アイガモ


’09.11.1

高源院の鴨池は、今変化が起こっています。
事の起こりは、先日の台風です。
雨も上がったので、鴨池の様子を見に行きました。

想像していた通り、何処からかカルガモ達が台風を避けて
避難していました。
その1団(7、8羽)の中に、一寸変わった毛色の子が居ました。
回りのカルガモより、大きい鳥です。
f0086169_15313077.jpg

鴨と言うか?何と言ったら良いのか?
初め私は、この変わった子が1団のボスだと思っていました。
カルガモとマガモの合の子で、通称マルガモと言うのは、
何羽か見た事があります。
首に白い輪が付いていたり、胸元が赤茶っぽかったり、
でもこの子は、全く初めて見る子でした。

「此処の住人たちは?」と見ると対岸の端の方に固まって様子を見ていました。
他所からカルガモの1団が避難して来たりする事は、珍しい事ではありません。
そんな時でも、こんなに固まって離れた場所に、居る事は有りませんでした。
この子達が、畏れているのはあの大きな未知の鳥でしょう。
次の日、避難していたカルガモ達は何処かに移動しました。
でもあの子は、残りました。
此処の住人のカルガモに近付きますが、さり気なく避けられます。
そして又その次の日、とうとうカルガモ達は自分の住処を離れていなく成りました。
f0086169_15351751.jpg

その次の日。あの子は1人で池に居ました。
ただ身体が大きいので、怖がられているだけなのでしょう?
本当のところは、分かりません。
只分かる事は、あの子は乱暴者でないと言う事です。
他の子を追いかけ回したりしません。

「ただ、遊ぼう!」と寄って行ってるだけだと思うのですが・・・
カルガモのいない池は、淋しくシーンとしています。
空には、ヒヨドリの声が相変わらず空間を縦横無人に
交差しています。
湖面を時々カワセミが猛スピードで、駆け抜けて行きます。
f0086169_1543372.jpg

でもあの子は、きっとそんな物は慰めに成らないのでしょう・・・
カルガモさん達に帰ってきて欲しいのでしょう。
私も、今のカルガモのママのママから見て来たのです。
そんなに簡単に、この池を見捨てないで欲しいです。
そして今日。

カルガモ達が帰って来ました。
今年生まれた3羽と秋になると顔を見せるマルガモと共に。
もし間違いなければ、このマルガモはパパであり、
今年の相方になるのかも知れませんが、そんな事は可能なのでしょうか?
f0086169_15563169.jpg

「あの子は、どうしたかしら?」と見渡すと、
居ました!御堂の傍の倒木の上で毛繕いをしていました。
見ていると、白い産毛が沢山取れて水面に浮いていました。
心無しか胸の所が茶色く成って行っている様な気がするのですが、
あの子は、今から少しづつ変化して行くのでしょうか?
どうであれ、皆仲良く暮らして欲しい物です。
’09.11.2

あの子は、マルガモではない様です。
今1番候補に上がっているのは、アヒルとカルガモの合の子です。
大きさは別として、体型がアヒルに似てます。
そしてこの子は、飛んでこの高源院に来たのです。
その他には考えられません。
飛べない鳥は、高源院の鴨池には来れません。
'09.11.4
f0086169_052166.jpg

気まぐれさんが、あの子が羽を広げてる写真を見れば、
私が、あの子が飛べないと言う事を納得出来ると言ってあったけど、
「それは、無理でしょう?」とお答えしていた。
あの子が毛繕いをしているのを見た事はあっても、
羽を広げてるのは、見た事が無かったからです。
f0086169_072731.jpg

しかし、今日高源院は沢山のカルガモ達が飛び立って行って、
此処の主達、子ガモ3羽とマルガモ、そしてあの子と他にカルガモが2羽程残って、
穏やかな水辺に戻っていた。
そしてあの子もすっかり寛いでいる様子だった。
御堂の下で数羽のカルガモと休憩していた時に、
一寸羽ばたいてくれた。
その光景を見て、気まぐれさんが仰っていた様に、
あの子の羽は短くて、とてもカルガモより大きな身体を浮かせるだけの
馬力が有るとは思えなかった。
そして今の結論は、あの子はカルガモとアオクビアヒルの
間の子で、アイガモである事。
そして多分飛べないから、誰かが投げ入れたか?
放ったかだろうと言う事です。
f0086169_022598.jpg

このアイガモが、居たり居なかったりすれば飛べると言う事に成る。
しかし、どんな時もこの池に居たら飛べないアイガモと言う事に成ります。
この池は、お寺の池ですからもしかしたら、お寺の方が放たれたかも知れません。
もう少し続けて観察して行きますが、今の所は、そう言う事に落ち着きました。
皆様にも、気を持たせてしまったかも、知れませんね。
気まぐれ師匠、この度もお世話になりました。有り難うございます!

カルガモ達もアイガモを迎え入れた様です。
傍に居ても逃げようとしません。
此処のカルガモは、余り外の生活をしてないので、
このアイガモ程大きい鳥は見た事が無かったので、
恐かったのでしょう。
この月は、今夜の月です。
穏やかな月では有りませんか・・・・
'09.11.7
f0086169_2314589.jpg

今日何時もの様に、高源院の鴨池の側に立っていると、
背後から「おはよう御座います!」明らかに私に向けて声が
掛けられたので、振り向くとお化粧っけの無い、健康その物の
溌剌としたお顔が笑っていた。
そして、古木の上で寛いでいるアイガモを見て
「あんなとこに上がって、元気そうで良かった!」と
仰るので、私はびっくりして
「あのアイガモご存知なんですか?」と言うと、
「ウチの学校で飼っていたのですが、色々な事情で
 動物小屋を取り壊す事に成って、ニワトリや他のは貰って下さる
 学校が有ったのですが、この子だけ貰い手が無く困っていたら、
 高源院さんに、池が有るから頼んでみたらと仰る方がいて・・・・」
それでこちらの御住職の奥様に頼まれたそうです。
ただ、カルガモが多いから、苛められるかも知れないと言われて、
心配に成って来てみたそうである。
f0086169_2320153.jpg

私は、此処に来た多分翌日から、見て来た事を全て話すと、
喜ばれて安心されたようである。
この子は、やはりアイガモで、もう大分年寄りだそうです。
この方が赴任為さる前から居たそうで、学校に来る前の経緯は
ご存じないそうです。
話しながら袋の中から、綺麗に切ったパンをアイガモ君に
向かって投げられると、彼はいそいそと来てパクパクと食べていた。

彼は、先生の事は覚えていなくても、このパンに覚えが有るに違いない。
長い間与えられて来たパンを忘れる筈はない。
カルガモ達も寄って来て、仲良く食べ出すと先生は、
「良かったね!良かったね!」と転校して行った生徒が
転校先の生徒達に苛められもせず、元気で居るのを
心の底から喜んでいらっしゃる様に見えた。

この子は、この池で人生を全うする事に成るだろう・・・・
この子は、気まぐれさんが推測された様に飛べないそうである。
普通のアイガモより幾らか大きいのは、雄だからと思うと
仰りながら、本当言うと知識は深くないのだと仰っていた。
私は、この子が此処に現れた経緯が分かって、本当に安心したと言うと、
私も、この子が元気にやって行けそうなので安心しました。
話を伺えて良かったとも仰って下さったが、
それは、こちらも同様である。

不思議な物で、このアイガモの素性が分かると、
この子の行動にも理解が出来て来た。
この子は水鳥の友達も居ず、水が少しばかり有る
小屋の中で生活していたので、カルガモが珍しくてたまらない。
お友達になりたかったに違いなかった。
それは全身で訴えていた様に思う。
子供らに可愛がられて過ごした何年間と、全く違う水が多く
中之島だけが陸と言う、今迄と真逆の此処で環境に慣れて
素敵な余生を過ごして欲しいです。
'09.11.13
f0086169_21373794.jpg

上の写真の子は、ご存知高源院のアイガモ君です。
この子は、その後カルガモさん達に混じり元気にしています。
数日の間に、捨てられた水鳥に2件も合う何て、頻繁に有る事なのでしょうか?
ペットを飼う時には、その生き物の成長した状態を想像し、
生態も調べて、今の住居でも飼えると言う確信を得て飼って欲しい物です。
そして、生涯を共に暮らして欲しい物です。
'09.1.14
f0086169_1954196.jpg

最近、又カルガモの数が増えて来た。
この間は、アイガモが1羽で淋しそうだったが・・・

今日、一寸変わった毛色のマルガモが来ていた。
何時も見ない鳥である。
過眼線の先に緑色の斑がある。
色んなのが居るものだ。
'09.2.12
(2/20元気な最後の姿)
f0086169_19384293.jpg

つい最近、アイガモさんの姿が見えない事に気が付き
探した所、もう動かない身体の半分が水の中に沈んで
羽だけがそのままの形で中之島の岸辺(一寸死角になる場所)に
打ち上げられた様に浮いていました。

気まぐれ師匠の所には、アヒルとマガモの合の子の
アオクビアヒルさんがいます。
先日お聞きしたのですが、このアオクビアヒルさんは
もう多分、5、6才にはなっていると
仰っていました。
(1/22)
f0086169_19393912.jpg

このアイガモさんは、学校の先生にお聞きした時、
「自分が赴任する前から居たので、詳しい事は分からないけど
年寄りだと思います。」と仰っていました。

多分アイガモさんは、寿命だったのでしょう。
写真の整理をしていて、1/22と1/25の写真が、
その最後の模様を物語っているみたいでした。
1/25の写真は少し首の位置が動いています。
少し動けた事が分かります。
そして背中の毛が随分剥がれています。
ですから、1/22から1/25の間にアイガモさんは
天国に旅立ったのです。
それも眠る様に静かに、多分苦しむ事も無かったのだと思います。
(1/25)
f0086169_19403760.jpg

気まぐれ師匠は、
「水鳥の仲間と少しの間でも暮らせて、アイガモさんは
 幸せだったと思いますよ。」と慰めて下さいました。
私もそう思います。

年老いての環境の変化は、大変な負担だったと思いますが、
自分以外の水鳥さん達と過ごした3か月の思い出と
校庭で過ごした子供達の笑顔を抱えて、
アイガモさんは、旅立って行ったのだと思います。
[PR]
by magic-days | 2009-11-01 20:28
←menuへ