「海辺のカフカ」

f0086169_1428445.jpg

村上春樹さん50代前半の作品に成るのでしょうか・・・

不思議な物語です。
読んだ後も其の世界から中々抜け出す事が出来ません。
主人公田村カフカ(偽名です)は、幼い頃から父親に呪いの言葉を
何度も何度も心の中に打ち込まれて育った。
f0086169_14302544.jpg

彼は15歳の誕生日に家を出ます。
高松に向かって、夜行バスに乗り込みます。
それは4歳の時に、カフカを残して、姉だけを連れて家を出た
母を探す旅だったのか?
(ツグミ)
f0086169_14373992.jpg

只、父から逃げ出したい旅だったのか?
誰かに遭遇するための、旅だったのか?
物語は、カフカが動き出したと同時に、色んな人を
巻き込みながら進んで行く。

彼らは、カフカの動きと同時に、動き出したのでなく、
その前から高松に向かって動いていたのかも知れない。
「人が運命を選ぶのでなく、運命が人を選ぶ」
(ツグミ)
f0086169_14295297.jpg

これは本文中で、高松の図書館司書の大島さんに、言わせた言葉です。
そしてこう続けている。
「それがギリシャ悲劇の根本にある世界観だ。・・・・・
 ・・・皮肉な事に当事者の欠点によってと言うよりは、
 むしろ美点を梃子(てこ)にしてもたらされる。」

この物語は、ギリシャ神話「オイディプス王の悲劇」が、
被されている。
この悲劇を父親は息子の上に刻印を押した。
(カルガモ)
f0086169_14332132.jpg

そしてカフカが直接手を下さず、もう1人の主役とも言うべき
「ナカタさん」が実行してしまう。
カフカは、この「ナカタさん」に何度か救われるのだが、
結局会わずじまいで終わってしまう。

世の中には不思議なことが起こる。
其の不思議な事は、表に出た事実であったかも知れないが、
そこに至る道筋は違っているかも知れない。
(ヒヨドリ)
f0086169_14334916.jpg

何も不思議な事でなく、道理がちゃんと通る事かも知れない。
しかし、それを証してどうなる事と言うんだろう。
証さない方が良い事もある。
話さない方が良い事がある。
自分の想像力を働かせて、頷くだけで良いのではないでしょうか?
(カラス)
f0086169_1434582.jpg

15歳の少年は、「不条理の波打ち際を彷徨うひとりぼっちの魂。」
彼は心の中に、カラスと言う名の少年を、住まわせている。
カラスによって、彼は心の平衡をを保つ。
これは、何も特別な事でないと思う。
(カラス)
f0086169_14342189.jpg

誰でも、もう1人の自分を持っている。
それに依って、生きて行けれるのだと思う。
村上春樹さんは、大きな筆にたっぷり墨を含ませて、
大きな和紙の真ん中に静かに落とします。
(ツグミ)
f0086169_14384797.jpg

そして四方八方に、墨が滲み込みながら流れているのを、
深い洞察力で観察している。
彼の知識は勿論豊富であるし、それは彼の本を読めば直ぐに
分かる事である。しかしそれだけでなくそこから
広がる想像力は、止まる事を知らない。
f0086169_14353249.jpg

この本は、4年位前に何ページか読んで諦めた本でした。
今回何冊か彼の本を読んで、私はあの時自分にこの本を理解する
心の余裕も時間も無かった事に気が付きました。

今又此処で会えた事を感謝します。

詳しい粗筋はこちらをクリックして下さい。


「井の頭かんさつ会」の詳しいお知らせと申し込み受付が始まりました。


(1/6 7.978歩)
[PR]
by magic-days | 2011-01-07 15:53
←menuへ