水色のワルツ

f0086169_10394078.jpg

先日本屋さんで思わず手にした本である。
最近本に対する食指が、麻痺してしまっていた。
しかし、この三浦哲郎の「おふくろの夜回り」を見た時、
既に手に取っていた。
表紙が「おぼろ月に輪舞する子供達」山口薫さんの作品が、
とても良いのです。
f0086169_10511391.jpg

傍に立っている3頭の馬(?)、
大きな丸い今にも消えそうなおぼろ月が、
輪を作って踊る子供達の頭上で、優しく眺めている。
全ては夢の様に儚く、闇の中で其処だけが
幸せな時間を思い出させてくれる。
f0086169_1114046.jpg

一生を通して、母の懐の中で暮らした子供の頃が
1番安心して頼り切って生きていた時代だった。
この表紙が、この本の中で書かれている事を、
的確に表している。
この本を読んで、その感想を山口さんが絵にしたのでないかと
思う程である。
f0086169_1056616.jpg

しかし、それはない。
この本は今年6月に発行されたものであり、
絵は1968年に描かれ、今は京都現代美術館が保管している。
1度実物を見たいものだ。
f0086169_10595293.jpg

三浦さんの本は、しみじみと懐かしく私の子供の頃を
昨日の事の様に鮮やかに思い出させてくれた。

そして、現在の心境や暮らしぶりに、
大いに共感させられた。
f0086169_115535.jpg

暫く手元に置いて、ペラペラと読み返してみたい
そんな気持にさせる本である。

今日は、大きな台風がやって来ている。
災害が無い様にと祈る。



(7/30  6.542歩  7/31  11.188歩  8/1  4.455歩)
[PR]
by magic-days | 2010-08-12 11:10
←menuへ