<   2009年 09月 ( 12 )   > この月の画像一覧

f0086169_1952848.jpg

今回のテーマは「渡りの夏鳥を探そう!」でした。
キーポイントは、シジュウカラだそうです。
何故でしょうね?
f0086169_18551433.jpg

集合場所に行く途中で、上の写真の鴨が目にとまりました。
あわてん坊の私は、マガモと思ってしまいました。
「わぁー、マガモが帰ってる!」と大喜びで係の方に一寸お話したら、
どうも、違ったらしいです。
マルガモだそうです。
マガモとカルガモの間に出来た鴨をマルガモと言いますが、
私が知ってるマルガモは、明らかにカルガモの方の血が濃い鴨が
多かったです。
f0086169_1995466.jpg

                 (コサギ)
こんなにマガモに似たマルガモは、初めてです。
では、何処が違うか?
それは、嘴の色だそうです。
マガモは嘴の付け根迄黄色。
カルガモは、半分黄色。
そしてこの子は、三分の二が黄色です。
マルガモは、個体に寄って渡りだったり留鳥だったりの様です。
f0086169_1965564.jpg

これは、ハシビロガモです。
渡りから帰ってきたばかりか?
まだ何日も経っていないと思います。
お疲れの様ですね。
f0086169_199423.jpg

さて、本題に戻って夏鳥を探すには、「シジュウカラ」と「混群」が
ポイントだそうです。
シジュウカラの仲間は、コガラ、ヒガラ、ヤマガラが居ます。
1番知られてるのが、多分シジュウカラです。
そのシジュウカラの群れの中に、他のガラ族(?)が行動を共にしています。
その中から、シジュウカラを除いて行けば、目指すコガラ達に
f0086169_19235329.jpg

会えると言う事なんですが、これは実際には私には不可能です。
シジュカラは15センチでヒガラは11センチです。
雀は14センチですが、動きは雀の倍の早さで動き回ります。
それらが、高い梢を木の葉の上をシュシュシュと動き回るのです。
無理です!お手上げ!(笑
f0086169_19245377.jpg

これは、蜘蛛の餌を蜂が取ろうとしています。
暫し睨み合っていましたが、最後には蜂が退散蜘蛛は餌を取り返しました。
実際に見ていると、迫力ありました。
f0086169_1927431.jpg

今日は小鳥の森の側でサルサ?サンバ?の大会があっていて、
打楽器の軽快なリズムが流れていました。
ツツドリやキビタキを朝見た方もあるらしいのですが、
これでは、逃げちゃいます。(苦笑
f0086169_19413319.jpg

余り私は収穫はありませんでしたが、夏鳥の習性や見つけかたを
学びました。
鳥を撮るためには、1に観察、2に観察でございます。
これは、嶋田忠さんも申されて居りました。
 鳥は追ってはいけない。
 鳥は待ち受けるもの。
f0086169_1942786.jpg

女性を得るときの要領でございます。(笑
だから場所はあちこち行くより、鳥が来ると睨んだ同じ場所の方が
確率が高そうです。

今日井の頭池で、もう1つ期待していたのは、高源院で見た5羽の
オシドリがもしやここに帰って来てないかと言う事でした。
残念ながら居ませんでした。
f0086169_1951441.jpg

                (神田川の蜘蛛の餌取り)
会が終わって、私は神田川に廻りもしやとオシドリを
探しましたが居ませんでした。
と言っても私は、三鷹台から坂を登り玉川上水を下って帰りましたから、
本当のところは、分かりません。
彼らは、今何処にいるのでしょう?
f0086169_19423914.jpg


それにしても良く歩きました。
帰り着いたら2時でした。
お疲れさまでした!(笑


最後の3枚の野草は、玉川上水で撮りました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

クリント・イーストウッド監督、そして最後の主演映画となるかも知れない
GRAN TORINO」のDVD購入しました。
彼らしい映画であり、人種を隔てて愛し合う事は何も特別な事でない。
と語りかけている様でした。
彼の監督映画を全て見ていますが、一貫して言っている事は、
信頼と人間愛である様に思います。

初めてのテレビドラマ「ローハイド」の『ぼうや』と呼ばれていた
若造から、今日迄1人の人間の歩みを見せられて来た様な充実感を伴う
映画でした。感無量でございます。
[PR]
by magic-days | 2009-09-29 19:04
f0086169_22172144.jpg

連休の最後の日、交通渋滞に畏れを成して遠出を控えていたが、
やっと少し空いて来たので、人並みに出かけようと思います。
でもやはり近場が良い!
と言う事で、「神代植物公園」に行って来ました。

2時頃出掛けましたから、駐車場はそろそろ帰る人も居て、
何とか確保出来ました。
f0086169_22275695.jpg

ダリアやバラ園を通過して、野草園に向かいます。
その途中で大きな池に差し掛かりましたので、
此処で一寸撮影タイム。(笑
まだ睡蓮が綺麗でした。

葉の上に、黄金色の蝶が・・・
羽が痛んでいますね。
f0086169_22343329.jpg

池が雑木林の中を小川の様に流れている所で、
カイツブリに逢いました。
何度も何度も水中に潜って餌を探しています。
f0086169_22372692.jpg

でも私が見てる間に餌を銜えて来ませんでした。
此処も、餌が余りない様です。
池に戻って、先に進む事にしました。

野草園に着きました。
この一帯は、本当に山道を歩いている様な錯覚を覚えました。
3人とも思い思いに歩いて、自然を満喫しました。

野草園の花や木の実
ツルボ
f0086169_22405024.jpg

アキチョウジ
f0086169_22423224.jpg

イヌショウマ
f0086169_22434564.jpg

フサフジウツギ
f0086169_22532914.jpg

ゴンズイ
f0086169_2256057.jpg


在分ゆっくりしていたので、陽が少し傾き、
そろそろ帰りましょうかと、今度は池の反対側を歩きながら
戻る事にしました。
f0086169_2313616.jpg

先程の池に戻って来ると、逆光に映える睡蓮が見事でした。
思わず佇んでしまいました。

先ほどカイツブリが居た小川で、又会えないかと思って
水面を捜しましたが、場所を変えた様です。
f0086169_23442161.jpg

小川に架かった小さい橋の上に佇んで眺めていると
娘が「あの枝に停まってるのは、何て言う鳥?」って
指を指す彼方を見ると、確かに小鳥が居ます。
肉眼では、判別がつかないのでカメラを向けて、
望遠を利かせると、何とカワセミでした。
f0086169_2322362.jpg

神代植物園にもカワセミが居ると聞いていましたが、
会えるとは、何と言う幸運でしょう!

向こうは私達に気が付いていない様です。
水面をじっと見ています。
f0086169_23242014.jpg

餌を探している様です。
しかし、水に1度も飛び込まない所を見ると、
先ほどのカイツブリさんと同じく、
餌に成る魚は居ない様です。

「後ろを向いて!、綺麗なコバルトブルーの背中を見せて!」と
祈りましたが、向きを変えてくれそうにありません。
f0086169_23274873.jpg

一か八か、橋を渡り後方から狙ってみました。
見事な後ろ姿が撮れました。

でも私の気配に気が付いた様で、こちらを睨んでいます。
f0086169_2325512.jpg

そして、飛び立って行きました。
ごめんね、食事の邪魔をしちゃったね。

娘のお陰で、久しぶりにカワセミさんに会えて
良いお土産が出来ました。
感謝!
[PR]
by magic-days | 2009-09-26 15:52
f0086169_20492433.jpg

久しぶりにオシドリに会いました。
最後に見かけたのは、多分井の頭池でなかったかと思います。
こんな所でお会い出来るとは、本当にびっくり!
f0086169_20552794.jpg

これは、どちらも雄ですが羽の模様が違います。
雄は産卵期に向けて、相手を捕まえる(言葉が悪いですが、
分かりやすいのでご容赦!)ために、美しく変身します。
f0086169_2122595.jpg

変身の進み具合も個体差があるのでしょうか?
別の鳥の様に模様が違います。
それにしても、良くこんな模様を作られた物だと
感心します。
f0086169_2152055.jpg

こちらは、待ち受ける雌鳥たちです。
雌鳥は、模様は変わりません。夏の間雄と雌の区別がつかない位に
雄鳥は限りなく雌鳥に近い模様に成ります。
f0086169_2183745.jpg

そして、9月頃からだんだん雄らしい羽色に成るそうです。
此処にいたのは、雌3羽と雄が2羽でした。
多分、この場所は通りすがりだと思います。
木陰の暗い場所から出て来ようとしません。
f0086169_21122622.jpg

先住さんがいるか?
危険な動物はいないか?
探っているのでしょうか?
f0086169_21141068.jpg

オシドリは、生涯同じ番で通すと言う報告と、
産卵と抱卵期の最初の方だけで、子育ては雌だけで行い、
番を解消すると言う報告があるそうです。
f0086169_2118325.jpg

それにしても、何故雄鳥は姿を変える必要があるのでしょうか?
目立つ色をしていると敵(人間も含めて)の標的に成るからでしょうか?
もしそうだとしたら、その危険を覚悟した上で産卵期に向けて
美しく成って行く訳ですね。
f0086169_21201762.jpg

種族を残して行くために、多かれ少なかれどの生物も、
危険を覚悟して望んでいるのでしょうか?

(追加)
今朝(9/24)念のため確認に行きましたら、
やはり、オシドリの姿は見られませんでした。
神田川か井の頭池かに行く途中だったのでしょう。


********************************************

自然観察の部屋の「自然のできごと」が更新しています。
[PR]
by magic-days | 2009-09-23 22:16
「玉川上水にて」
f0086169_1631566.jpg

f0086169_16314140.jpg

f0086169_16322250.jpg

f0086169_16325925.jpg

f0086169_16363371.jpg

f0086169_16374492.jpg


最近良くこの様な場面に遭遇します。
この子達は、最後の力を振り絞って、自分たちの種を残すために
命を縮めているのでしょう。

立ち位置を変えようと動いた時に、
人影に気付いて場所を変えましたが、
離れずそのまま飛び、少し離れた地に着地しました。

この子達の願いが叶って、
来年の春、無事に冬を越して美しい羽を広げます様に!

玉川上水は、命を育む水路です。

この蝶は、ツマグロヒョウモンと言う名前だそうです。
whitepigionさんが書き込みして下さいました。
有り難うございます。
花にしろ蝶にしろ、名前を知らないので、ご存知の方のこういう
書き込みは、本当に感謝です。
有り難うございました。
[PR]
by magic-days | 2009-09-21 16:50
f0086169_16152545.jpg

高源院の彼岸花です。
前にも蕾をアップしましたが、
やはり、彼岸花はこれ位開いたときが、
この花の美しさが現れる気がします。
f0086169_16192617.jpg


f0086169_16194116.jpg


f0086169_1620677.jpg


f0086169_1620239.jpg

[PR]
by magic-days | 2009-09-21 16:21
前ページより続きです。
f0086169_1930279.jpg

暫くして、宮下橋を渡りそのまま神田川を離れて、
緩やかな坂を登ると右手に久我山稲荷神社が見えてきます。
前に1度通りかかった事がありますが、
時間が無くて中に入った事はありませんでした。
f0086169_19462189.jpg

急な階段を上ります。
登り切って振り返ったのが上の写真。
f0086169_19482858.jpg

これは、もう少し行って振り返って見た3つの鳥居です。
1番奥のは、階段下に立っていますので、
上の部分しか見えません。
さて境内は、人影がありません。
子供の声がしたのは、右奥隣が幼稚園の様です。
f0086169_19534326.jpg

稲荷神社と言うだけに、狛犬でなくお狐さんが左右に
供えてあります。
私達が子供の頃は、神社でよく遊んだ物ですが、
それにしても、この神社は木々が覆い被さる様に
枝を広げて暗く、子供の遊び場と言う感じでないですね。
f0086169_19575350.jpg

見渡すと一寸離れた所に、建物があったので近付いてみると
中々立派な舞殿がありました。
f0086169_2004481.jpg

神楽とか舞ったのでしょう。
昔はこの辺の鎮守の森として、慕われていたのかも知れません。
中々歴史を感じる佇まいです。
f0086169_2035721.jpg

本殿に戻って側の木を見上げると、実が沢山成っていました。
何の木だろうと思ってると、立て札がありました。
無患子(むくろじ)の木でした。
自然観察でこの実を拾って、植木鉢に植えているのを
思い出しました。
f0086169_2094764.jpg

未だ芽は出てきません。
「堅い種だから難しいよ。」と言われました。

静かな境内の向こうから元気な子供の笑い声が聞こえ、
何と趣のある神社ではないかと
思える様に成りました。
夏と秋に御祭礼がある様です。

[追加]

f0086169_14313267.jpg

今日(9/19)自彊術の帰りに久我山駅の方に出ましたら、
久我山橋の上にこんなのが、飾ってありました。
何か気分出ます。(笑
f0086169_14314632.jpg

近くの掲示板にこんなポスターも、
盛り上がると良いですね。
[PR]
by magic-days | 2009-09-18 20:14
f0086169_19144337.jpg

先日久我山駅に行く途中で、行く手の電線にシジュウカラが止まってくれた。
如何にも「練習してみるかい?」と言う風に毛繕いまで
始めてくれた。
f0086169_1915292.jpg

勿論、ご好意に甘えて試験台に成っていた戴いた。
最近思い出すのが、その年初めてのスケート教室の事。
毎年の事ながら、滑れる様に成った頃シーズンが終わる。
次の年、「去年私は滑れたんです!」何て事は通用しない。
だから、「おいちに、さんし」と歩行訓練。
f0086169_19154683.jpg

歩ける様に成ると、擦り歩き、片足で一寸長く滑ってみる。
そんな風にして感覚を取り戻した。
今はそんな心境です。(笑
「もういいかい!」と言ってシジュウカラは、飛び去って行った。

坂をトコトコ降り切ると、神田川に掛かる久我山橋が見える。
そこから左に折れて、神田川沿いを歩く。
f0086169_1930115.jpg

                            (紫式部)
左岸には、ちょこちょこと広場がある。
何人かの人が木の葉を掻き集めている。
空を遮っていた木の葉が落ちて、そこから澄み切った
秋空が顔を見せている。
f0086169_19372934.jpg

神田川を覗くとカルガモが気持ち良く寛いでいる。
水の中に身体半分もぐって何かを捜している。
カルガモは、水草や小さな羽虫しか食べないと思っていたが、
小魚や貝を食べると知った。(高源院鴨日記’09、9/1)
f0086169_19374548.jpg

貝殻共に飲み込み、胃袋で砕くのだそうだ。
驚いた!
それを教えてくれたのは、気まぐれさんだが、
気まぐれさんは某サイトで見たのだそうだ。
その某サイトと言うのが、自然観察の前身で「明日も自然観察」だと言うから驚いた。
f0086169_19381173.jpg

世の中は廻り回っているんだね。
自分をはっきり嘘偽り無く出していれば、きっと何処かで
大切な物と繋がれる。

写真と言えど人柄は出る。
恐いと思うが、それをよすがにサイトでの出会いがある。
[PR]
by magic-days | 2009-09-17 19:52
f0086169_1356353.jpg

林の中から鳥の鳴き声が聞こえて来て、
鳥達が私達の目に触れる様に成って来た。
私もコンデジにテレコンを付けて出かけよう!

久しぶりにテレコンを付けると、その重さにため息が出る。
感覚が鈍っている。
ブレるし、ピントが合わない。

又1から出直しだ。(涙
f0086169_22573541.jpg

f0086169_1414454.jpg

この2枚は同じ鳥なのに、何かが定まらなかったのだろうか、
全く違う鳥の様だ。
全く情けない。
f0086169_144133.jpg

オナガ
f0086169_145744.jpg

f0086169_1462073.jpg

ヒヨドリ(高源院)
f0086169_1472770.jpg

f0086169_1474693.jpg

ヒヨドリ(散歩途中)

夏の間姿を消していたヒヨドリが帰ってきた。
そしてあんなに沢山居たムクドリが姿を消して行く。
やがて、ツグミや百舌も帰って来るだろう。
それ迄に、テレコンに慣れておかなければ、
逃げられてしまう。

鳥撮り本番がやって来る!

****************************************************************************

9月の自然観察会は9/27日です。
参加者募集が始まりました。こちらです。
気の早い鴨が渡って来ているかも知れません。
皆元気に帰って来てくれるかな?
[PR]
by magic-days | 2009-09-14 14:12
高源院の彼岸花
f0086169_13242085.jpg

f0086169_13245096.jpg

f0086169_13252574.jpg

f0086169_13254895.jpg

シロバナマンジュシャゲ
f0086169_13274610.jpg

たますだれ
f0086169_13382751.jpg

f0086169_13385091.jpg

トンボと薄
f0086169_13403723.jpg

f0086169_13411283.jpg

化粧花
f0086169_13452165.jpg

水引
f0086169_13463451.jpg

[PR]
by magic-days | 2009-09-13 23:57
f0086169_22413638.jpg

azuが珍しくベランダに出て行く。
一足出た所で、前に進まないで伺っている。
変化を感じないと、そろりと歩いて
睡蓮鉢の中を覗いてる。
魚でも居ると思ったか・・・
f0086169_22452590.jpg

「azu、その水飲んだらダメだよ!」と
声をかけると、振り向かず耳だけこちらに向けた。
猫の耳は面白い。
潜水艇の監視鏡みたいにくるりと動く。
f0086169_22483378.jpg

そんなazuをクールに見つめるnao。
この2匹の関係は、微妙絶妙である。(笑
仲が良いのか、悪いのか?
確かな事は、お互いの存在を認めていると言う事だ。

認めてもらえない子が約1名。(笑
でも、彼女は彼女なりに幸せそうに暮らしている。
f0086169_22533222.jpg

昼から図書館に行く。途中のスーパーの前にラブちゃんが2匹
繋がられている。
「ご主人さま、遅いです。何かあったのかしら?」
f0086169_22561587.jpg

「なーに、心配するこたぁないさ。」と
もう1匹が答えてる。(笑
最近動物の声が聞こえて来るんですよ。(笑
嘘です!
f0086169_22594529.jpg

夏休みが終わって、図書館は又静かに成った。
空いてる席を、直ぐに確保して読みふける。
気が付くと2時間近く読んでいた様だ。
家では、如何しても読書に集中出来ない。
f0086169_237083.jpg

散歩を兼ねて此処迄歩いて来るのも丁度良いし、
帰りに途中の生協で買い物が出来るのも都合がいい。

今読んでる村田喜代子「ドンナ・マサヨの悪魔」は、
意外性があって面白い。
あと数ページで読み終わる。
娘のお腹の中の孫が、主人公に語りかけて来るのだ。
f0086169_23165489.jpg

その声色の不気味さから、彼女は「悪魔」と呼んでいるが、
其処には、愛情が感じられる。
婿さんがイタリア人で、そのキャラが好ましい。
村田さんは、私と同じお歳で福岡出身の芥川賞作家である。
9/27にBSハイビジョンで、彼女の原作「蕨野行」が
恩地日出夫監督で映画化されたのだが、それが放映される。
これも今から楽しみにしている。
f0086169_23274348.jpg

上の絵手紙はjyuntonanaさんが、今年になって私に送って下さった
絵手紙です。
こういうお付き合いに成って2年が経過しました。
忘れずに送って下さるお気持ちに感謝!
お力を戴いています。
今、夏のお疲れが出てらっしゃる由、
お大事に為さって下さい。

****************************************************************************

9月の自然観察会は9/27日です。
参加者募集が始まりました。こちらです。
気の早い鴨が渡って来ているかも知れません。
皆元気に帰って来てくれるかな?


[追加]
f0086169_20423073.jpg

moyoの近況です。
私は、元気よ。
azuちゃんとは、馬が合わないと言うのかな?
ママも何とか頑張ってくれたけど、
合わないモノは、合わない。
仕方ないよね?
f0086169_20424660.jpg

そのお陰で、私この部屋戴いちゃった。
と言ってもおねえさんの勉強部屋なんだけど、
仕事の間は、大人しく見てるだけ、
触りたくてウズウズだけど、
見てるだけでも楽しいのよ。(笑
猫に分かるかって?
馬鹿にしないで、アートは私の専門分野よ!
[PR]
by magic-days | 2009-09-10 23:50
←menuへ