「おひとりさまの老後」

f0086169_1912547.jpg

マンションの紅葉が少しづつ始まった。
同じ種類の木でも、まだ青い木もある。隣同士でもそうなのだから
日当たりがどうのと言う問題ではないようだ。

今日は寒い上に雨も降り読書がはかどった。随分前から抱えていた
「おひとりさまの老後」(上野千鶴子・法研)をやっと読み終えた。
結論から言えば、親の介護をした経験が有る方にはこれと言って
目新しい事が書いてある訳でないから、
強いて読む必要は無い様に思うが、老後を初めて経験する人には、
それなりに役に立つかも知れない。
f0086169_1922931.jpg

私の父は糖尿の合併症を抱えていて、母は看護が大変だった。
私はその頃高校生だったので、余り手伝いにもならず姉が家事をやっていた。
今思い出しても母が気の毒であった。

病気をしていたのは父だったのに、私は母が可哀相だと思った。
何故だか分からなかったが、今だったら分かる。
人の為ばかり働いて来た母が、自分の楽しみがこれからと言う時に、
それを阻んだ父の病気に同情が出来なかったのだ。
f0086169_20432656.jpg

しかし、結婚して暫くして義父が脳硬塞で倒れ後遺症が残った時、
義母も自分を無くして看護に当たった。
もうその頃義母は70代であったから気の毒であったが
気丈であった。

(最後の2枚の写真は、最近良く行く井の頭公園の喫茶店。)

2人の女性の連れ合いの看取りに接して、そしてその後の生活を
見ていて私なりに自分の老後に対する覚悟みたい物が漠然と
出来てきていた様に思う。
それはこの本にも書いてあったが、いずれ1人の生活をする事に成ると思えば、
それなりの心構えをして精神的に独立した生活をする事である。
ある日急に今日から1人暮しと言うのは戸惑うし、放り出された様な
孤独感に参ってしまう。
f0086169_2042568.jpg

1人暮しの食事とはどう言うものか?
1か月の生活費はどのくらいか?
近くの病院と顔なじみに成っておくとか、
何かサークルに入って顔見知りを作っておくとか
思いつく事を少しづつ準備しておけば、
いざそうなった時、冷静に迎え撃てる気がする。

高齢化社会と言われて久しい。
私が80代に成った時、隣もその亦隣も1人暮しの高齢者で、
同じ価値観の者同士が仲良く静かに暮らせるのでないかと
楽しく想像しているのだが・・・・
[PR]
by magic-days | 2007-10-16 20:51
←menuへ