母の愛を受け継いで・・・(3)

5月14日
f0086169_1846827.jpg

昨日の朝早く、ベランダの花の具合を見ていたら、
鴨の鳴き声が聞こえて来た。
暢気な鳴き声じゃなく、異変が起きた様な声である。
私は急いで洗濯機を回して出かけた。
f0086169_18501213.jpg

又あの番いの侵入者かと思ったが、そうではない様だ。
ただ、お父さんガモが時々鳴きながら、1羽の鴨にぴったり付いている。
「ヒナは?」と見ると、
お母さんと変わらぬ感じで遊んでいる。
f0086169_18543687.jpg

暫く、様子を見ているとお父さん鴨は、時々前を行く鴨を
急かしてる様な気がする。
根気比べみたいだ。
何周かしてとうとう2羽は、滑走して舞い上がった。
この新参者は、この間の番いの片割れなのだろうか?
f0086169_18595123.jpg

お父さん鴨は、直ぐに戻って来て毛繕いを始めた。
この子は、何処で鴨池の子を見初めたのだろうか?
去年の冬、いつの間にか鴨池に住み始めた。
f0086169_1933423.jpg

綺麗な毛並み、まだ若いかも知れない。
此処の子が、親を亡くした後だった様に思う。
この鴨池に、カルガモが1羽も居なくなった時期がある。
f0086169_1964446.jpg

この子が、又戻って来てくれた時本当に嬉しかった。
美しいでしょう?
やっと1才の若鳥です。
f0086169_1992363.jpg

去年、自分もこうやってママと暮らした事を
覚えているだろうか?
私は、覚えているわよ。
貴女は、ママから離れて岸辺の草を、伸び上がって取っていた。
f0086169_19132774.jpg

この方は、一部始終ご存知です。
貴女の兄弟姉妹達が、ヘビやカラスや野良猫の
餌食になった事を・・・・
如何して助けて下さらなかったか?
f0086169_191610100.jpg

それは、この方に取ってはヘビもカラスも野良猫も
可愛い娘であり、息子だからだと思う。
貴女が残ったのは、次の世代を受け継ぐ子だと
思われたからよね、きっと・・・
f0086169_19405770.jpg

1羽残った子は、選ばれた子。
兄弟姉妹の遺志を担って生きて行く子。
限られた世界で、種を守って行く事は大変な事ね。
このおチビさんは、どう言う使命を担っているのかしら?

5月21日
f0086169_22462421.jpg

前回から、やはり引き続き番いや成鳥がやって来ていました。
多い時で5羽の成鳥が、池と本堂の屋根に2羽と言う感じで
様子を窺っています。
子ガモ誕生から約3週間が過ぎようとしています。

ある日お寺の方が、餌をやってらっしゃるのに、
居合わせました。
f0086169_22531529.jpg

「ヒナはヘビにやられたんですか?」とお尋ねすると、
「殆どカラスです。」と返ってきました。
去年は傍の柳の大木に巣を作り、ヒナを2羽育てていた
カラスだったが、今年は余り姿を見ないと思っていたが、
それでもカラスなんだ。
f0086169_22584239.jpg

3、4日前、風もない穏やかな日なのに、池の面が騒々しかった。
鯉が暴れてるのだと気が付く迄、何か大きなヘビが、
暴れ出したのかと思って心配したが、

その割には鴨達の動きに変化は無いので、
落ち着いて見てみると、何時かテレビでやっていた、
魚の求愛や産卵に似ていた。
身体を擦り合う様に激しく動いていた。
f0086169_2335443.jpg

何時も、パパは果敢に戦い他のカルガモを、
追い払っていた。しかし一昨日だったか、パパがある1羽に対して
嫌に弱気だった。
「どうしたのかな?」と不思議に思っていた。

今朝、何時もの様に鴨池に行くと、橋の欄干に成鳥が2羽停まって、
鳴いていた。
「どうしたの?ヒナを放っといて・・・・」と
言いながら、御堂の回廊に立って驚いた。
f0086169_2310324.jpg

沢山のヒナが、1羽の成鳥を囲んで「ぴー、ぴー」鳴いているではないか!
「子ガモちゃんは?」と覗き込むと、
居た居た!小さなヒナの中に一回り大きなヒナが居ました。

親の違うヒナは、喧嘩もせずに一緒に水草を突っついていた。
新しいママは、亀の足を銜えて「近寄るな!」と言う様に
ホタリ投げていた。
f0086169_23161129.jpg

子ガモちゃんは、他のヒナに取り囲まれても臆する事無く
何時もと変わらず、睡蓮の葉の上に乗ったりしていた。
f0086169_23181080.jpg

ママが寄って来て、2羽は1団体から離れて行った。
もう、親同士喧嘩しなかった。
ヒナが産まれてしまった以上、此処に居る居住権を得たと言う事だろう。
ママ達も認めざるを得ないのだろう。
それにしても、卵を抱いてる時間はどれくらいなのだろう?
f0086169_23225375.jpg

昨日は、ママとパパと子ガモちゃんだけだった。
そのとき既に、卵を抱いて巣の中にいたのだろう?
今度かんさつ会の方に、尋ねてみよう。
(自然観察会のサイトにカルガモの抱卵は4週間と出ていました。
 すると、子ガモちゃんが産まれた時、既に新しいママも
 卵を抱いていた事になります。)

しかし、今回の事で「女は弱し、されど母は強し!」を
カルガモの世界でも、然りなのだと思い知らされました。

5月23日
f0086169_23402284.jpg

昨日夕方から雨と予報があったが、外れていい天気になった。
今日は自彊術の稽古の前に、高源院の鴨池に寄る。
新しいママのヒナは、昨日数えた時、11羽だったが早くも
8羽になっていた。

カラスは夕暮れに狙うのだろうか?
場面に遭遇した事がない。
それとも昼間でも人目のない時に、襲っているのだろうか?
f0086169_2341187.jpg

ママと子ガモちゃんは、1団体と少し距離を置いて泳いでいた。
子ガモちゃんが、時々岸辺の草を背伸びして
取っていた。
ママも子ガモの時、同じ様にしていた。
f0086169_23421091.jpg

今日はパパは居なかったが、成鳥が1羽居た。
近付いて来たので、どうするかなと思って
見ていたら、ママは追っ払い直ぐに子ガモちゃんの傍に
戻ってきた。
f0086169_23423934.jpg

今日も昨日に引き続きダイサギが来た。
[PR]
by magic-days | 2009-05-14 19:35
←menuへ