「こぐこぐ自転車」(2)

f0086169_725026.jpg

やっと先日購入した「こぐこぐ自転車」読破しました。
いや、オーバーでなく伊藤氏と一緒にペダル踏んでる気になって
力が入りました。
古希を迎える少し前に突然自転車に魅せられ、6台の自転車を購入
する。それには彼なりの根拠があり、その屁理屈も面白い。

前にもお話ししましたが、この方は縁深き(?)方で、故に思い入れも
深く、何故か事件にあえば同情し、上手く行けば良かった良かったと
一緒になって喜ぶ。

この方の行き先が殆ど北海道道東を始め、神田川下り、そして出発点が
ここ久我山だと言う事も私が経験し(電車でですが)また同じ地域だと
言う親近感も有り、また旦那の同級生の弟君だと言う事が購入して
知り、その偶然を大事にし読まさせて頂きました。
f0086169_7245925.jpg

この本が単なる自転車乗りの本に終わってないのは、この方が作家であり
積み重ねられた豊富な知識と体験から綴られ、又この方のじつに愉快な
性格がこの本を面白く説得力の有る物にしている。

ここに移転して来て1年、又自転車を始めようと練習を始めた私は
この方が、古希を前にして始められたと聞くと負けられないと
思うのですが、思いと手足の感覚は別物で、未だにマンションのなかを
右往左往しております。(笑
因に「こぐこぐ自転車」(1)は3/12の日記に掲載
[PR]
by magic-days | 2006-04-14 07:29
←menuへ