「ノラや」

f0086169_2055721.jpg

先日ご紹介しましたBS2「私の1冊」の最初の頃にありました
内田百閒の「ノラや」を読み終える。
この本は、昭和31年から45年迄に「小説新潮」に連載になった
「百鬼園随筆」の中から14タイトルを、
1冊の単行本にした本です。

内田百閒先生がふとした事から、迷い込んだ子猫と暮らす様になるのだが、
1年半経った3月27日にふらっと家を出たきり帰って来ない。
その日から、始まるノラへの追慕と追跡の日記が、
綿々と綴られている。
f0086169_20132741.jpg

何月何日
「それらしい猫が今家の庭に居るから、見にいらっしゃい。」
と言われて行ってみるも、尾が少し短くて違う猫だった。

何月何日
「この間家の庭で死んでいた猫を、庭に埋めたがお宅のノラに
似ている。掘り起こしてみますか?」
と電話があり、家内がKを連れて行って掘り起こしてみたが、
みな迄掘らなくても、尾が違っていた。
こういう事が書き連ねてある。

または、「ノラが今如何して居るだろう」と思うと、
帰りたくとも、帰れないでいるのではないかと思うと、
可哀想で仕方が無い。
と言って涙が出るのをどうしようもない。
f0086169_2058186.jpg

とこんな風で、読んでるのも段々退屈で苦笑いも出てくる。
しかし、これが半分も過ぎる頃、私はこのリズムが気に入ってしまった。
そして、この単純な文章の中から、内田百閒先生の愛すべき
キャラクターが浮き彫りにされ、尊敬の念さえ頭をもたげて来る。
こういう言い方は失礼千万であるのだろうが、
私は内田百閒先生を、存じ上げないのだから許して下さい。

私もウチの「なお」が家を出た事が有って、ポスターを貼ったり、
近所を名前を呼んで探した経験があるから、
この先生の気持ちは良く分かる。
f0086169_210788.jpg

ノラを探してるうちに、そのドサクサに家に入り込んで来たのが、
ノラそっくりのクルで、この猫は6年余り共に暮らすが、
大分老いていたらしく、先生と奥様に手厚く介抱されて亡くなり、
庭の支那鉢の後ろにミカン箱に入れられて葬られる。

その後、その辺りから首に付けてやった鈴の音が、
聞こえて来る。
「クルや、お前か・・・」
その呼びかけの優しさ。
f0086169_2059347.jpg

5年前「もも」が亡くなった直ぐに、この本に出会えなくて良かったと思う。
私も泣いて泣いて読めなかっただろう。

内田百閒先生は、決して猫好きではない。
ノラとクルが好きなのだと記してある。
正直な気持ちだと思う。
それほどに、ノラとクルとは、対等な思いで暮らしたのだろうと思う。
親しかった肉親を亡くした様な気持ちなのだと思う。

先生は、それっきり猫を飼われなかった。
もうそんな余分な情も力も1人の人間には無いと言う事か?
「ノラとクルに使い果たしたよ。」と言う最上の愛の告白なのだろう。

この内田百閒先生をモデルにした映画「まあだだよ」が、近々BS2の
黒澤明没後10年の特集で放送されます。

映画は原作を超えるか?!
楽しみです。
[PR]
by magic-days | 2008-12-23 20:31
←menuへ