村上春樹さま

f0086169_195965.jpg

深夜なのか今朝早朝なのか、
凄い稲光がカーテンの向こうで走り、雷のバリバリと言う音が
夢の中に居る私を引っ張り出そうとするが、
私は起きても良い事は無いと起きないで
寝た振りを決め込んでるうちに、
何時しか又深い眠りに落ちてしまった。(笑
f0086169_2045765.jpg

昨日は、芦花公園近くに用があって出かけました。
待ってる時間が随分あったので、やっと
村上春樹の「うずまき猫のみつけかた」を読み上げた。
やっとと言うと面白くなっかたみたいだが、
私としては珍しくこの方の本を最後迄読んだのだから、
面白かったのです。

今迄にも何冊かトライしましたが、「村上ラジヲ」だったかな?
それしか読み上げれなかった。
f0086169_20104049.jpg

この本は、村上さんがケンブリッチに住んでいた1993〜1995年の
海外生活を綴ったものです。
彼は、ここに住む前からボストンマラソンに出ていたんですね?
外国の地で走っていると、日本語が飛んで来るんだそうです。
「がんばってー」と、それが何より感激なのだそうです。

この方も猫が好きで、独身時代。結婚してからと2度飼った事が有り、
2匹とも事情が有って別れなければ成らなく成るのですが、
2度とも、猫の為に最善の方法を尽くして新しい飼い主さんを
探す所が泣けます!
f0086169_2018315.jpg

この方の書く本ってどんなのですか?
カッコいい?
だとしたら、それは本人とは凄く遠い人物像ですね。
この方は、私の好きなタイプで、もの凄く面白い愉快な方です。

どことなく通じる物が有ります。(村上ファンの方ごめんなさい!)
東京に居る時食べに行ってた「ギー」と言うカレー屋さんの
カレーを外国の地で思い出されて食べたく成ったそうです。

ここは、前の家から自転車で10分くらいかな?
上の娘が3年間程アルバイトで働いていました。
かりそめの縁でしたが、彼女はここで鍛えられ、
働くと言う事を教えられ、お客さんからも
社会の風に触れさせてもらいました。
(娘の大学の先輩でもあります。)
f0086169_2028462.jpg

この頃、見た映画で思い出して「パルプフィクション」「恋人達の食卓」と
書いてあって、これは私も大好きな映画でした。

好きな景色の中で何時間もボーとしてる至福の時間。

そんな1節を見ると、こんなに好きな物が合うのに
この人の書く小説は、どうも好きに成れない。

でも、エッセイは好きに成れそうです。(笑
これからもエッセイ沢山書いて下さい!

上の風景は、芦花公園神戸屋近辺です。
[PR]
by magic-days | 2008-08-29 20:35
←menuへ