「風の男 白洲次郎」

f0086169_19211862.jpg

今、どうして白洲次郎なのか?
この本「風の男 白洲次郎」を読めば納得です。
今、ある意味終戦後の日本と状況が似ているのでないでしょうか?
白洲次郎が戦後吉田茂の下で新しい日本を作るべく東奔西走していた時と
現在アメリカとの新しい関係性を見直さなければ成らない時期と。
そしてそこで働く人間に求められるのは、「白洲次郎」ではないでしょうか?

白洲次郎は、日本人がアメリカに対して必要以上に卑屈で、
同じアジア人に対して横柄だった事が我慢なら無いくらい嫌だった。
憲法作成の時天皇の位置付けや戦争放棄したからには、経済力を
付けねば成らない。その為にアメリカに対する援助の要求を
堂々とやってのけた。
f0086169_20273833.jpg

食品、電力と次々に日本再興のために、物わかりの悪い、
私腹を肥やす事しか考えない役人相手に怒りまくってやり通して行く
実行力は凄い。

坂本竜馬がなぜあのように働けたか?
それは脱藩した浪人者だったからだと言う人がいる。
そして、白洲次郎も代議士にならず吉田茂の直属で動いていた。
それも実際は白洲が吉田に助言していた事があったようだ。
時の総理大臣を「あのじいさんが・・・」と愛情を込めて呼び捨てに
していたやんちゃ坊主のような男だった。
f0086169_20295519.jpg

英語を日本語より上手く操ってアメリカ人相手に渡り合っていたが、
私はこの人程侍らしい侍だった人は、あの当時居なかったのではないだろうかと思う。

アメリカでの調印式に全権団の一員として渡米した時、
他の団員が見すぼらしい服装であったのに、
白洲はヘンリー・プールのスーツ姿で現れ鮮烈な印象を与えた。
これは正しく侍が貧乏生活を送って居ても、いざ城から呼び出されれば
裃を携えて登城するのに似ている。

「白洲はそれだけ金持ちだったのさ」と決めつけてはいけない。
この間行った「武相荘」は退職金の1万円で買った土地と家であり、
私は、戦後あれだけの働きをした人にしては、粗末な家だと思いました。
f0086169_20341531.jpg

しかし白州を知れば納得出来る。彼は私腹を肥やす事など考えても居なかった。
新しい日本を、アメリカから独立した日本を作りたかった。
私腹どころか、自分の給料さえ他に廻していた。

『娘が余り狭い家に住んでいるので、白洲が鶴川に越して横に
家を建てれば良いと言うので、援助してくれるのかと思えば
正子に「私達も新婚時代はお金が無くて借金したのよ。」と言われた。』
と「次郎と正子」に書いてあったが、それは真実だったと思います。
今ならば・・・・
f0086169_20374732.jpg

今の政治家や役人に、こんな人がいるだろうか?
私は今日選挙に行って、候補者の名前の前で立ち尽くしていました。
誰にしたら良いか分からない。情けない・・・・
すぐに「この人!」と思える人が居ないのです。

白洲次郎さん、この世に化けて出て来て下さい。
そして「お前ら、なにやってんだ!」と一喝ごつんと言って下さい。
[PR]
by magic-days | 2007-07-29 20:44
←menuへ