館からの帰り道、
余りの雲の美しさに、空を仰いで帰りました。
(2:51)
f0086169_1524370.jpg

          空があんなに青いのは
          たくさんの悲しみをすいこんだから
(3:19)
f0086169_1532552.jpg

          雲がそれを食べ
          ふくらませ
          昇華して
(3:42)
f0086169_1542377.jpg

          青い光に還元していく
          だから
          雲は
(4:18)
f0086169_1551022.jpg

          同じ形だったことはなく
          同じところにとどまることもなく
(4:22)
f0086169_1562277.jpg

          永久に
          悲しみを咀嚼して
(4:37)
f0086169_15765.jpg

          そのために
          まぶしい光をいっぱいたたえている
(5:18)
f0086169_1575163.jpg

写真間の詩は、私が大好きな絵本作家「いせひでこ」さんの
エッセイ「七つめの絵の具」から、
抜粋しました。



最後の1枚は、帰宅後バルコニーから望んだ秩父山山系です。

更新後イメージが沸き、タイトルと構成を変えました。
既にご覧だった方、ごめんなさい。
[PR]
by magic-days | 2011-10-28 15:08
(ヒドリガモ)
f0086169_20472727.jpg

この鴨は「ヒドリガモ」です。
この写真は10/17に神田川で撮りました。
この鴨は冬鳥ですから、私は吃驚しました。
もう北から渡って来たのだろうかと、
確かにこの何日か温度は低めですが、冬鳥が渡って来るには
早すぎる気がします。
(イイギリ)
f0086169_2055932.jpg

もしかしたら、夏を日本で越したのでしょうか?
神田川に沿って特に夏は、日陰が無く歩く事が無いので、
私が見なかっただけかも知れません。ちょっと判断出来ません。
羽を痛めてる様子は無い様ですが・・・・
川岸に立つ「イイギリ」が、赤い実を重た気に下げています。
「イイギリ」は雌雄異株で、実が成るのは雌株だけだそうです。
美しいのが雌株と言うのは嬉しいです。
美しい雄鳥ばかり見てるので・・・(笑
(キセキレイ)
f0086169_212484.jpg

実はこの日は定期検診の日でした。
この日頂いた検査報告書は、9/24に採血した物で、6.6%でした。
参考のため過去の値を見ると、
  採血日    ヘモグロビン値
  3/11   6.7%
  4/04   6.7%
  6/03   7.5%
  7/29   7.3%
  9/24   6.6%
(キセキレイ)
f0086169_21173883.jpg

3月の検診日は3/11ー震災の日でした。
この日帰宅して暫くして地震に見舞われました。
その次の4月の採血分も変わらず6.7をキープしています。
5月は多分4月末が検診日だったので、同じ月に2度は採血が出来ないので
記録が残っていません。
しかし6月の採血分は、急上昇しています。
(キセキレイ)
f0086169_21234474.jpg

私が震災のストレスから、肉や甘い物を節制無く身体に入れたのは、
多分4月頃からだったと思います。
そして医師に注意を受けて、食生活を戻したのは7月頃からだったと思います。
しかし、数字として現れたのは9/24に採血し、今回報告が有った分です。
ただ自分なりに良く成って来てるのは、自覚症状は有りました。
食生活を戻して約3ヶ月で値が戻りました
(カルガモ)
f0086169_21324122.jpg

その間反省は無かったです。
あの時肉と甘い物が私を支えてくれたと思っていますから・・・
ただ今回の検診の時に医師が
「今だから言うけど血糖値が上がった時、私は本当にがっかりしました。」と
言われたときは、本当に申し訳なかったと思いました。
病気は私の努力だけで快方に向かっているのではないと言う事は、
日頃から感じていたからです。
(ツマグロヒョウモン)
f0086169_21434441.jpg

生活習慣病は悪く成るのは気が付かないうちに悪化し、
気が付いて改善してから、ある期間経たなければ良い数字は出て来ないと言う事が
身に滲みて分かりました。


「キセキレイ」は神田川で見られると言う事は聞いていましたが、
私は今回初めて、見る事が出来ました。
すばしっこく一時もじっとしてない鳥ですが、
私も負けずに川岸を静かに(笑い)走りました。
やっと3枚と言いがたいですが、一応カメラに納めました。
次回はバッチリ頂きたいです!
[PR]
by magic-days | 2011-10-21 21:45
f0086169_13265026.jpg

自彊術を初めて丸4年が過ぎました。
気負い無く始めたのが良かったのか、余り休みもせず続いています。
皆様のお仲間入りも焦らず、淡々と何と言うか
スープの冷めない距離(古い!)で、お付き合いさせて頂けたのも、
大きな原因の様な気がします。
f0086169_13334053.jpg

先日のお稽古日は、途中で疲れたら横で休ませて頂ければ良いと思いながら、
扉を開けると先生がもういらっしていた。
それも左手を肩から釣ってある。
「どうなさったのですか?」とお聞きすると、
ちょっと苦笑いされて、[骨折しました。」と腕を擦られた。
f0086169_13384953.jpg

3週間前(その間補助の先生が来られていたが、私達には訳は
伝えられていなかった)、朝起きて立ち上がった瞬間目眩がして、
倒れたのだがその後の事が記憶になく、
気が付くと手首が痛くて、病院に行ったら骨が綺麗にポキンと
折れていたのだそうです。
所謂複雑骨折で無かったから良かったと
明るく仰るが、大変な痛みであったろうと思う。
f0086169_13445013.jpg

皆様がいらっして、先生に「今日はお休みにしましょう」と言うけれど、
「大丈夫。この教室から手始めにやらせて下さい。」と後に引かれない様子なので、
「では、号令だけで・・」と年長の方が仰って、稽古が始まったが、
先生は片腕だけで、ご自分も体操を為さった。
自彊術を知り尽くされているから出来る事であるし、
指導する事に強い情熱を傾けてあるのを、
改めて知らされました。
f0086169_13543981.jpg

洋服の脱ぎ着や、靴下を履く事。
食事の時の不便、買い物をしてお支払いの時に財布からお金を出せない。
使えなく成って気付く事の多さを、お話ししてくれました。
皆さんも深く頷きながら、他人事ではないと肝に命じて
聞き入っていらっしゃいました。勿論私もです。
(神田川)
f0086169_2123551.jpg

何時もは自転車でいらっしゃるのだが、今日はご主人様の車での
送り迎えだそうです。
先生は何処に行くにも自転車でいらっしゃいますので、
それが出来ないのが、悔しく歯がゆいと顔をしかめて地団駄を踏む勢いで
おっしゃったのが、私にはお可愛いくて、微笑ましく思われた。
(紫苑)
f0086169_2122511.jpg

上の5枚の写真は、10/3に神田川で待ち合わせをして時間が有ったので、
川っぷちをブラブラしていたら、2階屋の屋根に飛び降りたアオサギに出会いました。
ほんの一瞬で、直ぐに浜田山の方に飛んで行ってしまいました。
神田川は逆光で、随分暗く成っていますが3時か4時頃だったと思います。


川岸風景追加
f0086169_14221310.jpg

f0086169_14224295.jpg

f0086169_1504593.jpg

[PR]
by magic-days | 2011-10-16 14:23
(コゲラ)
f0086169_207175.jpg

朝ベランダを掃いてると、「ジィー、ジィー」と
コゲラの声が聞こえた。
急いで下の桜の木を見ると、少し向こうの方に居た。
玉川上水でも何度か声を聞いていたが、姿を確認出来なかった。
この秋初めてのお目見えです。
「秋が来たんだなぁ〜」としみじみ思う。
(カラスウリ)
f0086169_20122611.jpg

良い季節になったのに、身体が怠くて極日常的な仕事をこなすのが
精一杯のこの頃です。
水曜日の外来魚捕獲も休んでしまった。
2週続いて雨が降ったので、久しく皆さんにも
お会いしてない。
(薄)
f0086169_20165684.jpg

土曜日の作業結果がメールで入るので、様子はそれとなく分かる。
水温が低く成ってオダ網での捕獲は終了したと言う事だった。
何だか置いてけぼりを食った様な淋しさが残る。
まだ釣りでの作業はやってある筈だから、行けばお会い出来る。
この半期お世話になったお礼も言ってないので、
捕獲以外の仕事も有る様なので、元気が出たら伺いたい。
(キバナコスモス・ヒメアカタテハ)
f0086169_2025587.jpg

今年はよく頑張ったと思う。何より嬉しいのは捕獲した外来業の
集計や使った用具の後片付け迄残ってやれた事だ。
去年は捕獲迄しか出来なかった。
1時になると「お先に!」と失礼していた。
未だ半人前と自分に言い聞かせていた。
f0086169_20342729.jpg

今年も最後がこんな風で、尻切れとんぼだから、
中々1人前に成れない。

人から見れば、たかだか外来魚に何でそんなに
夢中に成れるのだと、笑われそうだが、
(キバナコスモス)
f0086169_2039216.jpg

それはやってみなければ、分からない事だと思います。
1年目は1ヶ月に1回も参加しなかったと思います。
家の事情、私の健康の事情、気持の事情。(笑
それでも続けられたのは、たまにしか来ない私を毎週来る他の人と
変わらない笑顔で迎えてくれたOさんやUさん。
無愛想だけど文句も言わないT代表。(笑
(ローズマリー・モンシロチョウ)
f0086169_2047976.jpg

同じ1つの目標に向かって頑張っている人たちは、
本当に素敵でした。
私はまだまだ「あまちゃん」です。
でも心の何処かで、自分はこれで良いと思っているのです。
年を考えれば、させて頂くだけでもありがたい事です。
これ以上は無理だと私が1番知っています。
(萩)
f0086169_20523048.jpg

それでも来年も今年と同じ位やりたい物だと思っています。
もっとやりたいと欲をかくと、反対の方へ行っちゃいそうで
恐いですよ。(笑
他の方に迷惑をかけない様に、1日でも多く参加したい物です。
(オオウラギンヒョウモン)
f0086169_2142933.jpg


写真4枚目からは、9/7近くの花園で撮りました。
掲載する機会が無くて、今回時期遅れですが掲載しました。
カラスウリと薄は、玉川上水で最近撮った物です。
[PR]
by magic-days | 2011-10-12 21:16
f0086169_2275727.jpg

買い物帰り、玉川上水の兵庫橋に来ると、
私は決まって下を覗く。
以前、この辺によく来ていたコサギが、
このすぐ横に自動車道のモデルが作られる事に成り、
木の移植や即席の歩道や自動車道が
バタバタと作られた為人の出入りや、植木や機材を運ぶトラックが
往来する五月蝿ささは、コサギにも我慢出来なかったのか、
姿を見せなく成った。
f0086169_22155223.jpg

それでも私は、何時も兵庫橋を渡る時に、下を覗いて見る。
それは習慣と成っている。
そして私のその行為に対して、神様はご褒美をくれる時があるものだ。
買い物の荷物を抱えていたが、
コサギを認めた時、足下に荷物を静かに置き、
欄干にカメラを据えた。
f0086169_221975.jpg

コサギは、気配を感じて動きを止めて、こっちを伺っていた。
少し傾いた日差しが、いい具合に暗い両岸の木々に覆われた
川底に光を入れてくれた。

「又時々此処に来てくれてるんだね。
私はすっかり諦めていたんだよ。
でも本当に此処に自動車道が出来たら、
君はもう此処には来なく成るんだろうね。
淋しいと思うのは私だけだろうか?」
f0086169_22204514.jpg

昔の神田川や玉川上水の事を、写真を撮ってると
寄って来て話して聞かせて下さる。
私もいずれ言うのだろうか、
「2、3年前迄は、此処にコサギが餌を探しに来てたんだよ」と・・・
そんな事を思うだけで、何だかとても淋しく成ってしまう。
f0086169_2225256.jpg

コサギは私が害のない人間だと判断すると、
餌を探し始めた。
f0086169_22264924.jpg

そして私が認める事が出来ない早業で、魚を物にしたようだ。
この喉仏の太さ!
此処に自動車道を造る事にしゃかりきに成ってる人たちは、
この川が、コサギの餌場である事を知らない。
カルガモ達が遊びに来てる事だって知らないだろう。
f0086169_2237045.jpg

そして川を挟んだ両岸の木々に、シジュウカラやヒヨドリが木の実を
食べに来ているのを知らない。
なんて淋しい人生なんだろう。
こんなに美しい鳥を自然の中で見る事が無いなんて・・・
f0086169_22412280.jpg

子どもたちには、この風景を残して見せてあげたい。
100年先の子供たちにも。


f0086169_10172580.jpg

6枚目の写真をトリミングしてみました。
何を捕ったのか判明出来ませんでした。

*******************************************

この道路計画は、放射5号道路計画と言う名前で
勧められています。
以前は別のルートで計画されていたのですが、
住民の反対に合い、いったん中止に成っていましたが、
今回別ルート(上水を挟んで)で計画を始めました。
しかし、以前の計画は今だったら実行出来る可能性が大きく
高速道路下に、道が出来ているのです。
そこを再検討無しに、自然破戒をして迄
立ち退きを要求して実行している訳です。
此処を終の住処と決めていた住民の声を無視しての
実行としか私には思えません。
この事に関して、長い事運動して下さっている方がいらっしゃいます。
玉川上水・久我山だより」に詳しく記録してあります。
ご興味が有りましたら覗いて見て下さいませ。
(Reiさまへのレスから切り取り貼らせて頂きました。)
[PR]
by magic-days | 2011-10-06 22:48
f0086169_2047872.jpg

宮前の図書館に行っていたら、
前を粋な2人連れが歩いて行くではないか。
「あれは祭りだよ。どう見ても。」
f0086169_20505784.jpg

少し行くと太鼓の音がお腹に響く。
「こっちだよ!」とまるで手招きしている様に。
f0086169_20533787.jpg

紅白の幕で覆った派手な車に、可愛い囃子方さんが乗っていた。
上手なバチさばきに感心してしまう。
f0086169_2104580.jpg

どんどんひゃらら、どんひゃらどんひゃら・・・
f0086169_2153511.jpg

「なんだ!何か聞こえるぞ!」
「向こうの方からだ。行って見ようぜ。」
f0086169_219315.jpg

「高い所の方が見えると思うけどね。」
f0086169_21115724.jpg

「見えて来たぞ!見た事も無い様な大きな鳥だぞ!」
「ド派手な鳥だなぁ」
f0086169_2115110.jpg

「鳥は鳥でも、あれは鳳凰だよ!」
「長い事見てると目がつぶれるぞ!」
f0086169_21181995.jpg

「あれ又、ちいせい鳳凰だぜ。」
f0086169_21204057.jpg

「あれを見ろよ。もっとちせいのが来たぜ!」
「可愛いもんじゃないか。」
(マユミ)
f0086169_21243042.jpg

「いいね。この所辛気くさかったじゃない?
 やっぱり、こうじゃなくちゃね。」
「あんまりはしゃいじゃうと、種が飛び出しちゃうわよ。」
f0086169_2136151.jpg

「うふふ、そうだったわね。未だ早いもんね。」
「散るにゃ早いって事よ!」(笑
「あのムクドリに、食わせて運ばせるんだった。」(笑


祭りの笛太鼓は、懐かしい香りと甘酸っぱい思い出を乗せて
街中を練り歩く。

元気を出して、
1歩1歩踏みしめて、楽しく行きやしょう!
[PR]
by magic-days | 2011-10-01 21:46
←menuへ