子がもーその後

11月1日
f0086169_8514167.jpg

牟礼に越して来て、それを表面化させてくれたのが、
高源院のカルガモ達だった。
鳥とは意志の交流は出来ないと思っていたが、
可愛いと思って見ていると、何か通じる物を感じるから不思議だ。
f0086169_8564866.jpg

この子。
立派な冬毛をふさふさとして、羽繕いをしている。
この子は今年春に生まれた8羽のただ1羽の生き残りです。
f0086169_904370.jpg

睡蓮の葉の上を歩いていた、あのヨチヨチさんです。
今は、外から入って来る鴨達を牛耳っています。
夏の間も1羽でぽつんとお留守番していた子が、
親から譲られたテリトリーを、しっかりと守っているのです。
f0086169_95813.jpg

時々親子でこうやって羽繕いやっています。
気になるのは、春迄一緒に居たもう1羽の親鳥と去年ここで
生まれた子が、まだ帰って来てない様です。
何処かに自分の池を見つけたのか?
事故にあったのか?
元気で居てくれる事を願うばかりです。

11月12日
f0086169_86283.jpg

薄曇りの日が続いている。
朝の散歩も一寸着込んで出る。歩いていると風がないからか
とても気持ちがいい。
この冷たさや葉が落ちて明るく成った林の中を
鳥が渡り歩いているのを見るのも楽しい。
f0086169_894293.jpg

この何日寒く成ったからだろうか?
分散していたカルガモが高源院に戻って来た。
ここは、木々と民家に囲まれて、風の吹き抜けが
少ないのかも知れない。
子ガモちゃんも元気だった。
ただ、羽が他の子より成長してない様に思う。
心配だ。


11月30日
f0086169_233473.jpg

鴨池には、寒く成る前は20羽ちかく居たのだが、
冷たい雨が何日か続いた後、この子が1羽だけ残っていた。
この子に付いては、一寸気になる事があるので、
これから気を付けて観測して行くつもりです。
(今日は、十何羽戻って来ていた。何処に避難していたのだろう?)

12月13日
f0086169_19414677.jpg

今年この池で産まれた子ガモです。
随分大きく成りました。
秋の初めにやって来たカルガモ達とは、
行動は別ですが、しっかりしてます。
f0086169_1945164.jpg

その子ガモちゃんに、寄り添う様に泳いでるのが、
このマルガモさんです。
この子は去年はいませんでした。
新顔さんです。
f0086169_20211485.jpg

今日はカルガモは10羽くらい居ました。
丁度いい数に成りました。

12月30日
f0086169_8411831.jpg

カルガモ達は、どうしたのかな?と
御堂の後ろに回ってみると、池の端の凍ってない所に
固まっていた。
呼ぶと飛んで来たり、氷の上をヨチヨチ歩いて来たり、
様々で可愛いよ!
f0086169_8434125.jpg

お孫さんを連れていらっしたおばあちゃまが、
カルガモにパンを投げ出すと、皆大喜び!
氷が張ると、水草も思った様に取れないのだね!
良かった事。

食べるのに夢中に成って、氷が薄く成ってるのに気が付かずに
落ちてしまう子もいる。(笑
[PR]
by magic-days | 2008-11-30 21:37
←menuへ