<   2009年 03月 ( 16 )   > この月の画像一覧

f0086169_227285.jpg

昨日の日曜日は風は少し冷たかったけど、
良く晴れた気持ちのいい日だった。
f0086169_21511148.jpg

吉祥寺で用を済ませて、人ごみを避けて井の頭池を横切って
小鳥の森に来かかった時、玉川上水に向かって眩い
白いウエディング・ドレスの花嫁の1団がやって来た。
f0086169_14325491.jpg

橋の上で記念写真を撮る様だ。
橋の欄干に花嫁と花婿は、片手を重ねて愛を誓うと言う
設定らしい。
f0086169_2245473.jpg

美しく明るい花嫁である。
まるで、今咲きほころばんとする桜の様に
輝いている。
f0086169_2294452.jpg

正に人生最良の日である。
通りかかりの人々も、祝福の眼差しを贈り、
笑顔を投げかける。
f0086169_22111513.jpg

中年の夫婦は、昔を懐かしみ、
若い恋人達は、自らの姿を重ねて、胸弾ませる。
子供達は、ただはしゃぎ回る。
f0086169_2214449.jpg

まるで、芝居の一幕の中の出来事の様だ。
私が、ここを離れれば、すべては夢の様に儚い。
現の事でありながら、何故か現実味がないのは、
ここが自然の中だからかも知れない。

仲睦ましい番いの鳥が、
大空に向かって羽ばたいて行くのを
旅の無事を祈りながら、
何時迄も眺めていた。


                       (写真掲載は、許可を取ってあります。)
[PR]
by magic-days | 2009-03-30 22:33
f0086169_16334316.jpg

昨日は嬉しい事があった!
私は、この6、7年かな?正座が出来なく成っていた。
足首が堅くはあったが、座れない訳ではなかった。
ところが、ある頃から右の親指の根元が、ガチガチに堅く成って
正座が出来ない!
f0086169_16373623.jpg

吃驚して、娘に言ったら、足裏マッサージを勧めてくれた。
毎日何年かやってるうちに、少し親指が回る様に成った。
でも正座は無理でした。
f0086169_16445034.jpg

ところが、昨日最後のご挨拶の時正座をしてみたら、
「出来た!」嬉しかったけど、黙っていた。(笑
まだ、稽古で十分身体をほぐした後でないと、
正座は無理な事は分かったから。
f0086169_16494073.jpg

自彊術を初めて1年半で、足首も親指も回る様に成ったのだから、
きっと、近いうちに正座も出来る様に成るに違いない。
そう思いながら、ほくそ笑んでると先生が、
「○さん、随分馴染んで来ましたよ。」と
声を掛けてくださった。
f0086169_16552952.jpg

「ありがとうございます!皆様に元気を頂いて居ります。」と
言うと前の方が
「何を仰るの、貴女が1番お若いのよ!」と言って笑われた。
その1番若い私が1番ダメなのである。(苦笑

何も言わなくても、私の言葉の足りない所も
私の気持ちも分かって下さっている様な笑顔を
向けて下さっていたので、嬉しかった。
f0086169_174174.jpg

稽古場の空気に、馴染んで来たのと、
自彊術が身体に馴染んで来たのと、
こんな事は、同時に来る物だと思う。

慌てない事。
時間が必要な事は分かっていたが、
やはり嬉しい。


推定

親指が膠着した原因は、多分糖尿病の悪化であり、
血液の循環が悪く成ったのだと思います。
今回の事は、身体の中からと外からの治療が
功を奏した結果だと思います。


写真は、メジロ以外は高源院にて。

(鳥は上から、シジュウカラ、シメ、ムシクイ、メジロ)
 
  ムシクイは何ムシクイかは判別つきません。

f0086169_2341427.jpg


「私はもしかしたら、ウグイス?
       だったら、嬉しい!」
[PR]
by magic-days | 2009-03-29 19:19
f0086169_1164610.jpg

井の頭の桜が咲き出しました。
ここ牟礼より一寸早いみたいです。
f0086169_119649.jpg

ヒヨドリ、「これは俺の木だよ!」と
主張してるみたいです。
何だか子供の頃の悪ガキを
思い出した。(笑
f0086169_11115688.jpg

こういうボヤーとした景色が好きです。
これは、春しか見れないですね。
何の目的も無くダラダラ歩いていると、
それだけで、幸せな気分。
f0086169_11144712.jpg

シジュウカラのサエズリは、心地良いおしゃべりを聞いているみたい。
「あそこの野原は、今お日さまキラキラだよー」
「ヤッホー、じゃそこで落ち合おう!」
f0086169_11183036.jpg

そんな会話が、私達の頭の上を行き交ってる。(笑
春は小鳥にとっても、待って居た季節。
暖かいと言うだけで、生命の芽生えを感じる。
そうだ!
そう言えば、鳥達が巣を作り始めたよ。
f0086169_11222647.jpg

水も動き始めた。
温く成って来たよね。
噴水を見ても寒いと思わなく成った。
f0086169_1126062.jpg

ほらっ!
こんな所からも、水が溢れ出してる。
地の中も動き出したんだね。
f0086169_11263324.jpg

池の水が光り出したね。
魚も活発に泳ぎ出した。
この間産まれたカイツブリのヒナも
大きく成ったよ。
もうすぐ、巣立ちだね。
[PR]
by magic-days | 2009-03-27 11:34
f0086169_9261045.jpg

又,冬に逆戻り。
こんな風に身体も心も揺さぶられるのには、
閉口してしまう。
f0086169_9285920.jpg

長い穏やかな登り坂を、ゆっくりゆっくり回りの景色を眺めながら
歩いて行く様な人生は、望んでもないのだろう。

煩悩を捨てて、生きた昔の人さえも、
やはり修羅の道に迷い込んで行く。
f0086169_9342333.jpg

してみれば、私等及ばない世界である。
欲もある。望もある。長生きもしたい。健康でいたい。
その為に何かを犠牲にし、誰かに嫌な思いをさせて居るかも知れない。

それを知ったとき,平気かと言うとそうではない。
f0086169_938818.jpg

多分人1倍気にして、自己嫌悪に陥るだろう。
そこから足掻きもがいて,脱出する為に
私は、何かを拭い落とし、手には泥の中に咲く
花を握っているだろう。
f0086169_946895.jpg

何回もその泥の中に落ちると良い。
そして這い上がってくれば良い。

何時も清く綺麗で居られる事は、人間として何か
足りない気がする。
又そう言う人は、今の世の中に居ないと思うけど・・・・
f0086169_9521577.jpg

苦しみを知って、辛さを知って、
初めて人と解り合えるのだと思う。

だからこそ、今この時に手をつなぎ合い、心結ぶ
絶好の機会なのではないでしょうか?
[PR]
by magic-days | 2009-03-25 09:56
f0086169_22472181.jpgf0086169_2248431.jpg










     



(左・きらん草)            (右」ハルノノゲシ)
22日の日曜日は、「第45回井の頭かんさつ会」でした。
雨が今にも降りそうな中、今回のターマ「早春の野草」を求めて、
1班7、8人のグループに分かれて出発です。
私は、初心者子供グループに混じり、楽しいお勉強をして参りました。
単に野草と言えど、本当に奥が深い。
f0086169_22573976.jpg

冬の間、菊科の植物は上の写真の様に「ロゼット」で
冬越しします。
身体を低くして地面に葉を広げて、風を避け春に成ったら
茎を広げるための場所を確保しているのです。

受粉の話が面白かったです。
アブはお馬鹿で、蜂はお利口だと某花さんは知っていて、
密を奥の方に仕舞っている。
アブは通り過ぎるけど、蜂はちゃんと解っていて、
隠れてるおいしい蜜を吸って、確実に同じ花を覚えていて
同じ花に又止まる。
f0086169_1050257.jpgf0086169_117046.jpg













(左がセキショウ)                  (右がカラスノエンドウ)
他にも虫の足が止まると、ぱかっと扉が開いて、受粉が自動的に
出来るし、虫が受粉してくれなかった場合、
花をぱかっと閉じて、その勢いで花粉を撒いて、
自己受粉するのとかあるそうです。

鳥もそうだけど、子孫を残し同族を残すため努力は、
凄いなぁと感心させられました。
人間も頑張らないと、何千年か後に人間は滅亡するかも知れない!
f0086169_10511299.jpg
(ショカツサイ)
小雨混じりの2時間余りでしたが、学ぶ事の楽しさを満喫しました。
私のグループの係りの方が、子供好きなのか、本当に上手に子供と
年寄り(?)の分け解らん質問にも答えてくれ、
手当り次第に名前を聞いても、答えてくれる。

この方々は鳥に関しても,こういう状態です。
次は虫だそうです。
f0086169_1123386.jpg

その後12時15分から、平成20年度「手づくり郷土賞」の
表彰式に参加しました。
井の頭公園は、大賞を頂いたそうです。
お疲れさま!これからも宜しくの拍手をする為に参加しました。
最後に皆壇上に上がり、記念撮影です。(笑
f0086169_1126654.jpgf0086169_11261987.jpg














(左がタチツボスミレ)                   (右はツボスミレ)
[PR]
by magic-days | 2009-03-24 11:36
f0086169_1510173.jpg

診察日の結果も良好でした。
改めて先生より、ゆっくり噛む事を言われる。
血糖値は,食後グーンと上がります。
その上がりを少しでも押さえ、1日の流れに高低差がない事が
ベストだけど、中々そうは行かない、
f0086169_15154527.jpg

それでも、気持ち押さえる為にどうするか?
そのためには、ゆっくり食べる事と、
腹8分にして、軽いお八つを取る事。
クラッカーとか,バナナとお茶を9時、3時に取る。
そうすれば,自然と食事量は減ります。
f0086169_15192339.jpg

今の所それと、「肉は採らない。」を追加してます。
今は,歩くのも良い季節で,楽しく歩けるので、
稼ぎ時(?)ですね。(笑
頑張ります!
f0086169_1523650.jpg

土曜日の自彊術は、流石に三連休の中日ですから、
2人がお休みでした。
とても,鍛えられました。
少し間違ってると、直ぐに先生の声が飛びました。(笑
「ちゃんとやって下さい。そうじゃないと勿体ないです。」
f0086169_15261629.jpg

最近の先生の口癖は「勿体ない!」
間違った解釈でやると、ちゃんと形と成って現れるから、
先生には,見え見えなのだと思う。

この間,お話に出た89歳の方は、休まず見えるが、
1週間前のを綺麗に忘れてあるから、同じ事を何度も言わなければ
いけない。
f0086169_15334440.jpg

それでも、一生懸命なさる。
「元気を頂いています。本当に有り難い!」と、
この所,足を痛めたり不運続きの先生は、
心底の気持ちを、おっしゃったのだと思う。

教える立ち場で、教わっていますと
悪びれなく仰る先生を、私は尊敬します。
f0086169_15394643.jpg

午後から井の頭公園に行く。
弁天池の前の橋を渡ってると、私に向かって「あそこ・・・」と
指差す人が居る。

「何ですか?」と聞くと、「カワセミ!」とおっしゃる。
指差す方をみると、確かにいるけど遠い!
「このカメラで撮れるかなぁ?」と言うと
「撮れるさ、同じカメラだよ。」にびっくり!
f0086169_1551385.jpg

初めてである。
同じカメラを下げてる人に会うのは・・・
嬉しくて、色々聞いてしまった。
いい人だった。

ちょっと、ある方を思い出してしまった・・・(苦笑
[PR]
by magic-days | 2009-03-22 16:06
f0086169_16203844.jpg

実は18日家を出る時は、今日は井の頭公園前駅で、
井の頭線を降りて、カイツブリ親子を見つけたら、
公園を通り抜けて、万助橋に出て三鷹迄上水沿いを歩き、
「野鳥の森公園」に行きたいともくろんでいたのだが、
公園前駅を降りて、「小澤清人展」が「宵待草」で
未だやってると言われて、寄ったのが運の付きであった。(笑
f0086169_1631386.jpg

何年か前に、この駅に降り立った時に、
この何か時代を無視した佇まいに、何となく違和感を感じたが、
義母が竹久夢二が好きだったので、入ってみた。
ところが夢二と言うより、不思議なアンティーク人形に迎えられ、
「これは、違った!」と失礼してしまった。
f0086169_163627100.jpg

今回は、「うさぎ館」で小沢清人の「黒猫」を見て、
是非見に行こうと思っていたのだが、色々あって
こちらに足を向けられなかった。
期限は過ぎていたのだが、好評なので今月一杯やるそうである。
本物の「黒猫」は、良かったが25万だったかな?(確かじゃないが・・・)
どっちにしても手が出ない。(苦笑
f0086169_16433761.jpg

そして予想外なことが起こったのだ。
ちょこちょこ話しているうちに、オーナーのキミコさんと
意気投合してしまった。(苦笑

話が尽きない。
キミコさんが、話し上手なのだろう。
それでも、私は知らない方とそんなに打ち解けた話は
しない方だ。
f0086169_16472435.jpg

世間話の様な物は、まぁやりますが(笑
それも立ち話ですね。

ところが、何と気が付いたら1時間半くらい話していたのです。
絵の話。人生の面白さ、辛さ・・・・
今の世の中の事。政治の事。
f0086169_16511836.jpg

頂いた菩提樹をベースにしたハーブティの
柔らかく円やかな事!
この方の心がそうだと思わされる香りと味でありました。

足を少し引いて歩かれる。
「半日立ってる事は辛いけど、この店は母が28年前に
始めた記念の店だから閉められない」と
仰っていました。
f0086169_1656228.jpg

明るく笑いながら、私が想像も出来ない試練を幾つも超えて
今此処に、生きているのが不思議だと、つぶやかれた。

今は,お子さん方がそれぞれの力で始められたお店が、
公園を囲んで4カ所程あるそうです。
勿論、「うさぎ館」もそうです。
f0086169_1975139.jpg

名残惜しかったけど、せめてカイツブリの写真だけはと
又のひと時を約束して失礼しました。

公園に向かいながら、この間ryoさんの読後に感じた、
「幸せになる為に、失う物も多い」と感じた事を
キミコさんの人生にも感じました。
[PR]
by magic-days | 2009-03-20 17:04


井の頭公園が国土交通大臣賞の「手づくり郷土賞」
(地域の魅力や個性を創出している、良質な社会資本及びそれと
 関わりを持つ優れた地域活動を一体の成果として発掘・評価し、
「手づくり郷土賞」として表彰)
を受賞することとなり、その授賞式が行われることになりましたので、
皆様にも是非ご参加下さいますようご案内申し上げます。

今回井の頭公園が受賞したのは、
「公園設立100周年に向けた取り組み」が評価されたのですが、
皆様のご協力による外来魚捕獲実験やエサやり自粛運動も
そのなかに含まれております。

公園側からは、 たくさんの方に授賞式に来て
祝っていただきたい、との希望が届いています。

井の頭かんさつ会の第45回かんさつ会開催当日の
かんさつ会終了時間に合わせて式を執り行うという配慮もされました。

是非、井の頭池の問題にご協力くださっている皆様にも
この授賞式へのご参加を賜りたいと思います。
■ 実施日時  3月22日(日) 12:15〜
■ 場所    井の頭公園・野外ステージ
それでは、皆様、どうぞ宜しくお願い致します。
           ***井の頭かんさつ会・事務局・***

___________________________________

井の頭観察会からのお知らせを、1部抜粋して掲載させて頂きました。
Oさんに掲載許可を頂くメールが上手く通じていませんが、
多分、お目出度い事ですからOKかと思います。(Oさん、ごめんなさい!)

「私達も、待ってるよ!」
f0086169_955885.jpg
                    
[PR]
by magic-days | 2009-03-20 09:49
f0086169_224098.jpg

今日は、朝から2人共出掛けるからと、予定がしっかり決まっていたので、
私は内心「しめた!」とほくそ笑む。
今日こそは、カイツブリのヒナちゃんをこの目で見て、
愛機(?)に納めるぞ!
f0086169_22453254.jpg

先ず居ないだろうとは思いながらも巣を確認する。
空っぽでした。
ボート小屋付近にも、弁天池にもいない。
これは、無理かなと思って、お茶の水池に来た時、
「居た!」逃げないうちに1枚確保して、
f0086169_22545691.jpg

近付く、「かわいい!」「浮いてる!浮いてる!」と
ブツブツ一人つぶやく。(笑
f0086169_22555427.jpg

f0086169_22562960.jpg

何枚か撮って我に返り、
「お母さんたちは、どこ?」と見渡すと、
何の事はない。直ぐ前に居た。
f0086169_2301424.jpg

「何か私に期待してる?」
もしかして、餌?
「まさかだよね?」(笑
f0086169_2323791.jpg

2羽揃って見ても、どっちがお父さんか?お母さんか?
解らないですね。

f0086169_2375433.jpg

やっと、親子が並んでくれました。
親子の足を見て下さい。足並み揃ってます。(笑
実は、ヒナちゃんはさっきから啼いて、親を呼んでいた様でした。

この間5、6分でしょうか?
ヒナちゃんは、自分で潜って餌取りは、試みてないです。
側に親が居ないと、まだ無理なのでしょう。
f0086169_23105053.jpg

「お腹すいたよー」
「もうを?しょうがない子ね。」とでも言ってるのかな?
f0086169_23165320.jpg

おかあさんが、潜りました。
ヒナの向こうの水の輪がそうです。
f0086169_23184299.jpg

お母さん、餌を銜え直しているのでしょうか?
f0086169_23192542.jpg

ヒナちゃん、「美味しい!美味しい!」してます。
良かった事。
人間でも鳥でも、こうやって親から食べさせてもらう時が
1番幸せな時ですよね。
f0086169_23253976.jpg

高源院のカルガモは、お母さんがほとんど1人で育てていました。
大変そうでした。
外敵も多かったし、カイツブリの様に2羽の親が、
1羽のヒナを育んでいる姿は、本当に心和みます。

___________________________________

井の頭自然観察の部屋も更新しています。
[PR]
by magic-days | 2009-03-18 23:43
f0086169_19334969.jpg

14日の自彊術のお教室は、2月最終土曜日と3月第1週土曜日が、
お休みだったので、久しぶりのお稽古と成る。
3月は私がお当番です。

この朝は荒れ模様だったので、先生から世話役さんに私が来れるだろうかと
問い合わせがあったらしい。
幸い私が出かける頃には、雨も止みそうな感じでしたので、
無事に着きました。(ご心配をお掛けしてます。)
f0086169_19405493.jpg

先生から、「別のお教室に90歳の方がいらっしゃるのですが、
その方が89歳のお友達を、誘って見えたので、驚きました。」と
お話があって、聞いてる私達は、驚くよりも呆れてしまった。

しかし、良くお話しを聞くと、その方は全ての行程ではないが、
毎日お風呂上がりに、自彊術をやってあるそうです。
ちょっと、恥ずかしい私でございます。(苦笑
f0086169_19501069.jpg

昨日の日曜日は、久しぶりに玉川上水を、牟礼橋から幸い橋まで
遡り、井の頭公園を通り抜けて、東急百貨店迄歩く。

昨日はよい天気であったが、歩き初めが3時だったので、
上水の脇道は、西に少しよった太陽が斜めに差し込み、
写真をどう言う構図にしたら良いか、全く判断がつかない。
f0086169_1957788.jpg

その上に、小枝が掛かってピントがなかなか合ってくれない。
見慣れない鳥を目の前にして、むざむざ逃げられてしまう。(笑
鳥撮りは、難しい物だ。

それでも何とかコゲラが撮れた。
f0086169_2032217.jpg

「何か居るの?」と通りかかりの方に聞かれて、コゲラだと言うと、
「へぇ、コゲラが未だ居るの?
 シジュウカラと違うの?」と言われて、一寸むっとしたが、
コゲラを指差して教えると、
「わぁ、本当だ!未だ居るのねー」と嬉しそうに笑われた。

私は本当に気が短い。気を付けねばいけない。
第2公園を抜けて黒門を潜り、井の頭公園に着く。
f0086169_20101632.jpg

この時点で4時半を過ぎてしまった。             (シメ)         
カイツブリの巣は、空っぽだった。    
お散歩に行ってるのだろう。ボート小屋の付近には居なかった。
弁天池の方には、残念ながら行く時間が無い。
f0086169_20131342.jpg

ゴイサギの島を回ると、日が沈みかけていたが、
未だ眩しい強い光を放っている。
f0086169_20174974.jpg

公園は、まだまだこれから美しい瞬間を次々に
見せてくれるけど、
私は、5時過ぎまでに駅を超えて本町の方へ行かなくてはいけない。
名残欲しいが、今日は十分堪能しました。
また、近いうちに!
[PR]
by magic-days | 2009-03-16 20:39
←menuへ