<   2006年 06月 ( 19 )   > この月の画像一覧

f0086169_22292685.jpg

この季節になると始まるのが、あずとなおの虫捕獲です。
あずは捕るのが楽しみで、なおは食べるのが目的です。
この間あずがあんまり手こずっているので、
私が新聞紙で叩いて捕ってやったら、「ふん!」って感じで
見向きもしない。死んだ物に用はないよ!って感じでした。

又この間はあずとなおで綺麗なチョウチョを捕って、
あずは捕まえた!と喜んでいたが、なおちゃんがその蝶の羽をむしり取り
食べ出したら、急にあずは物陰に隠れて「なおちゃん、何してるの!」と
恐い物を見るようになおを見入っている。
時々思うのは、なおは野良の子でそれは分かっていた。
だから野性味が強い。勿論男だと言う事もあるし、
性格もあるかも知れないが、あずはその点お転婆でお茶目だが
草や蝶などは食べたりしない。

その代わりコットンやウールは大好き!
そんな事を上げているとあずは、野良ちゃんの子でなくて、
お母さんは飼い猫だったかも知れない。
そのあずちゃんが、どうして外に居たのか?
(勿論なおの祖先も辿って遡れば飼い猫でしょう。)
そんな猫ちゃんが今も沢山いる。

先日武蔵野市が募集した野良猫対策に対する妙案は、
10年前と違い人間の無責任さを認めて、
捕獲避妊する事が野良猫減少への道だと述べ費用を
行政で出して欲しいと要求していた。
時代は変わって行く、でもその裏で努力し勤めて来た人が
沢山いる事を知っている。
動く人が居なければ物事は変わらない。
f0086169_22501511.jpg

[PR]
by magic-days | 2006-06-30 23:02
f0086169_81163.jpg

なんだか私の周りで少しづつ風が廻りだした様な気がします。
引っ越して来て新参者だった私達ですが、それなりのおつき合いを
して下さる方も出来て、お互いに1歩入ったおつき合いになって、
色んな事を見せてくれたり、お話をして下さり多くを学ばさせて
頂いている。

この年になっても自分を必要とする家族が居て、道を歩いていても
声を掛けて下さる方がいる事は本当に幸せな事です。
私も頑張って1つ1つ確認しながら、過ちを犯さないように
嫌な思いを与えないように暮らして行きたい。

いつも娘にあと10年したら私は「いじわるばぁさん」になるからと
言ってある。昔そんな漫画があって、青島幸雄さんが主人公を
やっていた。元気でバイタリティ溢れるおばぁちゃんで、
いつも凄い意地悪で嫌がられるけど、言ってる事は納得させられた。

先日戦後の子育てが間違っていたから、今トラブルが起きてると
見出しの本が載っていたが、日本古来の子育て全てでなくとも
良い事は沢山あって、モダンと合理的の美名の元に捨てて来た気がします。
母や祖母の暖かさが懐かしいこの頃です。
[PR]
by magic-days | 2006-06-29 08:04
f0086169_647153.jpg

余り良い天気とは言えない日曜日。
旦那は会合があって出掛けていて、私達は元気とは言えない身体
を暇で時間を持て余していた。
2人でごろごろして居て「なんか新しい風が吸いたいなぁ」って
求めてるんだと結論を出し、出かけるには遅い時間だったが
先ずは下北沢を目指して電車に乗ったが、揺られていて考えが
変わり以前娘が行きたいと言っていた駒場の日本民芸館
行く事に変更したら、気持ちも晴れやかになった。
行くべき所を見つけたのだ!
f0086169_6485324.jpg

この日が「柳 宗悦の蒐集」の最終日であった。
案内の栞を読むとこの方の蒐集は、自分の目と足で探し当てた
日本古来の各地の無名の名工の作品が殆どで、美の基準を広く
示したかったそうです。
娘は子供に戻ったようにどの作品にも興味を示し歓声を
小さい声であげて2人でガラスのケ−スに頭を擦り付けて魅入った。
時間はこんな時はあっという間に経ち閉館の知らせがあった。
至る所に木のこの方の好みの椅子が置いてあり、ちょっと疲れを
取って階段を下りた。
この美術館の建物自体がこの方の美の象徴の様な何とも大らかな
建物で慌てて出て来たのでカメラを持参して無かった事を大いに
嘆きましたが、それは叉かえって良かったかも知れない。
f0086169_711733.jpg

満足して帰りの電車に揺られながら、こんな思いがけない贈り物を頂き、
それも本当にタイミング良く萎えた心に活力を賜った事を感謝し、
見守られている事を確信しつつ明日からもこの気持ちを
忘れずにいたいと思いました。
そしてつくづくこの何日間は参っていたのだと気付かされました。
しっかりしなくちゃ・・・・(苦笑
[PR]
by magic-days | 2006-06-27 07:16
f0086169_2123076.jpg

小鴨ちゃんが随分大きくなりました。
そして今日は1人で池の端の方に居ました。
お麩を投げてやると、お麩の方へ来ようとするのだが亀や鯉が
勢い良くやって来ると引いてしまう。
親と一緒の時は平気で食べに寄ってくるのに、
やっぱり1人だと心細い様子だ。
きっと親は何処から見ているのだろう。
f0086169_2172139.jpg

橋を渡って中程に行って驚いた中ノ島の木の枝に大きな蛇が
帯でも干す様に横たわっていた。
この蛇が鴨の雛を食べたのかとちょっと足が竦む思いだ。
しかしこの間読んだ「シャーロットのおくりもの」で
蜘蛛が虫の血を吸って生きているのだと言う場面で、
河合先生が、異文化に対せる理解を示す様にと言っていた。
確かに人間だって動物から見れば冷血漢である。
蛇やカラスの事を攻める事は出来ない。
f0086169_21182199.jpg

ちょっと恐い物を見て草々に引き上げようとしたら、
珍しい鳥がいるのに気が付いた。
この鳥は以前にも見たが、その時はカメラを持っていなくて
撮れなかった。残念に思っていたが再会の機会が有ったとは
有り難い。
朝日新聞の「けさの鳥」のファイルを捲って見たが、
同一と思える鳥は見当たらなかった。
f0086169_1010475.jpg

これは以前五木寛之さんが翻訳した「リトルターン」の挿し絵です。
物語の主人公は小アジサシで海辺を飛ぶので違うと思いますが、
もしアジサシなら背中が黒いかな?とか思って載せてみました。
「リトルターン」の主人公の様に、自分の生き方に疑問を持ち
寄り道をしているのかしら?(微笑
[PR]
by magic-days | 2006-06-23 21:27
f0086169_8103124.jpg

17日から始まった夏至・キャンドル・ナイトは、梅雨をまともに受けて
東京タワーは雲の中に沈みカウントダウンは出来ませんでしたが、
何とか毎日2時間は無理でしたが、出来る範囲で参加しました。
毎日やっていると大層に考えないでも、気軽に出来る事に気付き、
今日も1時間でもやろうと思い、そしてそれが毎日の習慣となり
節電へと繋がれば、少しは地球温暖化防止になるかな?

本当にマジで北極の生物達は住む場所をせまべられ、
氷壁の上を歩くのも命がけです。

今は北極だけでも、何千年もすると私達が住んでる陸地だって
狭くなり、もっと経つと地球は本当に青い水に囲まれた星に
なってしまうかも知れない。

現在原油を取り合って戦争が行なわれていますが、
陸地を奪い合って戦争になるかも知れない。
これを絶対ないなんて否定出来ますか?

私は行動力も説得力もない。せめて消極的な方法ではあるが
毎日キャンドルナイトを楽しみながら続けて行きたいと思いました。
f0086169_8255329.jpg

先日の「大地」の申し込み用紙に載っていた変わり餃子のレシピで
気になっていたので作ってみました。
(とうもろこしときゅうりの水餃子)
鶏肉のミンチ、ネギ・みじん切り、生姜・みじん切りを
醤油、菜種油、ごま油を加えて粘りが出るまで混ぜる。
キュウリはみじんに切って塩を降り暫く置いてきつく絞る(これがミソ)
それと茹でたトウモロコシをこれもきつく絞って加えて、
皮でくるみ、茹でる。
キュウリがシャキシャキして美味しいです。

これに茄子のしぎやき、厚揚げを焼いて水菜とごま油醤油ドレッシング掛け
簡単に済ませたみたいですが、餃子包むのが時間が掛かります。
ご常連さんはお分かりでしょうが、私はトロイです!
[PR]
by magic-days | 2006-06-22 08:43
f0086169_15113312.jpg

暗い部屋で物音が・・・
何かが抗う息遣い!
f0086169_15125464.jpg

なんだ、あずとなおか!
なおちゃん、押さえ込まれてんだね。
君、男だろう?
f0086169_1515622.jpg

ままー、見てないであずちゃんをどけてよ!
何笑ってんのよ!
f0086169_15164170.jpg

くるしいぃ!!
殺されてもいいの?ままー
f0086169_1518134.jpg

あーあ、やってらんねー。
好きにしろや。
[PR]
by magic-days | 2006-06-21 15:21
f0086169_1584415.jpg

朝刊の「きょうの論点」は〜どうする子どもの朝ごはん〜でした。
朝食を食べて来ない児童が多くなったので、朝給食を始めた学校がある。
これについて2人の専門家が賛成反対の立ち場から、意見を掲げている。
ご覧になった方もいらっしゃると思うが、私はとうとうこんな
馬鹿げた事で紙面を取る事になったか!と呆れて物も言えないが、
掲げなければいけない事態が現実にあるのなら、
生活の見直しをするべきだが先日も「いただきます!」を
家の子に言わせないでくれと言った父兄がいる御時世である。
自主的に見直しなんてしてくれそうにないだろう。

私は更年期を過ぎた者として言いたい。年をとって身体がきしみだした時
若い時のちょっとした気の配り様で、病院通いをしなくて済むのだと・・・
私は親からの遺伝もあるが、もっと自分を大切に生きていたらと
後悔しています。

このツバメや鴨池の鴨の子育てを見て学ぶと良い。
自然は私達に教えてくれています。
「昔から成されて来た事は全て意味が有る。」と・・・・
小賢しい知識等役に立つどころか愛する者を
苦しめる事に成るかも知れません。
f0086169_1532865.jpg
(今年は少し早く咲いた白百合)

昨日は雨の中図書館まで歩き、「シャーロットの贈り物」を借りる。
先生はお話の中で「どうぞ、私の話を聞いて
『シャーロットの贈り物?あっ、それは知ってる!』
と言わないでください。自分で最後まで読んでください。」と
御注意なさっていた。
そう仰らなくても借りに行ったと思うけど
蜘蛛のシャーロットも沢山の事を私に教えてくれそうです。
学ぶ事に年令制限はない。今からでも遅く無いと小学生が読む様な
児童書を抱えて帰って来ました。(苦笑
[PR]
by magic-days | 2006-06-19 15:55
キャンドル・ナイト用に「大地」から売りに出てたのを購入して
その余りの可愛さに日記に載せましたら、早速luminyさんが反応して
くれました。蜜蝋キャンドル
流石にこちらは直に依頼されただけに細やかな配慮があり、
来年は私も通販でお願いしようと思いました。(笑
それに付けてもこの方のこだわりとこだわった物に対する優しい心寄せ
には毎度ながら打たれます。

キャンドル・ナイトの存在もこの方に去年教えて頂きました。
消費エネルギーと言う実際的な問題とお伽話の様な時間空間を共有出来る
と言う非現実感が相まって楽しみな夏至と冬至のイベントです。

今日は小雨模様で増上寺でのイベントは実施されるかまだ確認は
取っていませんが、夜は雨も上がるので折角の機会を体得される計画だった
方のためにも実施して頂きたい物です。

その主役とも言うべき東京タワーがゴルフ場経営不振で借金のカタにされるの
でないかと出てましたね。経営者側はあくまでも借金は、他の方法で
返済出来ると言っていましたが・・・そう願いたい物です。
f0086169_9114240.jpg

[PR]
by magic-days | 2006-06-18 09:04
f0086169_1483792.jpg

昨日の夕焼けです。こう言う物の前では言葉なく、
ただ見守るのみ・・・・
かろうじてデジカメのシャッターを自動的に押してました。
消え入る迄10分とは掛から無かったのではないかと思います。
f0086169_1413099.jpg

昨夜はキャンドルナイト前夜祭と言う訳でもありませんが、キッチンの
ポイント・ライトのみ点けて、全て灯を消し暗闇の中で
先日取り寄せた河合隼雄先生のCD
「いのちの輝き」〜生きることの素晴らしさ〜
に聞き入る。
「シャ−ロットの贈り物」を抜粋して読みながら、主題について
暖かみの有る関西訛りの話口で語られ、目を閉じて聞いていると
心の奥底まで染みて行く。
f0086169_14344112.jpg

心に残っている言葉を・・・(記憶に有る物を私の言葉で書いてます)
「大人は自分の体験から不可能可能を言うが、子供は実に賢く
不可能と物事を決めない。」
「父親が豚を殺さない約束をし、子供に自身で育てさせる所が、
実に素晴らしい。小豚1匹育てる事がどんな事か子供は
体験する機会を得たのですから・・・」
「小豚の友達に蜘蛛を持ってくる作者の奇抜さ!
普通考えますか!」
「蜘蛛が亡くなった後小豚は友達を沢山作る。しかし蜘蛛の
シャーロットの事は、いつまでも親友と言うのがいいですね。」
f0086169_1435576.jpg

「子供は12〜3才で世の中の事全てを見た気になって、
死にたくなるのですが、まだまだして無い事に気付き(セックス)
もう少し生きてみようかと思うんですね。思い止まって生きて
死ななくて良かったと思う事に会うんですよね。」

聞き終わった後、直接では無いにしてもこうやってこんな素晴らしい話を
聞けた事に感謝し、残り1時間ばかりをふじこ・ヘミングさんの主に
ショパンのピアノ曲を聞きながら本当に生きている事の有り難さに
感無量でした・・・「ありがとう」
f0086169_14523994.jpg

[PR]
by magic-days | 2006-06-17 14:53
f0086169_19213335.jpg

今日は昼から雨と予報がされていたので、早めに朝の散歩を済ませ、
植木鉢の割に育ち過ぎた花の苗を少し大きめの鉢に変える作業をする。
その間にもポツポツ来たように思って洗濯物を出したり入れたり、
旦那が昼から医科歯科に行くと言うので、早めの昼ご飯。
雨が降っていても本当は歩きに行かなければいけないのだが、
このところお疲れなので、ゆっくりさせてもらう。
しとしと降る雨越しに広く続く瓦屋根並みを眺めて、つくづく心の平安を
感じる。

十何階のビルに視界を奪われて、夕日をほんの少しの間垣間見
交差点で、やっと雲の流れを追った日が遠い残像として瞼に浮かぶ。

今夜の献立
f0086169_1936761.jpg

木のみと海老のタイ風春雨
ドレッシング(ごま油、ナンプラー、レモン汁、砂糖、白すり胡麻)
f0086169_19362292.jpg

やまいもの梅酢和え
f0086169_193636100.jpg

大地の水餃子
餃子は冷凍製品は使いませんが、この水餃子は美味しいです!
私はラーメンに入れたり、中華ス−プに入れたりして
重宝に使っています。
[PR]
by magic-days | 2006-06-15 19:47
←menuへ