<   2006年 11月 ( 19 )   > この月の画像一覧

f0086169_2243395.jpg

今朝雲が掛からない綺麗な太陽が登りました。
「わあー、きれい!」暫し見とれて、
「何か良い事がありますように・・・」と声に出して言ってみた。
猫ちゃん達に餌をやったり水を替えたり、珈琲を煎れたりして
南よりの東の空を見るともう太陽は、厚い雲海の中に登って
平和の象徴の様な姿は消えていた。
f0086169_22522218.jpg

朝食を済ませて朝のウオーキングへ、最近階段を使う様になって
慣れると6階も平気になる。
足を確実に上げる行為は膝のためにも良い事だと思う。
薄日を受けて鴨が泳いでいた。池がキラキラと輝く、鴨が動くと
新しい波紋が広がる。綺麗だ。
f0086169_22571971.jpg

これは、ひよどりだろうか?名前に似合わない濁音の声で鳴く。
f0086169_2303382.jpg

「あれは?撮れるかな?」と戸惑わず迷わずシャッターを押す。
これはだけど、何の鳥か分からない。
f0086169_233939.jpg

昼少し前に、隠居さんにお願いしていたパンが届いた。
お手紙も入っていた。あちらのブログにコメントしていた私が好きそうな
パンを選んで入れて下さったらしい。
私の病気の事も考えて塩味のフォカッチャ、明日迄食べて欲しいもの
日持ちがするもの、何とクリスマスの朝戴くシュトーレンもある。
何と言う気配りだろう。「ありがとう!長く楽しんで頂きます。」f0086169_23293833.jpgf0086169_2395755.jpg
あずやなお、もよにまでオモチャを戴きました。
椅子に木の輪ッかをぶら下げてやっているのですが、それに各々
戴いた物を付けて下げると喜んで遊んでいた。
もよは、夢中で遊び過ぎて興奮して唸っていた。(苦笑
もよは、なおには平気で反応しない。
あずは、だっこして気長にもよちゃんに話しかけて時々
もよちゃんを触って、その指であずの鼻を撫でる。
もよちゃんは、そうすると叫んだりしなくなった。
もよちゃんは、自分に対して圧力を掛けたりする物に対して
全力で反抗して来る。
あずや私達が恐く無い事が分かれば心を開いてくれるだろう。
気長に待つ事だ。
[PR]
by magic-days | 2006-11-29 23:23
f0086169_812659.jpg

秋に東京で初めて個展をされた京都のさむさんの作品がやっと
我が家にやってきました。
当日は売約済みの作品だったので、「後日連絡して送ります。」と
言う事だったのですが、一か月過ぎても何も音信が無く心配してました。

娘は「忙しんじゃ無い?余り急かしては悪いよ。」と言うので
「そうか!」とじっと我慢の子にしてました。
結局さむさんは、私のメ−ル・アドレスを失って困っていたそうです。
そしてさむさん、その段になって肺炎をこじらせてしまって、
難産の末やっと我が家のリビングに着き、あずのチェックを受けております。
「大地の鼓動」と題する版画は、モデルのバンドがいらっしゃるそうですが
私は私なりに遠藤遼一率いる「ENDS」が頭にありました。
この方達の音を聞けばENDSと繋がる所があるかも知れませんね。

ENDSは、12/6ニュー・アルバム「Jubilee」を10年目と言う
ハードルを越えて打ち出します。
心構えを整えて待ちます!!
f0086169_8161816.jpg

上の写真は夜ベランダでなおがみみずを見つけて遊んでいるのですが、
この子は何を考えたのか、サンダルでこのミミズを叩き出しました。
私が虫をそうやって追い払っていたのを見てたとは思いずらいですが・・・・・
f0086169_820893.jpg

前足でサンダルの側面を持ってミミズの上に「ぱたん、ぱたん」と
落としていました。
戸を開けるとなおちゃんが中断しますので、ガラス戸と網戸越しと言う
最悪の状況ですが・・・・(苦笑

もよは、段々慣れて(私に)来ました。
12月初めにエイズ検査とワクチンを打ちに病院に行きます。
[PR]
by magic-days | 2006-11-27 08:26
葉が密集してる時は、それはそれで綺麗だった紅葉が
葉が落ちてすき間が出来ると、1枚1枚の葉がはっきり見えて
又別の顔が覗く。
何だかナチュラルな神様からの贈り物の様なクリスマス・ツリーみたいだと
思うのは、何時までも子供っぽい私だけかしら?
f0086169_2065044.jpg

f0086169_2071952.jpg

f0086169_2075960.jpg

今朝早く郵便局に振込に行く途中の畑の中にこんな綺麗で魅力的な
猫ちゃんが居た。
サンタさんのお使いで来たのかな?
「もうすぐ、ご主人様が橇でやってくるよ!」って、
そんな事を思わさせてくれる雪っこみたいな猫ちゃん。
f0086169_2053141.jpg

f0086169_2055442.jpg

f0086169_2062054.jpg

[PR]
by magic-days | 2006-11-25 20:08
ひやりとしていても歩くと身体の芯からカロリーが燃焼して
身体の調子の良い事を伝えてくれる。

玉川上水を歩いていると「ばさ、ばさ」という羽音らしい物に
見上げると、鳩が枝に戯れている。
虫でも居たのか?それとも気の実を啄んでいたのだろうか?
暫く佇んで眺める。

f0086169_19473835.jpg

f0086169_1948396.jpg

f0086169_19483626.jpg

f0086169_1949264.jpg

f0086169_19493064.jpg

[PR]
by magic-days | 2006-11-25 19:56
f0086169_19175441.jpg

今日は久しぶりに暖かくて良い天気!
散歩が出来なかったのは昨日だけだったと思うのに
近くの妙寿寺の門前の大銀杏が見事に真っ黄々!!
暫し樹下に立ち天を仰ぐ・・・・

青空が見れる。暖かい陽射しを背中に受けて歩く。
それだけの事なのに、なんて心が穏やかで芯から
何やらふつふつと沸き上がって来るのでしょう。
f0086169_19261094.jpg

2〜3日前の夜。
「普通に暮らせればいい。」
テレビの画面から若い男の声がする。
「普通の事がこんなに大変だとは思わなかったよ。」
2人の男が路地にぼろを掛けて寝転んでいる。
私はその2人に向かって呟いた。
「普通に暮らせれば御の字よ。今分かったのかい?」と・・・・
[PR]
by magic-days | 2006-11-21 19:40
f0086169_8261914.jpg

冷たい雨が今朝も降っています。
昨日は朝の内に日課の散歩が出来ましたが、今日は風邪引きそうなので
やめにしました。
昨日散歩の途中の公園でたった1羽鳩が餌を拾い食いしていました。
仕草が可愛い。街で見かける鳩とはちょっと違うみたいです。
羽の色がきまぐれさんのサイトの「雀・烏・鳩」を見てみると
「キジバトなのかなぁ〜」でもなんかちょっと分かりません。
f0086169_833821.jpg

鴨池の鴨は思い思いに寛いでいました。
昨日はシャッターチャンスを待たないで、この鳥と狙ったら兎に角
どんどん撮りました。帰って選んでいると私のカメラだとこの撮り方が
1番自然な鳥さんのポーズが撮れたと思いますが・・・・
f0086169_833496.jpg

先日から頼りの娘がヨガに鞍替えしたので、私は太極拳の本を
見ながら1人でやり直しです。
本を見てよく娘が型を理解出来たなぁと感心しています。
1度やってくれた所は、何となくやれますからこれからが大変だけど
昔娘の幼稚園時代の父兄と空手教室で型を習っていたのが、
役に立っていてハマりますね。(笑
遊びみたいな物だったけど、何かに繋がるんだと改めて納得しました。
f0086169_8454743.jpg

昼から最初をちょっと読んで、ほっていた小川洋子の「海」を広げる。
読み進むとこの人の本はハマってしまう。
きっとこの人は好奇心が強く、徹底的に調べ理解力もあり、
そこからの想像力も生半可でない。
堅いかと思うとそんな事は無く優しくて上品なエロチズムもある。

もう1冊この方の本が控えている。又今度・・・・
[PR]
by magic-days | 2006-11-20 08:59
f0086169_18595749.jpg

   (もよのケージの前で、もよが騒ぐと猫パンチをするあず。
    でも届きません。それでも、もよには脅威なのかも・・・)

昨日からあずが鼻水を飛ばしています。
熱は無いけど目やにが出てきました。この子は頂いて来た時も
目やにを付けていて、風邪を引くと酷くなるみたいなので、
今朝1番で病院に連れて行きました。
避妊以来なので、あずはとっくに先生のことは忘れていて
ブルブル震えていて先生を苦笑させてしまう。

診断して「もしかしたら、もよちゃんが菌を持ち込んだのかもしれないね。
もよちゃんは大丈夫なの?」
もよは家に来て1週間は過ぎていますが、元気で傍若無人振りを発揮して、
あずにケージ越しに猫パンチお見舞いされていますが、
負けずに「ふー、しゃー」と応戦しています。
f0086169_18505372.jpg

  (もよが来る前に用意しておいたケージ。ベッド、トイレ、水・餌入れ)
何度か小猫ちゃんを入れた経験(と言う程でわありませんが・・・)から
言うと、小猫より先住の大きい猫さんの方が参るんですよね。
だから、気遣いはあずやなおと思っていたのですが、
やっぱり、なおちゃんは一切もよちゃんに近寄らずそれでも
精神的には、かなり堪えているようです。

昔あずは、3日目にしてケージから飛び出て居間を我が物顔で歩いて
なおに文句も言われず、すんなり家の子になりました。
なおはそれに引き換え7〜8ヶ月かかりましたし、なお自身の性格上
今でも抱っこ何時でもOKとはいきません。
f0086169_1855880.jpg

本当にその子の性格と先住さんとの相性で随分期間に差が出ます。
もよはもう少し素直になれば、あずも受け入れるのですが、
ちょっと長引きそうです。

医師からも小猫は動じないから、あずとなおのホローをして下さいと
言われました。

あず、なお迷惑かけるね。ごめん!
でもあなた方もそれぞれ先住さんに迷惑かけたのだからして、
今回は我慢して下さい。
ままも、極力2人の負担が軽くなるように努力するからね。
[PR]
by magic-days | 2006-11-18 15:56
f0086169_125544100.jpg

大地から食材を調達するようになって、冬になると牡蠣を
良く戴くようになりました。
昨夜は牛乳とガラスープを1:1で混ぜて合わせた鍋を沸かせて
白菜と牡蠣を入れて沸騰したら、火を小さくし、
塩胡椒を適量振り入れた簡単な料理とは言えない物ですが
美味しく戴きました。

『牡蠣は、貧血を防ぎスタミナを強化する。
精神、神経を鎮める作用があり、不眠、疲労回復、
虚弱体質の改善に高い効果を示す。
また、網膜の発達や視力の回復を助け、
眼精疲労を改善する。

さらに血圧を正常値にしたり、コレステロ−ル値をさげる。』
(五臓六腑の健康百科・猪越恭也 著)より

私に打ってつけの食べ物なんですよね。
f0086169_13122251.jpg

これは又手抜き料理です。
唐揚げを揚げ豚代わりに使って、「酢鶏?」です。
お忙しい時にどうぞ!案外いけます。
多めに作っておいて、中華丼や焼そばに掛けたりしても
美味しいですよ。
f0086169_13173729.jpg

昨夜の稲光りのせいでしょうか?
今朝は25〜6羽居た鴨が1羽もいませんでした。
代わりと言ってはなんですが、御堂の天辺にハクセキレイが止まって
周りを眺めていましたので撮ってみました。
まぁまぁですかねぇ・・・・
鳥は難しいです。いや、何でも難しい!
[PR]
by magic-days | 2006-11-16 13:24
f0086169_1575120.jpg

今朝の高源院です。本当に冬になって行くのだなぁと思われる
池の面の表情です。
夏飛ばなかったのは、同じ様な羽模様でもアヒルかも知れない
と教えて戴きましたが、私は暫くじっと見ていましたが分かりませんでした。
(追)もしかしたらアヒルとは、アオクビアヒルの事だったんでしょうか?
   きまぐれさんのサイトで以前アヒルの恋の話を思い出しました。
明日アオクビアヒルさんを探してみます。

ただ寒くなって鴨達は元気で鳴き泳いでいます。
水鳥と言えば夏のイメージがありましたが・・・
f0086169_15142133.jpg

先日ちょっとした文字を見るのに購入しました。
私は若い頃から近眼で、そのため遠視になり難く眼鏡を2つ持ち歩く
煩わしさはなかったのですが、最近お値段や郵便番号など細かい字が
見難くなりました。そんな時出先で見るのに重宝しています。
持つ所のお魚も気に入りました。
こうやって老眼鏡に移行して行くのでしょう。
f0086169_15195922.jpg

今週は「ふじ」でしたが、先週は写真の「王林」でした。
これは、「ゴールデン・デリシャス」に「印度」を交雑した物の中から
誕生した品種だそうです。
私は子供の頃歯茎が弱かったのか、林檎を「ガリッ」「がぶり」に弱く、
林檎は苦手な果物でした。
しかし、結婚して姉の家に遊びに行った帰りに姉が
「この林檎はR子ちゃんでも食べれるから持って帰りなさい」と
お土産にくれました。
転勤転勤で姉にあったのは6年ぶりくらいでしたが、
姉はちゃんと覚えていてくれて、人の親にもなって林檎が苦手は
子供のためにもいけないと思ったのでしょう。
その思いが有り難く、王林が出ると先ず買い姉を思い出しています。
私にとっては、母代わりの様な姉です。
[PR]
by magic-days | 2006-11-15 15:36
f0086169_16124260.jpg

大分前からコップの底を洗ったりする時に、
人さし指の先がチクッと痛い。
知らない内に切ったかなと、思って見てみるが傷口はない。
その内直るだろうと放って置いたが、痛みは中々消えない。
気休めにとオロナインを塗ってバンドエイドをしておいた。
すると次の日小さな赤い傷口が現れた。

「やっぱり切ってたか、棘が刺さっていたのだろう。」
何だかほっとした。
原因が分かったら何の事は無かった。
傷口は3日程で塞がって、今は後がちょっと赤いだけだ。
f0086169_1715766.jpg

高源院の鴨が、随分沢山になって気が付いたのだけど、
ここに住み着いている鴨は、夏で鯉も元気と言う事もあるだろうが、
麩を投げると鯉に取られていた。
夏は鯉の数も生半可でなく、それが下から鴨の足を口でつっ突くのだ。

しかし、渡って来た鴨は鯉が口に入れかけた麩を上から
横取りするのだ。
そして、多分居着いた鴨だと思うけど、餌の傍に来ると追い払われている。
自分達は、遠い旅をして困難を越えて来たと言う自負があるのだろうか?
それでも、先住の者と仲良く分け合うのが修行者の道だと思うのだが・・・
ちょっと、話が私らしく逸れましたなぁ〜(苦笑
f0086169_16591963.jpg

もよはおしっこもウンチも教えないのにトイレにきちんと
してくれます。
食事は幼猫食「キトン」(1日50g弱)とあずとなおの
ウエッティーを少し乗っけて与えてます。
元気です。あずの執拗な攻撃によく耐えています。(苦笑
今夜は3人の食事に環境の変化に慣れるレメディを入れようと思います。
長くなると体力も精神力も消耗するので・・・
[PR]
by magic-days | 2006-11-14 16:51
←menuへ