「あかね空」

f0086169_19354389.jpg

先日と言っても、大分前になるが深夜WOWOWで7年前に
直木賞を取られた山本一力さんの「あかね空」をやってくれた。
12時過ぎでは、最後迄見れないと録画しておいたのを見る。

実は「本」は、当時読んでいたので筋は覚えていたが、
映画を見て思い出したと言う所もあった。
f0086169_19413569.jpg

京都で豆腐修行を終えて年期が明けた主人公が、
自分の店を出す為に、江戸は深川蛤町の長屋に越して来た
所から本は始まっている。

この男の名前は永吉。
永吉がどのようにして、京都風の柔らかい豆腐を
江戸の口に入れて行くかが、1つの流れである。

そしてこの流れに、小さい頃行方不明になった
深川老舗の豆腐屋の息子が、関わって来る。
f0086169_1950467.jpg

「功徳を積む」とか「情けは人の為ならず」と言う諺が、
昔からよく使われる。
遠く離れた娘や息子に直接助けてやれないが、同じ様な年頃の
若者を見ると、つい親切心が頭をもたげる。
「人に親切にすれば、良い事があるとしたら、
 どうか私にでなく、子供に良い事があります様に!」
f0086169_19565598.jpg

親であれば、1度や2度そう祈った事が誰にでも
あるのじゃないでしょうか?
そう言う思いを、老舗の豆腐屋の女将さん(岩下志麻)の立ち場で
伝えています。
その思いが強く現れているのは、映画の方でした。

本は永吉があくまで主軸だったと思います。
永吉の家庭の中の出来事で事が回っていました。
f0086169_20405860.jpg

映画は外から永吉の家族の成り行きを、見守っている感じでした。
大きな善意に包まれている様な・・・
それだけに、映画は大きくなっている。
撮影も見事でした。
カメラ・ワークと言うのでしょうか?
登場人物の心を見事に映し出しています。

主役永吉と老舗豆腐屋の息子の2役を
内野聖陽が、剛と柔を好演してます。

篠田正浩監督が企画と監督にも手を加えています。
[PR]
by magic-days | 2008-10-01 20:12
←menuへ