軽やかに二人三脚。

(コサギ・兵庫橋にて)
f0086169_14261017.jpg

1年が巡り、年を1つ重ねた。
この1年を振り返って見て、まあまあであったと思う。
特に喜ばしい事も、悲嘆にくれる事も無かった。
持病の方は、先生のお陰で良くなって来ている。
診察に行くと、直ぐに嬉しそうに検査結果を見せてくれる。
(ニオイシュロラン・兵庫橋付近)
f0086169_14281178.jpg

糖尿病は私の場合、医師との連結が重要だ。
私の食生活、運動量を必ずお伝えする。
1週間に1回は、朝昼晩の食事メニューを、
記録しておいて、診察日に持参する。
(マロニエ・牟礼にて)
f0086169_14341676.jpg

これを始めて、お互いの気持が1歩近付いた気がします。
おかしな物である。
最近食事で大きな変化は、朝も沢山食べる事にした。
(トチノキ・井の頭公園にて)
f0086169_1431685.jpg

ヨーグルトにバナナ、胡桃、蜂蜜をかけて、
モーニングカップに8分目くらい頂く。
後はパンと珈琲。
f0086169_14352016.jpg
f0086169_1438654.jpg

























(シロチョウ・玉川上水)
f0086169_14393153.jpg

それでも昼迄大丈夫だし、外来魚作業と時は、
どうかすると昼食が2時半になるが、
低血糖に成った事が無い。

作業に参加し始めた頃は、低血糖に成るので、
一寸つまみ食いをさせて頂いていた。
これは本当に辛かった。
皆さんもお腹空いていらっしゃるのに・・・
(ハコネウツギ・牟礼にて)
f0086169_14405832.jpg

「ちょっと、トイレ」とか言って、場を離れて頂く事もありました。
しかし今期は全くその様な事を、しなくても平気なのです。
食生活の充実と医師が私の癖を掴んで下さって、
薬を変えたのが大きな原因だと思います。
(スイカズラ・玉川上水)
f0086169_1442358.jpg

先生は、「いずれ薬無しにしてあげるから!」と
張り切っていらっしゃるけど、私はこのまま2、3年は、
この状態で様子を見たいと言うと、
「勿論!そうしましょうね。」と言って笑われた。
(コミスジ・玉川上水)
f0086169_14435826.jpg

良いコンビなのだ。
先生が走ると、私が足を引っ張る。
私がグズグズ言うと、お尻を叩いて下さる。
(マロニエ?久我山商店街にて)
f0086169_1445523.jpg

この間、「病と言う物は、身体の病気ですが、心も作用します。
     平常心で居る事が大事です。
     貴女がただ1度乱れたのは、去年の震災のときでしたね。」と言われた。
「そうですね。しかしその平常心が難しいです。」とお答えした。

この先何年も先生との二人三脚は続く。
先生のご好意に報いて、私も健康でいたい。


____________________________________________
トチノキは白い直立する花序をつけるが、白い塔の様で見事です。
これと名前が似ているのが,ベニバナトチノキと言う赤い花をつける木です。

マロニエは,西洋トチノキと言われますが、トチノキとは異なり実に棘があるそうです。

この西洋トチノキとアカバナアメリカトチノキ(北米産)と交配したのが、
ベニバナトチノキです。
[PR]
by magic-days | 2012-05-29 14:46
←menuへ