「照葉樹」8号

f0086169_22381385.jpg

書き手と読み手が1つの物語を挟んで、向き合う時
その両者の思いは1つでない事があるし、全くぴったり重なるときもある。
私は、よく写真に付いても言うのだけど、
「ブログに載せた時、その写真は撮り手を離れて1人歩きし始めたのだから
私がどう感じようと自由ですよね?」って・・・・

そう前置きして、書き始めると一寸気が楽に成りました。(笑
f0086169_22445448.jpg

今回の2つの作品「緋色のリボン」と「TENDER LOVE」は、
多分書かれた時期は違うと思うのですが、
奇しくも同じ主題を持っている様に思えます。
前者は子供の時、家庭内暴力を受けていた女性が、
嫁ぎ先の姑から、家庭の暖かみを受けて成長して行く過程を
描いている。
f0086169_22553586.jpg

後者は、夫が他の女性と駆け落ちし、残された心臓病の幼子を
抱えて生きて行く姿を描いた作品です。

今の世の中で、よくある人間模様である。
そして、この事態が改善されず悪い方に転がった時、
そこに犯罪の匂いが漂って来る。
f0086169_232297.jpg

しかし、そこに人間愛がある時悲劇は回避される。
人間は皆全てに満たされて生きている訳でない。
自分が持っている物で、一寸隣で困っている者を包み込む事で、
両者が満たされ孤独で無くなる。
後者の作品は、その事をより強く言おうとしている。
f0086169_2391930.jpg

離婚、高齢者の孤独、家庭内暴力、小児難病。
現代の社会問題を描き乍ら、そこに社会派と言う枠を作らずに
作者は、1人の人間がその日その日を、一生懸命生きる姿を描き、
その渦に巻き込まれて行き乍ら、助けるつもりが自らも助けられ
自分の生きる場所を見付けて行く姿を暖かく描いている。
こんな不況な世の中でも、貧しくとも暖かな気持で
生きていけれる事を教えてくれる。
f0086169_23284213.jpg

前々回の本文に書いた
「愛されている者は強い。そして愛する者を持つ者は強い。」
と書きましたが、もしかしたら水木 怜さんも同じ思いなのだろうか?
これは、私の勝手な思い込みですが・・・
f0086169_092241.jpg

世界中の人に愛する者が居て、誰かに愛されていたら、
この世の中から、少し不幸が減って行く様に思います。
そうじゃないでしょうか?
今回は、沢山の問題提起を頂いた様な気がします。
ひょいと軽く渡された物が、意外にも重いんですね。


「照葉樹」8号ご購読ご希望の方は、
どうぞこちらにお申し込み下さい。
[PR]
by magic-days | 2010-02-18 23:24
←menuへ