<   2006年 04月 ( 30 )   > この月の画像一覧

f0086169_21435125.jpg

長い事続いていた遠藤氏のコラムエンズの心が今月で終了する。
長い事続いた物だと感心する。
私が日記を書き始めたのもこのコラムに触発されたとも言えるかも知れない。
その時々のニュースから抜き取って遠藤氏の独特の切り口で書かれた物は
大きく頷く物もあり苦笑される物もありだが、
何時も楽しく拝見しました。
そしてそれなりの元気も戴いて来ました。
最後のコラムも私が常に思う事であり、音楽に惹かれるのも
やはり人間としての姿勢が似てるからだと改めて思いました。
f0086169_21454333.jpg

以前品川教会であったライブがCD化され今回のライブで販売されたが
私は行けなかったので、すっかり諦めていましたが追加販売が決まり
早速申し込んで来ました。早く聞いてみたい物だ。
教会でやったと言う事で通常のライブでは無い音(ピアノ、ヴァイオリン等)
が参加してるのも嬉しい。彼はよく同じアルバムからのライブでも
ちょっと期間を置いて違った味付けでやってくれる。
そうすると曲達が生まれ変わるのです。
この間平均年齢55歳のジェントル・3(宇崎竜堂・岩城滉一・世良正則)
のライブは音楽の楽しさを教えて貰った気がしますが、
遠藤さんも何時迄も活動を続けて欲しい物だと思いました。
そしてこの方々みたいに藤井さん達とソフトバレエやって下さい。(笑
[PR]
by magic-days | 2006-04-29 21:40
今朝カーテンを開けると少し前に雨が上がった所だったのか
太陽の位置より左は見通しが効く位靄が晴れているのに、
右側・寺町通りはすっぽり靄のなかに被っている。
ここに来てこんな景色は初めて見ました。見とれていて写真を撮れなかった。
残念である。多分雨が止んで直ぐに雲が流れて太陽が登り急に温度が
上がったのだろう。
大きなお風呂の熱く湧いた蓋をパッと取った感じがします。
f0086169_2162461.jpg

                 .(えびねといかりそう)
この花も母が大切にしていた花です。咲いてくれて嬉しい。
バルコニーの植木鉢の花々が冬の間枯れ枝になったり葉を落として
小さくなっていたのが、新芽を伸ばしてひと回り大きくなったので
鉢の間隔を離してやる。そして追肥をしたり風が強くて倒れて鉢に
ひびが入っていたのを替えて大きな鉢に植え込む。
f0086169_21151687.jpg

買い出しに外に出ると上水に鴨が泳いでいた高源院のかもだろうか?
こんなとこを泳いでるのは初めてみました。
すぐ傍を鯉が跳ねていた。
f0086169_2118398.jpg

途中で珍しい花を見つけた。可愛らしい。
偶然本箱から母の「山野草」の本を捲っていると似た花を見つけた。
「タツナミソウ」と載っていた。初めて聞く名だ。
f0086169_21235992.jpg
f0086169_21243070.jpg上は豚肉と干し椎茸
の梅干し煮。右は先日の新筍と若芽の煮合わせ。
[PR]
by magic-days | 2006-04-28 21:31
f0086169_7104930.jpg

宮部みゆきの「日暮らし・上」を読み終わりそうになった時
久我山書店から連絡があり下巻を取りに行く。
この本屋さんともそろそろ1年のおつき合いになる。
始めは全く無愛想だった店の主人も色々あり、
客が行くと「こんにちわ」と声を掛けてくれるようになり、
取り寄せを頼むと如何にも五月蝿そうだったのが、
「置いて無かったですか?すいませんねぇ」と気軽に応じてくれる。
私達から見ると当たり前の事を言ってるつもりなのだが・・・

パン屋さんに行くと2時に焼き立てのフランスパンが出てるのに
30分過ぎても立てて無かったので訪ねると、
「もうすぐ降りて来ますので・・・」と上を見上げている。
お店の2〜3階が焼き場になっている。
今日は木曜日でダイエットパンが並んでいた。
近所のたまちゃん(柴犬)のパパが何時も買いに見える。

その方に玉川上水に登って来た坂の上ですれ違った。
「パン焼けてましたよ!」と後ろ姿に声をかけると、あちらは自転車なので
振り向いて頷いてスピードをゆるめず走り過ぎて行った。

f0086169_656849.jpg

暫く行くと上水を挟んで向こうの児童公園の八重桜が散って
ピンクの毛氈を敷いたみたいに綺麗だった。
もう桜の季節も終りだなぁ。

帰るとお出迎えがなく寝室を開けたままにして出掛けたので
2人とも娘のベットの上で眠っていた。
なおちゃんは、私達が帰って来るとベットから下りてすぐリビングに
逃げるのに、今日はカメラを向けても顔も上げなかった。
目だけはパチッと開けてたが・・・(笑
f0086169_771799.jpg

前日鯵のお刺身にしようと解凍してたのに急遽外食となって、
その日帰ってからマリネにして漬け込んでいたのに、有り合わせの野菜を
茹でて冷ましこれに加えてしばらく味を馴染ませて頂く。
[PR]
by magic-days | 2006-04-28 07:19
f0086169_1530124.jpg

今朝お蒲団を干そうとベランダに出たら物干竿も硝子にも
まだら模様が出来ている。
これが何年ぶりかで中国から飛来している黄砂なのかな?
この2〜3日原因不明の咳が時々出ていたが、それも正体はこの
黄砂だったのかも知れない。
昨日はホームセンターに園芸用の鋸や水苔の不足分と、副え木等を買って
車に積んでいる時に、雨がポツポツ来たかと思ったらざーっと
凄い雨脚に変わり、走っている内に雷雨に変わった。
帰宅するとあずが恐かったのか「みゃーみゃー」鳴いていた。
そして夕方「お腹が空いたよー」と五月蝿い時間なのに大人しく寝入っていた。
恐くてそして疲れたのだろう。可哀相に・・・
f0086169_1534537.jpg

何日か前に入れておいたNHKの「プレミアム10 サイボーグの衝撃」を見る。
映画監督・押井守、脳科学者・川人光男、心理学者・河合隼雄と立花隆氏の
対談で進行していく。
若者に人気がある押井氏の映画が流れサイボークが
どう言うものか分かりやすく導入部として使われる。
身体障害のある方に使われる補助の部分ロボット等も使う人の脳と
直結していて、その人が思うように動くのです。
本当にこういう物が出来たら素晴らしいと思ったが、
アメリカのプロジェクトが軍事に使おうと
研究を進めていると言うレポートは悪寒が走る。
f0086169_15453970.jpg

それでも最後のゲストの河合氏(実は私はこの方のお話を聞きたかったのです。)が
立花氏の質問に脳と機械が繋がる事(脳コンピューターインターフェイス)
に依り脳に変化が起る事を憂慮してあったし、使った者が幸せを
感じられなければいけない。と慎重論を発しられた時にはほっとし、
こういう方がいて下さる事に安心しました。
そして人間の良心の存在を大切にしたいと思いました。
[PR]
by magic-days | 2006-04-26 16:03
f0086169_2014223.jpg

今日は大地の日で初筍が来ました。
小振りですが新鮮で香りがいい。その良さを失わない内に
茹でておきました。
f0086169_204943.jpg

先を斜に切り落とし脇に包丁目を入れて、糠とトウガラシを入れて
ゆがきます。小振りでしたので45分で竹串が通りましたので、
火を止めてそのまま冷まします。
f0086169_2072654.jpg

冷めたら皮を剥き綺麗な水に浸けておきます。
綺麗な肌色です。美味しそう!
f0086169_2091225.jpg

昨夜の献立は、魚のトマトスープ。
魚はカレイです。
f0086169_20111396.jpg

ポテトのスパニッシュオムレツ。
この取り合わせは良かったですよ。
旦那も娘もこれだけで満腹だったみたいです。
私は少し残ったスープに玄米ご飯を乗せて洋風おじやと聞こえは良いですが
つまりは、かけ汁めしです。(笑
いや、これはいけます。癖に成りそうです。
[PR]
by magic-days | 2006-04-25 20:17
昨日は、お昼から井の頭公園迄玉川上水沿いを歩く。
最近は宮下橋から右折して神田川を登っていた(家から公園への最短距離)が、
今回はコースを変えて新橋(宮下橋より4つ先の橋)から上水を離れ、
明星学園を左折して黒門を潜って弁財天から公園に入ろうと計画しました。
これはちょっと長距離になりました。

f0086169_19275095.jpg

牟礼橋のすぐ横に残る旧牟礼橋です。今は使われていない。
何となく素敵です。
f0086169_1929404.jpg

上水脇のつつじが綺麗に咲いています。
f0086169_19302876.jpg

これは何と言う花でしょう?
ゆきうさぎさんが御存じでしょうね。私はダメですね。
f0086169_1932375.jpg

これは、ムクドリでしょうか?「散策絵図」にそれらしき絵が載っていました。
余り人を怖れないみたいです。可愛い!
f0086169_19342182.jpg

これが黒門です。昔甲州街道を通って弁財天にお参りに来る方々が
必ず潜った黒い鳥居です。おもしろいですね。
f0086169_19375486.jpg

これが弁財天です。若葉の中の朱塗りが美しいです。
f0086169_19403090.jpg
f0086169_19404279.jpg

先日お花見の時は雄がはぐれた奥さんを捜してましたが(笑
探し当てたようですね。良かった事!
それにしてもベンチの横で休息ですか?

私達もちょっと休憩して心地よい春風を楽しみました。
[PR]
by magic-days | 2006-04-25 19:52
f0086169_2302296.jpg

義母が大切に育てていたシンピジュームを引き継いで十何年経つ。
毎年連休迄に全ての鉢の植え替え済ましていた。
今は7鉢しかないが、当時は12〜3鉢あったし色も種類も
色々だった。
5年前から義母は、すっかり弱り私の介助が必要になり私も花どころでは無くなり
植え替えも思いに任せなかった。
それでも去年は全鉢花を付けてくれた。
だからと言ってこのままでは株が鉢を割りそうな程大きくなって来たので
今年こそはと水苔や鉢を買って来て何時でもやれる様にしていた。
やっと何だか落ち着いて腰を据えられる気持ちになったので
薄日の差すルーフ・バルコニに広げる。

f0086169_22484093.jpgf0086169_2249668.jpg
左は水苔。                右は水に浸し置いた水苔。
f0086169_2332565.jpgf0086169_2334777.jpg
鉢から抜き取り下三分の一を切り         鉢底に石、古い根、新しい水苔と
落とす。                    肥料を4つ程置く。f0086169_2382345.jpg枯れた株を取り去り
根をほぐして株分けする。中に水苔をかませ周りも包み込むように水苔で被う。
鉢の大きさに纏めて植え込む。隙間に水苔をぎゅうぎゅうにつめる。







今日は2鉢出来ました。毎日少しづつやります。
急ぐ事でないので楽しみながら・・・
植え替えた年は花が付きませんでした。今年も花は望めないでしょう。
君子蘭はダメにしてしまったので、この花だけは義母の思い出として
大切にしたい。
f0086169_23141682.jpg

[PR]
by magic-days | 2006-04-24 23:36
f0086169_649027.jpg

先日不思議な人に会った。
何時もの散歩コースから変更して女子体育大の方へ入ってみた。
敷地がかなり広い学校である。
体育大だから、体育館、グランド、プールと普通大より場所は
必要なのだろう。
正面玄関を過ぎて暫く行くとアメリカの青春映画に出てきそうな
カフェ&レストランがあった。
水色のペンキが塗ってあるが木の温もりがする。
学生相手なのか価格も余り高くないし、咽も乾いたので入る事にする。
ドアを引くと強烈な犬の鳴き声がお出迎え、奥のテーブルから
「すみませ〜ん」と若い女性の声、その声は私達とオーナーに向かって
発しられてる。
f0086169_73616.jpg

先客がダックスともう1匹子犬を連れて来ていたのだ。
オーナーは?と見ると小柄でほぼ私位の年輩の女性だった。
印象はどちらかと言うとこんな明るいカフェより、大人相手の
仕事が向いていそうな覇気のない人でちょっとがっかりした。
店内は、気に入った!結構奥に深い作りで左側は窓が幾つか並び
木立の緑が見れる。
ちょうど客が切れた時分時で疲れが出て来てたのだろうか?
f0086169_7271438.jpg

「お一人でやってらっしゃるの?」と聞くと
「今日はね、何時もは3人でやってるのよ。ここには何か見ていらっしたの?
そう、偶然なの?以前に本に載った事があるので・・・」
話してる内に段々この方の魅力が出て来た。
不思議な人だ。もう昔からの知り合いの様な・・・
そうだ!けだるさとは違うが外に向かって力が出てないのだ。
自然体なのだ。自分を飾らずに存在している。
なかなか例えようがないが、麦畑の案山子みたいだと言えば
分かって頂ける方には納得でしょう?(褒め言葉です。)
アイス・ティーを戴いて暫くお話しして、
「又近い内に来ますね。」と言って出た。
[PR]
by magic-days | 2006-04-24 07:40
f0086169_22561242.jpg

新しく買った苗を植える。明日は雨だと言っていたので無事に
着いてくれるだろう。
殆どが夏咲の多年草です。
香りゼラニゥム、メドーセージ、チェリーセージ、
ナスタチウム、ベルガモット。
夏のベランダを涼やかにしてくれますかな?
1年たったので、浄水器のカートリッジを交換するべく
メーカーに申し込んでいたのが、送って来たので取り替えようと
流しの下の大きな鍋等を入れているスライド式の棚を抜き出し、
潜って古いのを取り出してみると、なんとホースが接続してなかった。
f0086169_2314395.jpg

つまり私達は1年間普通の水道水を飲んでいたのです。
送って来たのはそのままに設置位置に置いてあったカートリッジを
接続して飲んでみたが、味が変わらない。
これはカートリッジが不良品なのではない。
ここの牟礼のお水が綺麗なのです。
青山の水は嫌な匂いや錆くさい味がしていて、飲めるものでは無かった。
同じマンションのWさんに聞くと彼女も1年目で替えようとして
気が付きましたと大笑い。
知らない人が多いのじゃないかなぁ〜と苦笑しあいました。
しかし私達は良い環境に囲まれていますなぁ。
[PR]
by magic-days | 2006-04-22 23:19
f0086169_2045688.jpg

新緑が眩しい季節ですが、赤い新芽も秋の紅葉に負けじと美しいです。
f0086169_2074037.jpg

そしてこれは若葉の下に赤いちいさなプロペラみたいなのを沢山
付けています。種にしては早い様ですが、気が付かなかっただけで
今頃から付けているのでしょうか?
それにしても綺麗です。

今日は歩くには絶好の日です。晴れてはいても暑くなく風はひやりとして
気持ちが良いです。
玉川上水沿いを歩いて兵庫橋の少し前に「水難者慰霊碑」があります。
金田一京介博士がお嬢さんのために建立されたそうですが、
今日そこへお客さんが見えていました。
f0086169_20173720.jpg

可愛いへびです。何と言う蛇なのでしょうか?
長さは50cm程あったと思います。
どなたかの化身でしょうか?
なんだかそんな可笑しな想像をしてしまいました。(苦笑

商店街で細々と用を済ませて、なおちゃんが猫草の横でじっと座って
「まま、枯れて来たよ。新しいの買って!」と言うように私を見つめていた
のをしっかり覚えていたので、花屋さんに寄ると生憎品切れであった。
なおちゃんが私に要求するのは、ご飯と猫草だけである。
この2つは、何としても満たしてあげないといけない。
びびりな「なお」の唯一な意思表示に応える事が、私がなおの事を
家の子と認めてる証なのだから・・・
坂の上の花屋さんに聞くと1鉢だけありました。
良かった!あったよ、なおちゃん。
f0086169_20283631.jpg

帰り道慰霊碑の前を通るのでさっきのへびさんは?と見ると、
今度はこれは、蜥蜴ですか?
これまた可愛い透き通る様な美しい身体です。
生まれ出て何日も経ってない様な若い蜥蜴です。

暖かくなって色んな生き物や植物が蠢き始めましたよ。
帰って寝てるなおに声を掛けて草を見せると飛んで来ました。
「まま、約束守ってくれたね。」って言いながら・・・
f0086169_20435840.jpg

[PR]
by magic-days | 2006-04-21 20:36
←menuへ