ランゲルハンス島の午後

f0086169_23182095.jpg

村上春樹さんの「世界の終わりと・・・・」の下巻を読む前に
大きく欠伸をする意味で「ランゲルハンス島の午後」と言う
短編集を読む。
本当に薄い文庫本で、しかも半分のページは安西水丸さんの絵が
入って居る。
(オナガガモ・♀)
f0086169_015894.jpg

私は安西水丸さんの絵が好きなのです。
そして、春樹さんもお好きらしい。
これは嬉しい事です。
さて、何冊かある「村上春樹・安西水丸の本」の中で、
何でこの本にしたか?
(キンクロハジロ・♂)
f0086169_0155746.jpg

理由を聞かれたら、皆さん苦笑されると思います。
ランゲルハンス島というのは、膵臓の細胞の名前なんです。
如何して私が知ってるか?
それは、糖尿病にかかった時に一寸調べたのです。
(オナガガモ・♂)
f0086169_0172192.jpg

ランゲルハンス島(ランゲルハンスとう、islets of Langerhans)とは、
動物の臓器の一つである膵臓の中でグルカゴンを分泌するα細胞(A細胞)、
血糖量を低下させるホルモンであるインスリンを分泌するβ細胞(B細胞)、
ソマトスタチンを分泌するδ細胞(D細胞)および
膵ポリペプチドを分泌するPP細胞の4種の細胞からなる細胞塊である。
別名を膵島(すいとう、pancreatic islet)という。−wikipediaより
f0086169_018963.jpg

細胞の名前なのに何々島となるのが、面白くて覚えていたのです。
そして糖尿病の事を、何か面白く書いてくれたのかと
思ったんですね。
f0086169_0193296.jpg

でもこれは、外れました。
いえ、面白いのは面白いです。
村上節が何時もの通り、春の小川の様にサラサラ流れて来て、
いい気持にさせてくれます。
(コサギ)
f0086169_0204027.jpg

ただ、糖尿病のトの字も出て来ません。
まぁ良く考えれば、村上春樹さんと糖尿病は、
似合わないですよね。(笑
f0086169_0212471.jpg

この本は、25の短編から成っています。
その中に「みんなで地図を描こう」と言うのがあります。
春樹さんは地図を書くのが大好きだそうです。
f0086169_0225428.jpg

『僕は1度架空の街の地図を描いて、
 それをもとにして小説を書いた事があるけど、
 これはとても楽しかった。』と最後の方に書いてあるが、
その小説こそ、私が今没頭している「世界の終わりと・・・・」の
事に違いない。
(オナガガモ・♀)
f0086169_0234778.jpg

表紙を捲ると最初に関心を持つのが、細密画風の地図です。
それには誰が描いたと記されていませんが、
私は春樹さんに違いないと思っていました。
ですから、この短編集で判明して私の勘が当たった事が
分かり嬉しくて、娘にこの箇所を読んで聞かせた程です。
(オナガガモ・♀)
f0086169_0243558.jpg

安西水丸さんの絵を、ご存知の方もいらっしゃると思いますが、
混じりっ気の無い色で、まるで色紙を貼った様な絵を書かれます。
この方の絵を見ていると、あんまり複雑に物事を
考えるのはよそうと思います。
(アオクビアヒル)
f0086169_0252399.jpg

単純であるがままの姿は美しいし、人に安らぎを与えます。
つい昨日、ある親子の方とこちらも親子で、
ダブルデートをしました。
そのお母様は、安西水丸さんの絵に似ているなぁと
思いました。
(キンクロハジロ・♂)
f0086169_0265992.jpg

飾りっけがなく、少しも自分を良く見せようとか思ったり、
物事を繕ったりしない方です。
明るくて朗らかで楽しい方です。
f0086169_0274299.jpg

こんなお母様に育まれたお嬢さんは、
もの静かで、ニコニコと笑顔の絶えない
可愛らしい方でした。

4人で座っていながら、いつの間にか私は横に座ってある
お母様と向き合って話していて、
娘は横のお嬢さんと何やら、楽しそうに話していました。
f0086169_0282737.jpg

こんな楽しい時間はあっという間に過ぎて、
外は薄暗く成り出していました。

今日は、本当に逆光の中で皆で輪になって
手をつないで、踊っている様な気分でした。(笑


f0086169_0293850.jpg

公園に珍しい鳥が居ました。
これは多分野鳥でなく、誰かが置いて行ったのでしょう。
そう言えば去年来た時は、支那ガチョウが居ました。
f0086169_19513315.jpg

この鳥も誰かが置いて行き、
ボランティアの方が餌をやり、面倒見てありました。
今年はいませんでした。
何処かに貰われて行ったのでしょうか?
そうだと良いのですが・・・・


(11/19 12.789歩  11/20 11.862歩 11/21 13.331歩)

.
[PR]
by magic-days | 2010-11-23 00:50
←menuへ