アオサギとダイサギのバトル

1/4に久し振りにアオサギを見てから、気を付けていたら
私が高源院に行った日は、何時も居る事が分かった。
毎日居るかどうかは、分からないしかし居るかもしれない。
1/17
木の上に止まって寒いのか動こうとしなかった。
1/22 
f0086169_20472060.jpg

f0086169_2049190.jpg

行った時は、魚を捕っていたようだが、直ぐに木の上に
飛び移りそのままじっとしている。

1/23
前から不審に思っていたのですが、このアオサギは、
どう見てもおかしい!
美しくないのです。
私の写真が下手ッピーを差し引いても
綺麗じゃない。
それに、上嘴が青いと言うか黒い。
アオサギは、1年を通じて黄色い。
かんさつ会の時にueさんに、その話をしたら、
図鑑を広げてみてくれて、
「あった!これ見て幼鳥は上嘴が黒いよ。」と
教えてくれた。
「納得! 納得!」思わず笑みがこぼれた。
「良い図鑑持ってるね!」と言うと、後表紙の値段を見せて
ニヤと笑った。
「高い!」私の図鑑の3倍はする。

でも彼は教えてくれた、古本屋で半額以下だったと・・・
成る程、そこまでしなくちゃね!
私も頑張ろう!(何の事やら・・・笑
1/25
f0086169_2153671.jpg

この日は、対岸の松の木にお尻を向けて止まって居たが、
1、2度横を向いてくれた時に顔が撮れて、
先日のアオサギだと判明した。
この日も動かず。(笑
1/28
f0086169_211099.jpg

f0086169_2226445.jpg

今日私が行った時、池にアオサギが居て、
余り高くない直ぐ傍の木にダイサギが停まっていた。
良く見ていると、アオサギが中々退かないので、
我慢出来ないと言う様に、片足で枝を叩いていた。
f0086169_2113308.jpg

そこへカワウが飛び降りて来た。
f0086169_21173143.jpg

カワウはまるで挑発する様に、アオサギの前にやって来た。
その場で潜って魚を捕ろうとしている。
それは「俺は潜って魚を捕る事が出来るんだぞ!」と
言ってる様に見える。
それにカワウは、アオサギが幼鳥だと侮ったのかも知れない。
f0086169_212152100.jpg

カワウが御堂を潜って橋の向こうに泳ぎ出した時、
アオサギが飛び立ってこちらに来て橋の欄干に停まってくれた。
f0086169_21262845.jpg

f0086169_21272159.jpg

これは、私としてはラッキーでした。
私とアオサギの距離は3メートル位だと思います。
幼鳥と言えど近くで見れば綺麗です。
f0086169_21312334.jpg

f0086169_21304370.jpg

f0086169_21323026.jpg

その頃ダイサギは、これ幸いと餌探しを始めていました。
しかし、すぐにアオサギに気付かれて空に舞い上がり、
大きなダイサギとアオサギが、狭い池ノ上を追いかけっこ(笑)です。
f0086169_21365683.jpg

f0086169_21374873.jpg

何周か飛んで、先ずダイサギが着地。
f0086169_2139196.jpg

続いてアオサギも着地。
しかしダイサギは、この時点でこの池を諦めたのか、
何処かに飛んで行ってしまいました。
f0086169_21395971.jpg

f0086169_21415150.jpg

これは、「私が勝った!」ポーズでしょうか?(笑

ドサクサに紛れて、カワウの姿が見えなく成りました。
飛んで逃げたのだったら、分かったと思うのですが・・・
不思議です。
f0086169_21442514.jpg

他のお寺を廻って、帰りに寄ってみたらアオサギは居ませんでした。
その代わりカワウが羽根を乾かしていましたが、
広げた羽は勇ましそうですが、キョロキョロ落ち着かない様子で
辺りを見回していました。
ダイサギとアオサギがやってる間、やはり何処かに隠れていたのでしょう。
それにしても面白い場面に遭遇しました。

アオサギは、これから立派に成って行くと思います。
頭の冠羽もまだ出来てないみたいですし、
首の前に縦にあるレース模様みたなのも、
まだはっきりしてない様です。

成鳥に成る迄、この池に居て欲しい物です。


(1/26 9.863歩  1/27 8.090歩)
[PR]
by magic-days | 2011-01-28 21:51
←menuへ