充ちたりて・・・

f0086169_22413638.jpg

azuが珍しくベランダに出て行く。
一足出た所で、前に進まないで伺っている。
変化を感じないと、そろりと歩いて
睡蓮鉢の中を覗いてる。
魚でも居ると思ったか・・・
f0086169_22452590.jpg

「azu、その水飲んだらダメだよ!」と
声をかけると、振り向かず耳だけこちらに向けた。
猫の耳は面白い。
潜水艇の監視鏡みたいにくるりと動く。
f0086169_22483378.jpg

そんなazuをクールに見つめるnao。
この2匹の関係は、微妙絶妙である。(笑
仲が良いのか、悪いのか?
確かな事は、お互いの存在を認めていると言う事だ。

認めてもらえない子が約1名。(笑
でも、彼女は彼女なりに幸せそうに暮らしている。
f0086169_22533222.jpg

昼から図書館に行く。途中のスーパーの前にラブちゃんが2匹
繋がられている。
「ご主人さま、遅いです。何かあったのかしら?」
f0086169_22561587.jpg

「なーに、心配するこたぁないさ。」と
もう1匹が答えてる。(笑
最近動物の声が聞こえて来るんですよ。(笑
嘘です!
f0086169_22594529.jpg

夏休みが終わって、図書館は又静かに成った。
空いてる席を、直ぐに確保して読みふける。
気が付くと2時間近く読んでいた様だ。
家では、如何しても読書に集中出来ない。
f0086169_237083.jpg

散歩を兼ねて此処迄歩いて来るのも丁度良いし、
帰りに途中の生協で買い物が出来るのも都合がいい。

今読んでる村田喜代子「ドンナ・マサヨの悪魔」は、
意外性があって面白い。
あと数ページで読み終わる。
娘のお腹の中の孫が、主人公に語りかけて来るのだ。
f0086169_23165489.jpg

その声色の不気味さから、彼女は「悪魔」と呼んでいるが、
其処には、愛情が感じられる。
婿さんがイタリア人で、そのキャラが好ましい。
村田さんは、私と同じお歳で福岡出身の芥川賞作家である。
9/27にBSハイビジョンで、彼女の原作「蕨野行」が
恩地日出夫監督で映画化されたのだが、それが放映される。
これも今から楽しみにしている。
f0086169_23274348.jpg

上の絵手紙はjyuntonanaさんが、今年になって私に送って下さった
絵手紙です。
こういうお付き合いに成って2年が経過しました。
忘れずに送って下さるお気持ちに感謝!
お力を戴いています。
今、夏のお疲れが出てらっしゃる由、
お大事に為さって下さい。

****************************************************************************

9月の自然観察会は9/27日です。
参加者募集が始まりました。こちらです。
気の早い鴨が渡って来ているかも知れません。
皆元気に帰って来てくれるかな?


[追加]
f0086169_20423073.jpg

moyoの近況です。
私は、元気よ。
azuちゃんとは、馬が合わないと言うのかな?
ママも何とか頑張ってくれたけど、
合わないモノは、合わない。
仕方ないよね?
f0086169_20424660.jpg

そのお陰で、私この部屋戴いちゃった。
と言ってもおねえさんの勉強部屋なんだけど、
仕事の間は、大人しく見てるだけ、
触りたくてウズウズだけど、
見てるだけでも楽しいのよ。(笑
猫に分かるかって?
馬鹿にしないで、アートは私の専門分野よ!
[PR]
by magic-days | 2009-09-10 23:50
←menuへ