第67回井の頭かんさつ会(冬鳥探鳥会)その1

(カイツブリ)
f0086169_20404777.jpg

今日は久し振りの井の頭公園です。
多分12月のかんさつ会以来だと思います。
f0086169_20512280.jpg

梅林の梅が仄かな香りを放ち咲いて居た。
f0086169_2054128.jpg

横の野草が植えてある花壇には、水仙も咲き出している。
大寒を迎えて寒くはあるが、早春の花を見ると
気持も明るく成る。
(シメ)
f0086169_21212100.jpg

弁天池の畔に立つと、カイツブリが2羽泳いで行った。
カイツブリを見ると、1年中この池に住んでいるからか、
何となく親しみがあるし、まだこの池が住める状態であると
思って何となく良かったと思う。
f0086169_20562132.jpg

池ノ上を2羽の大きな白い鳥が輪を描いている。
足の先の黄色いのがはっきり見えたので、コサギだと分かったが
中々頭の上を飛ぶ鳥は撮れない。
弁天橋の向こうに消えたので急いで行くと、
お稲荷さんの傍の木の上に1羽だけ止まって居た。
f0086169_2171178.jpg

集合時間が迫ったので急ぐ。
今日は何時もより30分早い集合だったが、
もう沢山の人が集まっていた。
3つのグループに分かれて七井橋を渡る。
(カワラヒワ)
f0086169_9204946.jpg

渡ったすぐ前にアキニレの木が有り、実がまだ残っているらしく
カワラヒワが数羽啄んでいる。
ハルニレと言う木も有り、それは春に花が咲く。
(シナマンサク)
f0086169_21143868.jpg

七井橋を渡って左に行き、井の頭池を西に回る。
シナマンサクは中国原産。
葉が枯れても春花が咲く迄葉が残る。
花に芳香があると、図鑑に書いてあったが、
特に印象は無かった。
(シジュウカラ)
f0086169_21161461.jpg

木の縦の裂け目に虫でも居るのか、
しきりに突っついていた。
木の裂け目は、何がしか鳥や苔や虫には、意味があるのかも知れない。

お茶の水橋で、オオバンが寄って来た。
(オオバン)
f0086169_21211650.jpg

此処は水温が高いので、小魚でも居るのだろうかと
思っていると、鯉が沢山並んで場所を取っているので、
後の方で何か拾って銜えていた。
f0086169_21234156.jpg

長い草の茎の様に思える物を、オオバンは口の中に入れてしまった。
小魚が居ないのかも知れない。
こんな物でも、お腹に入れるしか仕方ないのだろう。
f0086169_21262164.jpg

さっきのコサギだろうか、左手の石組みの空いた所に
頭を入れて何かを狙っている。
f0086169_21282465.jpg

コサギは段々中に入って行って、そこを動かなかった。
暫く見ていたが、動かない!(笑
私達も諦めて、御殿山に向かう。
途中弁財天の前に、消防自動車が何台か止まって居た。
東京地方は、このところ全く雨が降っていない。
f0086169_21363796.jpg

そのため乾燥していて、火事も多い。
前から予定してあった演習かも知れないが、
こういう年は特に必要だと思う。
私達は階段を登って、御殿山に向かう。



井の頭・自然観察の「自然の出来ごと」が更新しています。
今回は神田川久我山付近の鯉の話です。
私は買い物に行く時、この近辺を通りますが、気が付きませんでした!

それと井の頭池の水鳥に餌自粛が、公園事務所が立てた張り紙が
「餌やり禁止」に格上げに成りました。
詳しくは「自然の出来ごと」をクリックして下さい。



(1/21 11.795歩  1/22 6.975歩  )
[PR]
by magic-days | 2011-01-23 21:38
←menuへ