<   2009年 05月 ( 19 )   > この月の画像一覧

f0086169_11321066.jpg

狭いベランダですが、季節の花が随分咲きました。
今朝開き始めた百合です。
多分3年目だと思います。
f0086169_11342886.jpg

百合は切り花として使う為に植えました。
夏の花のない時期にと思ったのですが、
意に反してこんなに早く・・・

散歩をしていて目に付くのが、最近は鳥でなく
小さい虫や蝶です。
花にとっては、受粉を助けてくれる
恩人です。

f0086169_1137273.jpg

f0086169_11381618.jpg

f0086169_11383842.jpg

f0086169_11393698.jpg

f0086169_11405048.jpg

f0086169_11411664.jpg

f0086169_11412835.jpg

f0086169_1151190.jpg


3枚目のバジルに停まった虫の写真のみ、
ベランダで撮りましたが、他は牟礼散歩で撮りました。
懸命に生きている事が、いじらしいです。


お知らせ

井の頭公園のバンが2度目の産卵を迎えようとしてます。
詳しくは、井の頭自然観察の部屋をご覧下さい。
[PR]
by magic-days | 2009-05-31 11:42
f0086169_22161746.jpg

私のカメラは、Panasonic FZ28です。
重さは450グラム。
これに上の写真のテレコンバージョンレンズを付けて、
合計の重さが800グラム。

一眼レフを使ってある方からしたら、「そんなもん!」と
言われそうだが、私は何処に行くにも下げて行く。
f0086169_2049295.jpg

スーパーの帰りには、これプラス何キロかの野菜や日用品になる。
最近肩が凝って来て、それがこうじて歯に来たらしい。
歯医者には成る可く行きたくないが、
必要とあらば行くつもりです。

その前に肩こりから来てる事を立証したい。
それで、カメラ本体だけ持ち歩く事にした。
f0086169_20494886.jpg

つまりテレコンを外して、450グラムを下げて歩く。
10日程して歯痛が軽くなった。
実はFZ28を買ったとき、気まぐれさんが
「これだったら、場合に依ってはテレコンの必要はないのでは?」と
仰っていたのを思い出したのだ。
f0086169_2050553.jpg

その事を気まぐれさんにお知らせしたら、
もっと良い事を教えて下さった。
このカメラの有効画素数は、1010万画素。(486mm)
これが1番キメの細かい美しい画像が撮れる。
だが5M(正確な画素数は分かりませんが、大体半分)にすれば、
望遠力がアップすると教えて頂きました。(690mm)
f0086169_21284230.jpg

早速カルガモさんを、モデルにやってみました。
上から10M、5M、0.3Mの3段階でやってみました。
多分見る人が見れば、0.3Mは画像が荒いのでしょうね。
私には分かりませんが・・・
f0086169_21324912.jpg

これを上手に使い分ければ、余り苦労しないで良さそうです。
近い物は10Mで、遠くて何の鳥さえ分かれば良いのであれば、
0.3Mで敢えて撮っても良いじゃないかと、
思った訳です。
f0086169_21334881.jpg

私は、芸術写真を撮るつもりはないので、
何か分かれば良いのです。
記録写真でも綺麗方が良い。
f0086169_21342548.jpg

しかし目指す物が何か分からなければ、問題にならない。
綺麗な青葉の中に何か居るじゃダメなんです。
誰でもそうとは限らないと思います。
f0086169_21352639.jpg

鳥がそう言う森の中に居ると言う事を
伝えたかったら、10Mで良い訳です。
色々選択出来ると言う事が分かったのが、
f0086169_21355650.jpg

私にとって凄く有り難いです。
有り難うございました。


写真はベランダのフルーツトマトとその花。
   同じく茄子とその花。
料理は、前日にラタトゥイユの残りで作ったオムレツ。
   キュウリとインゲンのマヨネーズ和え。
   主人が留守の夜娘と2人の女の夕ご飯です。(笑
[PR]
by magic-days | 2009-05-29 21:07
f0086169_2139131.jpg

                    (オシドリ親子)
先日の雷雨で心配だった神田川の親子を捜しに行く。
復習すると
マルガモは4/26日、オシドリは5/15日に
ヒナが初めて確認出来た日です。
ついで5/20にマルガモ5羽。オシドリ7羽確認。

今日は、三鷹台から神田川に出て川を登る事にする。
f0086169_2146261.jpg

先日見つけた同じ所にオシドリも鴨達も居た。
ただマルガモの親がどれか分からない。
成鳥が3羽居た。
その中で1羽のヒナの傍に居たのが親だろう?
1枚目のヒナの写真は、割とはっきり姿を現したマルガモのヒナ。
f0086169_2151542.jpg

これも大きさから言って、マルガモのヒナだと思う。
1羽は大分疲れている。
そうすると3羽しか残っていない事に成る。
f0086169_22484589.jpg

      (マルガモの親だと思う。顔を中々上げてくれなかった)
川が1番怖いのは、雨である。
ヒナ等ひとたまりも無く流されてしまう。
マルガモのヒナは、もう背中に小さな羽が生えてる。
まるで天使の羽のようである。
f0086169_2156051.jpg

オシドリのヒナは、まだママの傍にいるから、分かりやすい。
前回は雄鳥は居なかったが、今日は同じ所に居たが、
ヒナの傍に行ったり、雌鳥と一緒に並んだりする所は見られなかった。
f0086169_22213831.jpg

随分先日の雷雨でやられてしまっている。
原因はそれだけと決めつけられない。
雷雨から日が経っているから、何とも言えない。
彼らには敵は多いだろう?
f0086169_22384536.jpg

そこから少し登った所に、これは菖蒲でしょうか?
良い事がないので、お慰めに何枚か載せました。
f0086169_22253674.jpg

気分が少しでも晴れればと思います。
f0086169_222633.jpg

季節のお花は又格別心に染みますね。
f0086169_22261763.jpg



神田川のオシドリとマルガモの安否を、寄り正確にご存知の方は
お知らせ頂ければ、嬉しいです。

_________________________

お知らせ

高源院の鴨日記Ⅳを更新しました。
リンク欄から行けます。
[PR]
by magic-days | 2009-05-27 21:58
f0086169_22314623.jpg

一寸前の話しで恐縮ですが、三鷹台の駅から入った所に
絵本の古本屋さんがあります。
1度入ってみたい物だと思っていたのですが、
ガラス戸に絵本の表紙が貼ってあり、
中が見えないので、入るのに勇気が要る。
f0086169_22351357.jpg

だが、時満ちて機会が訪れましたね。
店の前にセール本が置いてあって、
娘が買うと中に入って行ったのです。
私もそろりと付いて入りました。(笑

主は、おじいさんでもおばさんでもなく、
綺麗な女性でした。(笑
f0086169_2239790.jpg

娘と主は気が有ったと言うか、合わせて下さったと言うか?
愉快そうに話していたので、私は店内を探索。
沢山の絵本を、綺麗に収納してあり、
汚れない様にビニール・カバーがかけてある。
「何かお探しですか?」と、声をやっと掛けて下さった。
f0086169_2245955.jpg

鳥の本が欲しいと言うと、
直ぐに薮内正幸の「野鳥図鑑」を取り出して下さった。
そして、もうすぐ吉祥寺美術館でこの方の原画展があると
教えて下さった。
話しているうちに、この方の本に対する知識の深さと
本に対する拘りが伝わって来た。
f0086169_22501159.jpg

ガラス戸に貼って有るのは、中の商品が日焼けしない為の
苦肉の作らしい。(笑

他にも欲しい本は沢山あったが、拘りの本らしく
古本と言えどお高いのだ。
薮内正幸の本は、一寸ブームらしく、
定価と変わらない。(苦笑
f0086169_2255080.jpg

美術館には、最終日の前日の5/22に行って来ました。
素晴らしかったです。

この方の絵は、もしかしたら愛鳥週間の広告(サントリー提供)で
ご覧になったり、切手、絵本の挿絵でご存知かも知れないですね?
f0086169_22594056.jpg

今同時進行で嵌ってるのが、この方ですね。
文章が大好きです。
鳥に対する気持ちも優しく、同等で対してある。
図書館の「暮しの手帖」でお会いしてから、
前回に引き続き「鳥と語る夢」を抱えています。

何かに興味を持ったら、あらゆる方面から責める。
これは私の物や人物に向かう鉄則でございます。(笑
1面から見ても、理解出来ないと思っています。
面数が多い程理解も深まるのではないでしょうか?


山梨の白州に
薮内正幸美術館があります。
1度行ってみたい者です。
[PR]
by magic-days | 2009-05-25 23:06
f0086169_23161844.jpg

近くのスーパーに食後の果物を買いに出て、
狭い道なので、塀に沿って歩いていたら、
「ちっちちち」と沢山の小鳥の声が聞こえて来た。
f0086169_23222771.jpg

「シジュウカラの鳴き声だ!」が、
姿が見えない。
その家は角地だったので、
塀の角を蟹さん歩きで移動しながら、
木の茂みの少しでも開いてる所を
背伸びしたり、屈んだりして見る。(笑
f0086169_23265578.jpg

人が見たら、何と思うだろう?
いや、それよりも家の人が窓の中から
気が付いたら、何と思うだろう?
f0086169_23293759.jpg

何年か前だったら、とても出来なかった。


恥ずかしい事である。
何かに夢中になると、恥も外聞もない。
しかし、どんな事をしても良い訳はない。
f0086169_23321140.jpg

慎みが無ければいけない。
鳥を脅かしてはいけない。
あー、しかし夢中になると、
その節度を超えてしまう。(苦笑
中のシジュウカラが、私に気が付いて
飛び出して来た。
f0086169_23375018.jpg

下手っぴーだから、全部どころか1羽しか撮れなかったが、
5、6羽居たのだ。
もしかしたら家族だったかもしれない。
一家団欒を邪魔したね?
ごめんね!
[PR]
by magic-days | 2009-05-24 23:39
f0086169_23343656.jpg

「夢でも見ているのかい?」
今日は、なんて気持ちが、いい日なんだろう。
風が心地いいよ!
もう少し寝かせて・・・・
f0086169_23375090.jpg

「うん?誰か僕の名を呼んだ?」
僕の名前は、何だったろう?
思い出せない。
優しい声だけが、耳の奥で木霊している。
f0086169_23404699.jpg

「おや、お前は誰だ?」
見慣れない顔だなぁ。
俺様の昼寝の邪魔をしたのは、お前か?

昔、俺を何処かで見かけた事はないか?
f0086169_23435827.jpg

おっととと、何でお前なんかに話しかけたんだろう?
危ない、危ない。
さて、長い事寝てたから、身体が固まっちまったぜ。
f0086169_23465366.jpg

少し解してと・・・
良い季節になったもんだ。
俺様も餌を捕りに行かなくなって、
どれくらいになるかな?
野鼠が通っても、餌に見えなくなっちまった。(苦笑
f0086169_23513157.jpg

もう少し寝るとするか、
もしかしたら、夢の中で俺様の名前を
呼ぶ奴が居るかもしれない。

黒猫は、夢の中で自分の名前を呼ばれたのだろうか、
しきりに返事をしていた。
いい顔をしていた。

÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷÷

追加記入(5/24)

pegionさんとsuukoさんの書き込みで話題になった
bumpの「K」をこちらで聞けます。
ちょっと音が悪いですが、
こういう事もあるんですね・・・
書いた私も吃驚です。
[PR]
by magic-days | 2009-05-22 23:56
____________________________________________

釣り人の不注意の犠牲になった鳩の記事が、気まぐれさんのサイトに更新されました。
一寸衝撃的な写真ですので、無理にとは申しませんが、
私としては1人でも多くの方に、見て頂きたいと思います。

____________________________________________


f0086169_1413019.jpg

上の写真は、5/15日に神田川で撮ったカルガモ親子の写真です。
高源院のヒナよりかなり大きかった様に思います。
同じこの場所にごちゃごちゃと小さいヒナが紛れ込んで来て、
吃驚しました。
オシドリの親子でした。
f0086169_145617.jpg

もう少し増しな写真を撮りたくて、2度程行ったのですが、
姿が見つからないのです。
多分葦の茂みに隠れているのだと思うのですが、
会えないです。
f0086169_14101665.jpg

2キロ満たない公園前から久我山迄の間を、時々柵に足を掛けて
川底を覗いているのですが、
鳴き声も聞き取れない。
f0086169_1494326.jpg

先日、やはり私位の方が井の頭の方から、川を覗きながら
下って来たので、「ヒナいましたか?」と尋ねると、
「いないのですよ。どちらからいらっした?」
「三鷹台からです。見逃したかも知れませんが、
 居ませんでしたよ。久我山迄下ったのかしら?」
f0086169_14143121.jpg

顔を見合わせて、苦笑いして左右に分かれました。
この日は、吉祥寺に用があったので、一緒にお探しする訳にいかなかった。
取水口の池にハクウンボクだろうか?
花が水面に浮かんで綺麗だった。
f0086169_14194394.jpg

絵が描けたらと思いながら、カメラに収める。
吉祥寺で用を済ませ、池の回りを少し歩いていたら、
お茶の水の橋の上で、さっきの方にお会いした。
「いました?」
「いなかった!何処に行ったのかしら?」と
 本当に残念そうにおっしゃる。
f0086169_1424468.jpg

「どちらからいらっしゃってるんですか?」
「三鷹からです。」とため息混じりにおっしゃる。
三鷹からだと、私の倍の道のりを歩いてらっしゃる事になる。
そこまでして・・・そう思う私の思いを察してか、
「本を読むばかりの毎日でした、ある日神田川で
 カルガモの親子に会ったのです。
f0086169_14284670.jpg

 それからは、毎日気になって会いに来ました。
 そして、こんな素敵な公園がある事に、
 今迄気が付かなかった事が、 悔やまれました。
 せめて、この池で巣を作ってくれたら・・・」
その方は、井の頭の池を見渡しながらつぶやく様に
おっしゃいました。
f0086169_14545593.jpg

「これから、お帰りですか?」
「ええ、万助橋に出て『風の散歩道』を帰ります。
 又お会い出来たら、・・・」最後迄言わずお別れしました。
後ろ姿を見送りながら、その方がバックも何も持たず、
手ぶらである事に気が付きました。
f0086169_14332541.jpg

弁天池で、カイツブリでも居るかな?と見ていると
大きな鳥が飛んで来て、木に停まりました。
そしてあっという間に飛び去りました。
ゴイサギでした。
足跡を止めない様な素早さでした。

先ほどの方が、踵をスッと返され歩き去られた姿が
又心に浮かびました。

____________________________________________

ゴイサギは、本来夜行性の鳥と言われています。
井の頭の通称「ゴイサギ島」にいつも群れになって、
眠っています。
こういう行動的なゴイサギを昼間見たのは、
初めての事です。

____________________________________________


昨日家人より吉祥寺に集合命令(笑)あり、
その前に神田川に寄りました。
かんさつ会の方に偶然お会いし、マルガモ(カルガモではないそうです)と
オシドリ親子の無事を確認しました。
f0086169_814193.jpg

ヒナ7羽。5/15より減っています。
f0086169_8141871.jpg

親子とも餌取りに夢中でした。

マルガモ5羽。無事でした。
[PR]
by magic-days | 2009-05-20 15:01
f0086169_22131195.jpg

先週の土曜日は午後から自彊術の教室だった。
午前中の家事をバタバタ済ませてると、時間は早、
昼食の時間である。
1時に家を、出なければいけないので、
中々慌ただしい。
f0086169_23144596.jpg

今日は、どう言う訳か3人である。
こういう日は、先生の目は細微に行き届く。(笑
コブシを握っての動作でも、親指が拳の中に
握り込んでいるかを見逃さない。
f0086169_2335730.jpg

一通り終わった所で、
私に「第5動、そろそろ皆さんと、おなじやり方でやりましょうか?」
と仰った。
実は私は、この第5動と29、30動は、
急にやると腰を痛めたり、段階を踏んでやった方が理解し易いの
2点から、初心者のやり方で免除されていた。
f0086169_22312665.jpg

しかし、もうそろそろ解禁だろうとは、思っていた。
「じゃ、来週からね。腕が下がってないから、大丈夫やれますよ。」と
励まして下さる。

それから毎日、少しの時間鏡の前で練習を始めた。
f0086169_22342759.jpg

1日目は、本を見てやっても、問題にならない位酷かった。
しかし、少しづつこうではないかと、頭で理解出来た。
それからは、何とか形になって来た。
しかし、号令を掛けながらやると、時々蓄音機の
螺子が切れた時みたいに、動きが流れてしまう。
f0086169_22391344.jpg

土曜日迄に何とか、せめて号令に合うスピードで、
付いて行ける様にしたい。

夕方から雨になると言っていたが、何とかもってくれた。
自彊術を始めた頃は、帰宅したら何も出来ない位疲れた。
f0086169_22443695.jpg

夕食もなおざりな物や、見かねた娘が「何か食べに行こう!」と
言ってくれるので助かった。
しかし、今は一寸休憩したら、直ぐに台所に立てる様になった。
歩く距離も少しづつ遠くでも平気になった。

何をするにも体力だと思う。
1年でも長く元気に鳥を追っかけて、
自然の中を歩き回りたいものです。
そこにどんな出会いがあるか、愉しみではないですか!
f0086169_2382251.jpg

鳥は、ハクセキレイです。
前2枚が雄。後の2枚は雌だと思います。
神田川にて。

直ぐ上の1枚は、マンション前にて。
ハクセキレイは、アスファルトの上を歩いていたりします。
夏には数少ない狙い目の鳥さんです。(笑
[PR]
by magic-days | 2009-05-18 22:54
f0086169_19214842.jpg

            (奥がママ、手前が新しいママ)
覚え書き

5/24新しいママのヒナ   8羽
    この日カラスが蓮の葉に乗っていたヒナを
    かすめ取ろうとした。
    吃驚して声を上げてしまったが、
    結果それでヒナを取らず、向こうの木の上に飛んで行った。
f0086169_19241217.jpg

            (手前からママ、子ガモ、ヒナ)
5/25昨夜雷雨。
    鴨池に着いた時、成鳥2羽のみ。
    10分程して、新しいママとヒナ7羽現れる。
    その後5分程して、ママとコガモちゃん元気に現れる。
    他にパパと番いが居た。
f0086169_1927235.jpg

             (これがその番いで翌日卵を孵したと思われる)

5/26門を入った時頭上を鴨が飛んで行った。
    まだ早いのか、池は静かだった。
    「ぴーぴー」と言う声がして、子ガモちゃんが現れる。
    ママもパパも一緒じゃなかった。
    暫くして、新しいママとヒナ6羽が出て来た。
    子ガモちゃんは1羽だけ離れて向こう岸に向かって
    泳いでいる。
f0086169_19303483.jpg

               (子ガモ)
    その時パパとママが着水。
    私と入れ違いで出て行ったのは、この2羽だったのか?
    もしかしたら、この間の番いを追っ払って来たのかも知れない。
    ママは、直ぐに子ガモちゃんを探しに泳いで行った。
    子ガモちゃんと一緒になった所で、
    私も引き上げる。
f0086169_19321847.jpg

               (ママと子ガモ)
5/27もう1グループの番いがヒナを返したと言う。
    私はまだ確認していないが、どうも昨日の事の様だ。
    今朝最初に見たヒナは7羽だった。
    確か昨日6羽だったのに、数え間違いだったのかと
    思ったが、そう言えば番いで傍に居た。
    もう1羽成鳥がウロウロと追われていたが、
    あれが新しいママだったのか?
f0086169_19333721.jpg

                (新しいママとヒナ。何羽残ってるか確認出来ず)
    ママとパパは最近朝早く何処かに行ってる。
    その間子ガモちゃんは、小さいヒナに追われて
    離れて行っていた。
    ママは戻って来ると流石に子ガモちゃんを
    探しに行っていた。
    今日もダイサギが来ていた。
    ヒナ騒動を尻目に、悠然と餌探し?
f0086169_19355084.jpg

                (ダイサギ)

今、写真を挿入しながら振り返って見ると、26日孵した親は番いで
ヒナの面倒を見ている。
2番目の親はママ1羽で面倒見てる。
あの小さな島の穴の中が、どうなっているか分からないが、
3所帯が子育てするには、無理があると思う。

結果雌1羽で育ててる2番目に孵化させた新しいママが、
1番大変だろう?
f0086169_19483815.jpg

              (睡蓮の花に顔を埋める子ガモ)
2所帯の時は、仲良くやっていたのだが、
3所帯目が加わってどう言う力関係に成るか心配だ。

今はまだ1番新しい番いが気が立っているから。
やはり強い。
子ガモちゃんもこの番いのヒナに追いやられていた。
パパとママも最近は何時もぴったりくっ付いている訳ではない。
どう言う訳か分からないが・・・
f0086169_19555161.jpg

                (子ガモ)

パパも今朝番いの雄に追いまくられていた。
それは、2番目のママが孵した辺りでも、パパは2番目のママに
追われていた。

少しこの時期が収まれば落ち着くと思いたい。
[PR]
by magic-days | 2009-05-17 19:01
f0086169_2131114.jpg

久しぶりにダイサギがやって来ました。
池に入って餌を採っていましたが、何を思ったか
何時もカルガモが毛繕いしたり、
亀が甲羅干しする板の上に、飛び移りました。
f0086169_2172764.jpg

親子はそそくさとその場を離れました。(笑
やはり、ヒナが居ますから、ママとしては当然の行動だと思います。
f0086169_21101412.jpg

流石に亀さんは、逃げれませんでした。
でも、ダイサギさんと言えど、
これは嘴がたたないのではないですか?(笑
2、3度試みていましたが、諦めて毛繕いを始めました。
f0086169_21135951.jpg

鳥の毛繕いを見ていると、こちらも本当に
穏やかな気持ちに成ります。
彼らがゆったりとした感じで、丁寧に始めると言う事は、
回りに敵が居ないと言う事だと思います。
f0086169_2117417.jpg

ダイサギさんは、まだ夏毛でないですね?
目先の色も変わってませんし、嘴の色もまだ黄色です。
飾り羽もまだ生えてきてないですね。
f0086169_21213881.jpg

親子も安心して、一寸離れたとこで毛繕いを始めました。
ヒナもいっちょこまいに、始めましたよ(笑
f0086169_21241181.jpg

パパは流石に男ですね。
鷺の直ぐ傍で、悠々と始めましたよ。
今朝は、今にも雨が落ちて来そうでしたが、
素敵な朝を戴きました。
f0086169_21274480.jpg

こんな大きなダイサギが居ると、小さないざこざは影を潜めます。
皆ダイサギに礼を尽くしているのでしょうか?
カラスも姿を見せませんでした。
何処かで、シジュウカラが高らかに鳴いていました。
今日の平和を約束する様に・・・・・
[PR]
by magic-days | 2009-05-16 21:36
←menuへ