宵待草

f0086169_23375427.jpg

今日は、「宵待草」で行われている、小澤清人企画展に組み込まれた
リュート・コンサートに行って参りました。
春にオーナーのキミコさんとお話しして3ヶ月も経ってしまいました。
f0086169_2343292.jpg

左が今回のお知らせのポスト・カードです。
右が私が行くきっかけを作ってくれた、3月の企画展のポストカードです。
この黒猫に引かれて、「宵待草」に行ったんですねぇ。
f0086169_2347308.jpg

今回企画展の「アナベルとばら」に準えて、
リュートのコンサートも
「ビアンコ・フィオレ」(白い花)
心そそるイベントでした。
ルネサンス時代の小さな家庭的なダンス・パーティの情景が、
目をつむると緩やかに回りながら浮かんで来ます。
f0086169_23543273.jpg

この方が奏者の、石森 愛彦さん。
絵や本も出版してある、才能豊かな方だそうです。
古典の間にビートルズの曲や、この店にちなんで
「宵待草」も披露して下さいました。
不思議とこの歌に合うんですね。
f0086169_002521.jpg

小澤清人先生も勿論お見えになっていて、
ご挨拶出来、先生のお人柄に触れる事が出来たのは、
何より嬉しい事でした。
6/26日には、ポストカードサイン会も企画されて居ります。
詳しくは「宵待草」(0422−48−8162)にお問い合わせ下さい。


Rei様の書き込みに依り、「宵待草」の歌が聞ける様にしました。

この歌の歌詞は、1番は言うまでもなく、竹久夢二ですが
レコード化の時に、2番を某有名作詞家が書いたそうです。
石森先生は、これが痛く気に入られないご様子でした。(笑
[PR]
by magic-days | 2009-06-21 00:07
←menuへ