「照葉樹」10号・・・みつさんお手をどうぞ

f0086169_22534633.jpg

人として子として、果たさねば成らなかった事から逃げ出すと、
年月を経て目の前に、形を変えて立ちはだかる時があります。
そんな時、ツケが回って来たと人はうそぶきます。

そこで又逃げ出す様な馬鹿な事は、人生とは何たる物か
分かりかけた人間は、絶対しないでしょう。
今度こそは、真っ向から取り組んで、全うしようと
思う筈です。
神様が、2度目のチャンスを下さったのですから・・・
(シジュウカラ)
f0086169_22551266.jpg

ryoさんが年2回発行される「照葉樹」が今回目出度く
10号を迎えました。
記念すべき10号に、ryoさんはどんな作品を送ってくれるだろうかと
楽しみにしていました。
f0086169_2256291.jpg

読み終わった今も感動で身内が震えます。
私が何時も母に対して詫びる気持。
その思いを義母への思いで、繕おうとして来た事。
そう言う思いを話した事の無いryoさんの
作品の中で正面衝突してしまった。
(アオサギ)
f0086169_22565356.jpg

母に育ててもらった恩返しをしないうちに、
先に逝った父を追うように、母は逝ってしまいました。
若い頃は親が先に逝くのは、仕方が無い事だと、
自分に納得させようと思っても、私がもう少し結婚せずに
傍に居たら等と、せんない事を思いました。
でもそれは、私の思い上がりです。
f0086169_225849.jpg

福岡には姉が嫁いでは居ましたが、2人住んでいました。
私より何倍も行動力のある姉です。
それでも、私は母の死を早めたのは、私にも責任がある事だと
結論付け、その思いを義母にあてがいました。
f0086169_22582933.jpg

義母とは、馬が合うと言うのか、知らない人には本当の
親子と思われ主人はお婿さんだと思われ、
サザエさんの家状態でした。(笑
ryoさんの「みつさんお手をどうぞ」は、母への思いを義母への思いを、
乳白色の靄の隙間を割いて、思い起こさせてくれました。
(エナガ)
f0086169_22585778.jpg

発行前にryoさんが、「私の好きな分野の話です。」とブログに
記してありましたが、私もそう思います。
8号の「TENDER LOVE」もそうですが、人と人の交わりの不思議、
その巡り合わせが訪れる事を、孤独に生きている人にそっと、
教えてくれているようです。
(魚を仕留めたアオサギ)
f0086169_2312365.jpg

「本当の寒さはこれからだなぁ・・・」
最後の主人公の呟きは、これから越えなければいけない
ハードルの高さが伺えるけど、
きっとこの孤独な主人公の背中をそっとさすったり、
押してくれる人が、確実に出来た事を、
私は信じたいです。
f0086169_2314565.jpg

私の感想は、極力粗筋は書かないようにしています。
ブログに粗筋と感想を書くと、どちらかがお座なりに成るのです。
どちらも丁寧に書く力が私にはありません、
お許し下さい。

「照葉樹」のサイトはこちらです。
追加写真2/15朝
f0086169_6594648.jpg

azuは、お陰さまで少しづつ回復しています。
ありがとうございます。
感謝!


(2/12 8.556歩  2/13 5.586歩  2/14 5.809歩)
[PR]
by magic-days | 2011-02-14 22:12
←menuへ