『猫の神様』

f0086169_20282037.jpg

何度か本屋さんで手に取っては、棚に返していた本を
とうとう買ってしまいました。
東良美季(とうら みき)さんの「猫の神様」を読み終えて、
やっぱり泣いてしまいました。
2匹の白黒猫(10才、11才の時の闘病記)との関わりが
愛情豊かに綴られている。
f0086169_2034114.jpg

この方は、物を書く事において素人で無くその上自分で経験された
魂をえぐる様な悲しみや喜びを謙虚な気持ちで書かれているから、
読む人に訴えかけない訳が無いのです。
私が何度も躊躇したのは、きっと「もも」の事があるから、
他人事として読めないに違い無い。
今でも「もも」の気配を感じながら暮らしている私が
この本を読んで平静で居られる訳がないのだ。
f0086169_20412787.jpg

しかし、今は読んで良かったと思っています。
子猫は何時かは老いと戦う。その時私はこの方の事を思い出して、
取り乱さず寄り添って、手を添えてやりたい。
自分で出来うる限りの事をしてやりたい。
「もも」はたった3才であっという間に、私に看病などさせる時間も
与えず逝ってしまった。
私が1番大変な時現れて、「なお」を招き入れ役目が済んだみたいに
神様の元に帰って行った。
そしてその後も「あず」を送ってくれた。
この方は猫は「猫の神様」からの預かり物だとおっしゃっている。
私も「もも」が逝った後、神様が貸して下さっていたのだと思いました。
f0086169_2050337.jpg

猫は不思議な動物で、どうもそういう風に思わせる物を持っている様です。
この方の様に長い看病の思い出を頂いた方が良かったか、
私の様に数分で何も出来ずに見送った方が悲しいか?
それは、こういう風に書くのもばかばかしい程比べられる物でないし、
又くらべる物ではないと思う。
だって、その方と2匹の猫の関わりであり、私と「もも」の関係なのだから。
その方の思いであり、私の思いなのだから・・・・
ただ共通しているのは、今も身近に感じて生きていると言う事でしょうか?
そして会えた事を感謝して居る事です。


写真は、井の頭公園と公園傍の喫茶「立吉」
[PR]
by magic-days | 2007-06-04 21:02
←menuへ