緑雨滴る。

先日の神代植物園の続きです。
もう少しお付き合い下さい。

f0086169_21233042.jpg

雨が小振りになって来て、フード付きのレインコートが
耐えてくれる程になったので、そろりとテラスを出て、
藤棚(藤の花は未だなのか、終わったのか不明)を潜り、
バラ園(未だ堅い蕾でした。)を横切り、せせらぎの小径に出る。
f0086169_21294196.jpg

小川は水嵩を増し、鯉が底の方に静かに横たわっていた。
雨の後の湿りが、全てを吸い取った様にシンとしている。
f0086169_2132242.jpg

木々の下を歩くと、雨の雫が風に揺られて落ちて来る。
雨の匂いは木々の匂いを含み、胸に迫るようだ。
直ぐ傍で、シジュウカラの声が聞こえた。
「どこ?」と探すと、直ぐ傍の松の木に停まって、
羽繕いをしている。
f0086169_2137533.jpg

f0086169_21375212.jpg

良く見ると、雨に濡れたと思われる羽のあり様である。
あの雨では、どんな茂みに隠れても、全く濡れないで済む事はないでしょうね。
f0086169_21424310.jpg

f0086169_21452868.jpg

飛ぶ鳥にとって、羽は常に準備万端にしておかないと、命取りになる。
この子も丁寧に丁寧にしていた。直ぐ傍でおばさんが
カメラを向けているのも気が付かないで、(笑
f0086169_21554179.jpg

シジュウカラが飛んで行ってしまったので、
私達も先に歩を進める。
そこは左手は小高い丘になっていて、全面つつじ園です。
f0086169_21592722.jpg

f0086169_2202575.jpg

f0086169_2211950.jpg

(松の花)
f0086169_2215480.jpg

つつじ園から川を挟んで、松林を望む。
(松の花)
f0086169_2221460.jpg

ツツジは盛りを過ぎたところに、この豪雨で哀れな姿であるが、
中には反対に雨を受けて、艶やかに花びらを広げるのもある。
全て一応ではない。
f0086169_2211491.jpg

もうこの位にしておこうと、友人を捜したら、
彼女は熱心にツツジと対峙している。
私の様ないい加減な撮り方でない。
見習いたいが、これも一応ではない。(苦笑
f0086169_22151774.jpg

もしかしたら、カワセミに会えるかと川縁に降りたが、
今日は御縁が無かった。
その代わり、和やかな景色を見させて頂いた。
穏やかで、優しい時間である。
佳い1日を頂いた。


その他のこの日の写真
f0086169_22185839.jpg

(ナンジャモンジャの木)
f0086169_22192074.jpg

(タラヨウ・雄株)
f0086169_22201566.jpg

(オオデマリ)
f0086169_22211738.jpg

(睡蓮)
f0086169_22224668.jpg

f0086169_22241819.jpg

[PR]
by magic-days | 2012-05-14 22:25
←menuへ