秋彼岸

              がんばろう  日本
f0086169_19471812.jpg

優しい音」 作 三輪裕子  絵 せきね ゆき   小峰書店

皆さんは、「ヤングアダルト出版会」と言うのをご存知ですか?
先日商店街にある何時もの本屋さんに行ったら、
ある一角にその出版会が出した本が並んでいました。
13歳から16歳くらい迄の所謂「若い大人」の為の読み物です。
迷いの多いこの年頃に、本を読んで自分を見つめる事は、
煮詰まった思いを、クールダウンしてくれると思う。

これは、良い考えだなぁと思いながら見ていると、
娘が「紅蓮さんの本があったよ!」と言うので、
吃驚しました。
しかしよく考えてみれば、在って当たり前だと思いました。
f0086169_19543735.jpg

私は迷わず購入しました。
中学3年生の女の子が主人公です。
「優しい音」と言うのは、携帯のメールの呼び出し音の事です。
確かにメールの呼び出し音は、優しい音です。
しかしそれだけでなく、この女の子には特別優しく聞こえるのです。

高校受験をひかえて、孤独に成りがちな生徒達が、
どうやって切り抜け、卒業式を迎えたか?
作者は、理想型を提示しています。
「こういう解決方法もあるのよ。」と、
そしてそれは、作者の願いでもあります。
この時期を上手く乗り越えて行く事により、
子供は少し大人になって行くのでしょう。
感動的な終わり方でした。
その他三輪裕子さんの作品感想
「最後の夏休み」baa≈tyannto「バアちゃんと とびっきりな3日間」
f0086169_2035181.jpg

峠うどん物語」上  作 重松 清  講談社

この方の作品の評判は、知っては居ましたが、
読む機会が無く今回やっと実現しました。
偶然でしたが、この物語の主人公も中学3年生の女の子です。
そしてこの子は、学校の勉強より祖父母が経営する「峠うどん」で
アルバイトしながら、祖父母の含蓄の籠った1言に学び、
仕事に対する姿勢に感銘を受けるのです。
f0086169_20133377.jpg

世の中には、色んな考えを持つ人がいる。
色んな思いを抱いて生きてる人がいる。
今分からなくとも、そう言う人がいると言う事を知って
驚き戸惑ってる主人公が可愛い。
そしてこのうどん屋が葬儀場の前に在る為、
否応無く、人は何時かは死ぬ物だと言う事を知ってしまう。
下巻でどう言う風に成長して行くか楽しみです。
f0086169_20115953.jpg

「ムーミン谷の彗星」  トーベ・ヤンソン  下村 隆一/訳  講談社

この本が書かれたのは、1番最初なのですが、どう言う訳か1968年に
第7回の配本として世に出ました。
作者がそれだけ、何度も熟慮して出版が遅れた思い入れ深い本だと思います。
この本を読んで初めて、ムーミン谷に住む人々の相関図が、
私の頭の中で描く事が出来ました。
昔私達も「彗星が地球に向かって接近して来た!」と
騒いだ事が在りませんでした?
f0086169_20143088.jpg

ムーミントロール達は、どうしたでしょう?
大事な人たちと出会いながら、冒険を続けて行く
ムーミントロールは、何時も一生懸命で本当に可愛いです。(笑


写真のトンボは、アキアカネだと思うのですが・・・
そして最後のは、雌だと思います。
ちょっと小型だけで、全く同じ形のナツアカネがいます。
[PR]
by magic-days | 2011-09-24 20:34
←menuへ