共に生きてこね。

(かくれんぼだよ)
f0086169_1762013.jpg

11日友人と久し振りに、青山教会に伺いました。
この日は「ペンテコステ」の祝会として、
チャリティ・コンサート(東北震災のための)があるので
是非いらっしゃいと牧師先生からお誘いがありました。
f0086169_1775624.jpg

礼拝も護ってない迷える羊に、
忘れず時々お声を掛けて下さいます。
有り難い事です。
f0086169_17102962.jpg

        チャリティーコンサート
出演者
   青戸 知 (二期会会員 青山教会会員)  
   一小路千花(二期会会員 青山教会会員)  
   増田基子 (日本オルガニスト協会、日本オルガン研究会会員 青山教会会員)
   教会学校の子どもたち
f0086169_17111592.jpg

        プログラム

フォーレ 『レクイエム』より
     リベラ・メ(バリトン)

賛美歌21 339番
     来たれ精霊よ(ソプラノ&バリトン)

バッハ  コラール前奏曲
     来たれ精霊よ BWV667(オルガン ソロ)
f0086169_1712418.jpg


     メッセージ       青山教会牧師        増田 将平

バッハ  『カンタータ  147番』より
     主よ、人の望みの喜びよ(ソプラノ・バリトン)

トラディショナル
     アメイジング・グレイス(ソプラノ)

f0086169_17123328.jpg

           休憩
こどもさんびか 19番(バリトン&ソプラノ・子どもたち)

こどもさんびか 93番(子どもたち)

杉山竜一 作詞作曲
      ビリーブ(皆さんと一緒に)

高野辰行 作詞 岡野卓一 作曲
      ふるさと(皆さんと一緒に)

追加アンコールが2曲程ありました。
f0086169_17131344.jpg

青戸知さんは、この教会と共に育たれ、大きく成られて
教会学校の指導を手伝われました。
生まれも環境も、宗教曲を歌われる素質を、十分に兼ね備えた方です。
オペラ(フィガロの結婚)も拝見しましたが、
持って生まれた明るいご性格からでしょうか、
軽妙で、その場を和ませる素敵な歌声でした。
f0086169_17135474.jpg

一小路千花さんは、公私ともに知さんのパートナーで、
2児の母でいらっしゃいます。
子どもを育て子どもに接していらっしゃって、
歌にも母性を感じ暖かく包まれる
感じがしました。
f0086169_1714264.jpg

増田基子さんは、牧師夫人でいらっしゃいますが、
子供の頃からピアノを奏され、
海外のコンサートにも出演されたそうです。

教会会員に3人の優秀な音楽家が在籍している事は、教会にとっても
教会員にとっても幸せな事だと思います。
f0086169_1715746.jpg

皆で「ふるさと」を歌っている時、
隣席のKさんが嗚咽を堪えられてる様子だったので、
「どうなさったの?」と尋ねると、
「ごめんなさい。私福島なの・・・・」と呟く様におっしゃいました。
「もうそれ以上何を仰らないで・・・」と言う様に頷きました。
歌が終了しても、彼女はハンカチを顔に当てて俯いて悲しみに
耐えていました。
f0086169_17155028.jpg

暫くして
「もう故郷には帰れない様で、この歌を聞いていると、
我慢が出来なかったの。」とおっしゃいました。
彼女は私と年も近く親しくして頂いていました。
最近は身体を壊して、久し振りに教会にいらっしゃったそうです。
f0086169_17161824.jpg

「震災よりも放射能が恐い。」とも仰っていました。
ごもっともです。私も恐いです。
福島に何も関係ない私でも、他人事でなく放射能は恐い。
この方は姪や甥御さんが、住んであるそうです。
さぞかしお辛い事でしょう。
f0086169_17164479.jpg

村上春樹さんが週刊朝日に
「核に対する『ノー』を叫び続けるべきだった」と言う
寄稿記事を載せていましたね。
多くの方が同じ様に後悔されたと思いたいです。
f0086169_17181619.jpg

会が終わって、出演者が出口に並んで待っていて下さいました。
青戸ご夫妻に
「久し振りにお会い出来、素敵な歌声を聴かせて頂き、
本当に有意義なコンサートでした。」とお礼申しました。
f0086169_17184869.jpg

神から授かった才能を役立てていらっしゃる
素晴らしい方々です。

ペンテコステ(聖霊降臨日)に、東日本大震災被害者のための
チャリティコンサートに出席出来、皆さんと一緒に
お祈り出来ました事を感謝します。



三鷹市・牟礼「花と緑の広場」にて
[PR]
by magic-days | 2011-06-14 19:27
←menuへ