「宵待草」

f0086169_16203844.jpg

実は18日家を出る時は、今日は井の頭公園前駅で、
井の頭線を降りて、カイツブリ親子を見つけたら、
公園を通り抜けて、万助橋に出て三鷹迄上水沿いを歩き、
「野鳥の森公園」に行きたいともくろんでいたのだが、
公園前駅を降りて、「小澤清人展」が「宵待草」で
未だやってると言われて、寄ったのが運の付きであった。(笑
f0086169_1631386.jpg

何年か前に、この駅に降り立った時に、
この何か時代を無視した佇まいに、何となく違和感を感じたが、
義母が竹久夢二が好きだったので、入ってみた。
ところが夢二と言うより、不思議なアンティーク人形に迎えられ、
「これは、違った!」と失礼してしまった。
f0086169_163627100.jpg

今回は、「うさぎ館」で小沢清人の「黒猫」を見て、
是非見に行こうと思っていたのだが、色々あって
こちらに足を向けられなかった。
期限は過ぎていたのだが、好評なので今月一杯やるそうである。
本物の「黒猫」は、良かったが25万だったかな?(確かじゃないが・・・)
どっちにしても手が出ない。(苦笑
f0086169_16433761.jpg

そして予想外なことが起こったのだ。
ちょこちょこ話しているうちに、オーナーのキミコさんと
意気投合してしまった。(苦笑

話が尽きない。
キミコさんが、話し上手なのだろう。
それでも、私は知らない方とそんなに打ち解けた話は
しない方だ。
f0086169_16472435.jpg

世間話の様な物は、まぁやりますが(笑
それも立ち話ですね。

ところが、何と気が付いたら1時間半くらい話していたのです。
絵の話。人生の面白さ、辛さ・・・・
今の世の中の事。政治の事。
f0086169_16511836.jpg

頂いた菩提樹をベースにしたハーブティの
柔らかく円やかな事!
この方の心がそうだと思わされる香りと味でありました。

足を少し引いて歩かれる。
「半日立ってる事は辛いけど、この店は母が28年前に
始めた記念の店だから閉められない」と
仰っていました。
f0086169_1656228.jpg

明るく笑いながら、私が想像も出来ない試練を幾つも超えて
今此処に、生きているのが不思議だと、つぶやかれた。

今は,お子さん方がそれぞれの力で始められたお店が、
公園を囲んで4カ所程あるそうです。
勿論、「うさぎ館」もそうです。
f0086169_1975139.jpg

名残惜しかったけど、せめてカイツブリの写真だけはと
又のひと時を約束して失礼しました。

公園に向かいながら、この間ryoさんの読後に感じた、
「幸せになる為に、失う物も多い」と感じた事を
キミコさんの人生にも感じました。
[PR]
by magic-days | 2009-03-20 17:04
←menuへ