望んで得た日々

f0086169_19475057.jpg

先日1ヶ月に1回の診察に出掛けた。
2時半の予約だったが、昼食後暫くして一寸早かったけど、
今日は成る可く早く帰宅したかったので病院に向かう。
採血をすませて、読みかけの本を開く。
f0086169_19515485.jpg

30分程して名前を呼ばれて、慌てて本を閉じ診察室へ。
「こんにちは!」と声を掛けて、ドアを開けると
先生は待ってましたとばかり、
「良い結果が出てるわよ!」と嬉しそうに
検査結果照会を広げて見せて下さった。
f0086169_19564919.jpg

「良かった!」
夏に薬を変えてから、暫く薬の量が定まらず、
一喜一憂していたので、今1つ心配だった。

だが、2ヶ月安定が続いているから、もう定着してくれたと思って
良いかも知れない。
f0086169_2024867.jpg

先生は「薬無しにしたいけど、まぁ欲をかいても仕方ない。
    後戻りしない様に、気を抜かないでね。」と言って笑われた。
私も、此処迄来れたのだから、後戻りなんてとんでもない事だと思って笑った。

次回からは、先生が開業されている病院の方に伺いたいと
お願いした。
f0086169_207478.jpg

先生はとても喜んでくれた。
私も随分迷ったが、之から先の事を考えて、小回りが利く
開業医の方が便利だと思うし、何よりこちらに越して来てから、
ずっと、私と一緒に成って病気と闘ってくれた先生だ。
病院は遠く成るが、その代わりバスが使える。
そう言う事も考えて見た。
f0086169_20121391.jpg

「銀河祭りのふたり」を読み終える。
この本は、2年前にryoさんのブログで教えて頂いた
「信太郎人情始末帖」全7巻の最終完である。
2年前は、「おすず」と「水雷屯」を読み、
一寸他のを読んでから又続きを日を置いてと
思っていたら、いつの間にか2年も経っていた。(笑
f0086169_20184282.jpg

読んでいるうちに「おすず」を思い出して、
直ぐに入り込めた。
読みやすく、ツツツっと3日で読み上げてしまった。
良く出来た話であるが、最後の異母兄と信太郎の和解が、
何だか、バタバタと片付いた感が有り、もの足りなさが残った。
f0086169_2023226.jpg

しかし江戸情緒や商家の細々した所が、良く書けてると
感心してしまった。
時代物は、読者をその時代迄引き戻さなければならない。
それだけ、現代物と違う苦労がある。
f0086169_20283436.jpg
f0086169_20284818.jpg
f0086169_2029430.jpg












ベランダの野菜が大分育ちました。
春菊は春菊の、ほうれん草はほうれん草の、
小松菜は小松菜の当たり前ですが、
香りがする様に成りました。
今日は間引きして、オイルサーディン丼の上に
こんもり盛って戴きました。
健康に恵まれ、好きな本が読めて、
美味しいものが戴けて
本当にこれ以上欲をかいたら、
罰が当たりますね・・・・・・笑

f0086169_21371194.jpg

suukoさんのブログで、余りにも美味しそうだったので
真似っこです。(笑




(10/23 17.967歩  10/24 11.436歩)
[PR]
by magic-days | 2010-10-25 20:54
←menuへ